FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
おばあちゃんの悪戯ってすごすぎませんか?
本日より「おばあちゃんの悪戯」が始まります。いたずらって?おばあちゃんて分かりやすいようでなぞめいたタイトル。でも実は今回でIdutsuyaでの開催2度目なんですね。悪戯なんていうからみなさんどんなものなのかしら?とお見えになるのですが、なんの、なんの「悪戯」にしてはすごすぎる素晴らしい作品が並んでいるのです。
2
おととし3月に続き2回目の皆さんはメンバーのお顔も懐かしく・・楽しく展示の準備が始まりました。
1
でも、どうも展示するたびにじっくり観察なさっている時間のほうが長いようで?
3
奥の座敷には縮緬細工が多く展示されているのかしら?
4
押し絵の額を飾り終えて、全体のバランスを確認しているスタッフNさん。スタッフといえば今日はいつも金曜日に手伝ってくださるSさんのほかに久し振りに体調を崩されていたFさんも見えました。すっかりお元気になられた様子でほっとしました。なんでも今回展示なさっている中にFさんの「パッチワーク」の生徒さんがいらっしゃるというのです。
以前Idutsuyaで開催した手作りウィークの「パッチワーク教室」でFさんの体験教室を受けられた方が、この押し絵を習っている方だったそうなのです。そういえば押し花を教えてくださるスタッフNさんもIdutsuyaでのイベントから新しい生徒さんが生まれたり・・・ボランティアの皆さんもこのIdutsuyaでの新しい出会いがたくさんあるようですね。このほかにも、もんぺやさんにであったり、陶芸家の方の窯出しに行かれたり、さをり織りの方たちとも知り合われたり・・・と、本当にどんどん人の輪が広がっていくのが実感できるようです。
5
こちらは小物販売のコーナー。それぞれが丹精込めて作られた根付など・・・細かいものなので準備や値段付けにも手間がかかります。
6
さ、11時。いよいよ開店です。準備はよろしいでしょうか?
7
早速展示作品を撮影しているみなさんです。
8
先生の作品は生徒の皆さんのため息のもと・・・
10
あがりかまちの展示
12
奥の座敷を眺めて
11
店入り口の展示
9
明日からは講習会も始まりますので、みなさんの作品や講習会の様子などを随時ご紹介していきましょうね。
21
午後になるとそのほかのスタッフ,O先生も見えて賑やかになってきました。月末からの自主企画の打ち合わせにも熱が入ります。
22
さて、話変わりまして、このところ小学校からこんな依頼が多くなっていました。
「町歩きをする際にIdutsuyaに立ち寄るのでほんの少しの時間でいいので、なにか解説していただけないでしょうか?」いらっしゃる学年、生徒の人数、町歩きの目的などなど一概には言えないのですが・・・例えば今日はこんな感じでした。
23
実は明峰小学校から5年生の町歩きの際の解説依頼をお受けして、みなさんをお待ちしていたのですが、たまたま通りかかった所沢小学校の4年生が先に店に立ち寄られたのです。早速ヒゲ爺、スタッフMさんの出番です。あらかじめセットしおいたマイクを使ってごくごく簡単にこのIdutsuyaの建物の説明をしていただきました。
25
建物の横に回って「斜めになっている塀」を見て・・・
24
実はこの子供達のうちの何人かは「夏休みチャレンG」で夏休みのイベント期間中に、Idutsuyaに何日も通ってきた子たちです。
「やぁ、久し振り」(と、彼等からいわれました)
「今日は勉強のお顔じゃない?」
「当たり前だよ。こういう日もあるさ」
「ねぇねぇ、また来年もオリエンテーリングやるでしょ?」
「ここは来年の3月、みんなが5年生になる時で閉店なのよ」
『うっそーーーー』
『何で?』
『どうして?』
彼等にわかりやすく説明できる、そんな返す言葉が短い時間に思い浮かびませんでした。
「また来てもいい?」
あれ以来ちっともこないくせにかわいいことをいう奴め!!

そんなわけで飛び入りの所沢小学校の写真を撮った直後に明峰小学校の子供達がみえた際にはあわてて写真を撮り損ねてしまいました。ヒゲ爺はさすがに明峰小学校の子供達用に学校の目の前にある水道タンクの話をしてくれていました。
「所沢で最初に水道が引けた場所なんだよ」
子供達のメモを取る鉛筆が一斉に動いていましたね。

そんな今日のIdutsuya来店者数は短時間に100名をゆうに越す大繁盛?でした。
26
夕方4時を回ると所沢小学校のN先生が見えました。一度6月頃に見えて、何かIdutsuyaスタッフと一緒に・・・とおっしゃっていたのですが、今日はヒゲ爺といろいろ話をされていました。

Idutsuyaと地域のみなさんとの様々な係わり合い・・あと半年の間で何が残せるのか?何をつなげていけるのか?考えは広がり、思いは募り、気持ちはあせるのでした。


スポンサーサイト
2007/09/15 (土) 00:28:25 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
投稿
名前
タイトル
メール
URL
本文
パスワード 秘密(管理者宛)
トラックバックアドレス
paper
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。