FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
Idutsuyaまるごと、祝!デビュー決定JULEPS!
今日はこんなかわいいお客様もみえた「おばあちゃんの悪戯」なんと朝9時10分に先生が到着。お掃除もまだだった私はおおあわて。スタッフNさんと手分けして急いでお掃除を済ませます。
1
明日でおしまいだからかしら?朝からお知り合いのお客様が続いているようです。
3
お知り合い・・ん?この「お尻」には見覚えが?
2
ほら、JULEPSファンのあのお二人です。今日は講習会に参加なさりに来店してくださいました。ここでおかしかった話を一つ。このお二人とお目にかかった瞬間に私が「デビューおめでとう」と申し上げているのを見ていた「おばあちゃんの悪戯」のメンバーのかたが私にこんなことをおっしゃるのでした。
「この二人がデビューする方たちなんですか?歌手ですか?」
「あ、いえ、デビューする方たちを応援していたみなさんなので・・あのこれ話すと時間がかかるんですけど・・」
結局全てが分かったところでみなさん、大爆笑でした。
4
真剣な様子。
5
こちらも一生懸命な感じ。
6
そして、ご覧ください。かわいい「ふくろう」の色紙が完成しました。うまぁぁい。とても初体験とは思えない。(こちらがデビューする予定の二人?でした)
7
秋は学校のカリキュラムの都合でこうなのでしょうか?今日も所沢小学校の4年生34名が店にいらっしゃりスタッフNさんから話を聞いています。
8
そしてJULEPSコーナーには当然でしょう。おめでとう!!!のあらしが押し寄せるのでした。
9
こちらのファンの方のご子息は前回は「つかまりだち」がやっとだったのに、今日は歩く・・歩く・・・目が離せなくなっていましたね。
10
N先生。怖がっていません?うそです、うそです。笑い声を上げて喜んでいました。
12
ほら、こんなにファンの方が集まって・・どうやら「悪巧み」のにおいが・・・・なぁに?何相談してるのかしら?しかし、約束もしていないのに、どうしてこうやって皆さんここで待ち合わせたかのように会えるのかしら?Idutsuya7不思議の1つだわ。
11
遅れていらしたファンの方を残してみなさんがお帰りになった夕方5時半すぎ・・突然の4人組乱入。固まるファンの方。手前の机ではメッセージを書くありお君。コーナーでは3人がみなさんからのメッセージに目を通されています。
12
そうです、デビュー決定の報告にいらしてくださったのです。おめでとう、めぐちゃん!!
13
おめでとうってば、ありお君!!
14
フフフフ・・・よかったね。おかちゃん!
16
いまやらなくてはならないこと、いましかできないこと、優先順位をどうやろうか?なぁんて頭の中がいっぱいになっている様子のまっつん。
19
で、出した答えがこれ。そう『必勝』あるのみです。ちなみにまっつんが手にしたこの手拭Idutsuyaで好評発売中。
17
「おい、メタボじゃないのかぁ?」
「・・・・」
「そうだろ?」
「ち、ちがうよ」
「そっかぁ?」
うそです。そんな会話じゃないと思うけどちょっとアテレコして遊んでしまいました。
18
ファンの方が作って来てくださったふくろうを物色中のありお君とおかちゃん。
20
「これ、一個もらっていいですかぁ?」おかちゃんはさっそくBAGに・・・
21
さて、例のポスターに残りの二人にサインをお願いしましたよ。
24

25
ここでおなかの空ききってしまったメンバーは向かいのプミラさんで夕食をとりにでかけましたその間に私は今まで撮った写真を整理して・・・
23
帰ってきたまっつんにもポスターにサインしてもらえました。
26
「椅子にのったら?」
「平気っす」
「乗ればいいのにぃ」
「だい・じょ・・ううううぶ。」
27
「僕ももうちょっと書いちゃおっと」
28

33
「俺、絶対3年前より漢字忘れてそう・・」書き終わったまっつんの台詞に大爆笑でした。この頃何でも3年前に比べちゃうの?
28
で、これがまっつんのメッセージ
30
サイン。
31
デビュー決定報告に来てくださった日にポスターに全員の名前が揃いました。ううううむ。感無量。がんばるぞ!
32
体に気をつけてね。手を振りながらメンバーはIdutsuyaをあとにしました。

ふーーー。間もなく8時かぁ・・・
今日は一日まるごとJULEPSだったような気がするナァ。
(9月18日、JULEPSがデビュー報告に来てくれた日のブログでした。ここに書ききれなかったファンのみなさん、ごめんなさい。)


スポンサーサイト
2007/09/19 (水) 00:40:35 | きょうのできごと | TB(0) | CM(2)

昨日、私は井筒屋さんに行っていないけれど…ちょっとコメント書かせてもらいます…。
昨日はたくさんのJULEPSファンの方々が井筒屋さんに来られたようで…しかもJULEPSまで☆
私も行きたかったな…なんて思いました。
昨日の夜に、あるJULEPSファンのお友達からメールがあって、またあのふくろうを大事に貰っていってくれたという事を聞きました。それに、JULEPSファンのお二人が作られていたふくろうさんの壁掛けを、私も先日、私のふくろうを貰ったという方からいただきました。
その方は私を知らない。私もその方を知らない。
でも、お手紙とご一緒に、かわいらしい贈り物をいただいた時は、とても驚いたのと同時に嬉しくなりました。
籠いっぱいに作っていったふくろうが、ひとつ残らずなくなった瞬間、私は本当に感謝の気持ちでいっぱいになります。
あの日、お美和さんの「それ、置いていってもらえないかしら」という一言で全てが始まりました。所沢市民でもない、埼玉県人でもない、そんな私のあのふくろうを、親切に置いてくださって、このブログでもたくさん取り上げてくださって、本当にありがとうございます。
あの冊子もたくさんの方が読んでくださったみたいで…。
正直、このふくろうの意味を知って、その上で大事に大事に貰っていってくれた方がいると知って、胸が痛みました。昨日また、JULE友さんからその話を聞いた時に、久々に布団の中で独りで号泣しました。
私自身、皆様が思うほどいい人間じゃないし、優しい心を持った人間でもない。
あの文章の気持ちに何一つ嘘とか偽りとかはないけれど、話す事が苦手だし不器用だから、あんなにストレートに言葉を吐き出せるほど素直でもない。
だから時々思ってもいないことを口にするし、その後でものすごい後悔に襲われたりもします。
だから、あの文章を読むと、私自身も心が洗われるんです。その気持ちを忘れたらいけないとか…。
こんな自分でいいのか…とふと思って、ふくろうを貰ってくれた皆さんの事を想って泣いたりします。
突然ふと涙が流れた時、それが本当の自分の気持ちなんだと思います。強がりだから、それを隠して逆の気持ちを表に出したり、いつもそうでした。
でも、前にお美和さんに言われましたよね。
「人に寄りかかることも大切よ」と。
電車の中でそのメールを読んだけれど、一人で周りを気にせずに涙を流していました。私は人の優しさに素直に寄り添えなくて、少し距離を置いたり、本当の自分を曝け出せなかったり…でも、今回のこのふくろうで、たくさんの人の優しさを知りました。
私は誰かに幸せを届けたいとあのふくろうを作ったけれど、逆にたくさんの人から幸せや優しさ、笑顔、勇気…たくさんのものを貰った気がします。
こんなに長いコメント本当にすみません。でも、もしも私も会った事のない方が井筒屋さんのブログを見て、このコメントを見てくれたら…と思って書きました。
ありがとうございました。
2007/09/19 (水) 06:50:36 | URL | みぃ #-
心のこもったコメントありがとうございます。何度も読み返してゆっくり読み返して・・私も考えるところがいっぱいみつかりました。

この店にいて、JULEPSと出会って、JULEPSファンの皆さんと知り合って、みぃさん以外のたくさんの方からも色々なことを教えていただき、親切にしていただき、優しくしていただいています。

ここに書いてくださったみぃさんの気持ちはJULEPSの「歌声」そのもののような気もします。全てのファンの皆さんが「誰かに幸せを届けたい」と歌う彼らの歌声に惹かれ、それぞれの思いは違っているはずなのに、どこかで同じ思いに繋がっていっているのではないでしょうか?

ぎすぎすしたり、嫌なことがあったとき、あのコーナーの前に座っているうちにきっとみなさんのとがった部分がやさしく削られていくようなそんな魅力をメンバーはもっているのでしょう。

「ふくろう」はひとつの形在るものですが、ほかのみなさんも形にならない素敵な「もの」を持ってここに集まってきてくれているのでしょうか?

私たちIdutsuyaスタッフはそんなみなさんにめぐり合えたことをJULEPSに感謝しなくちゃいけませんね。
2007/09/20 (木) 00:01:11 | URL | 美和 #-
投稿
名前
タイトル
メール
URL
本文
パスワード 秘密(管理者宛)
トラックバックアドレス
paper
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。