スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
春の嵐はもうたくさん!再び新ユニット「ココタニ?」誕生ですか?
1
昨日に引き続き、朝からものすごい風・・・多分Idutsuya開店以来こんな強風ははじめての経験です。まず、大きな木箱がどこからか飛んできて出入り口の扉を塞ぎ開かないし、雨どいが一本大家さんの駐車場から繋がる通路にどんと落ちていて、そこから落ちてきたのかしら?・・・上を見上げたんだけど埃で目が開かない・・・ヤットの思いで鍵を開け店内に入ると奥の座敷は天井から落ちてくる泥で真っ黒・・・履いても、雑巾がけしてもごぉぉぉーーという音とともにまたどっさり泥が落ちてきてしまいます。
そんなわけで店のガラス戸を開けるのも危険なため、、今日は1日片面の戸だけ開けて営業といたしました。
2
そして、今日は「ほうじちゃのお点前」 煎茶のI先生のお茶教室です。スタッフYさんは今日お点前で使用するお茶の名前を書き出して準備。
3
I先生はじめ、Fさん、Iさん、Nさんも大忙しで準備作業です。
6]
スタッフN澤さん、スタッフMさんご夫婦も今日はお客さまとして来店です。この茶葉の香りはいかがなものでしょうか?
4
ピンマイクをつけて皆さんに良く聞こえるように「お茶よもやま話」も順調に教室がスタートです。
7
いつもおもうのですが、このお煎茶道はそのお道具の種類もたくさんあって、準備も大変だけど見ているとそれはそれでまた楽しいものです。
8
お雛さまをバックに絵になっていますね。
9
強風にかかわらず参加なさった皆様お疲れさまです。
10
梅の花越しに・・・
11
これが今回の「お茶の葉をほうじている」ところ・・・
12
お話をしながらこの焙じている「香り」もおもてなしの一つですね。
13

14
おいしいお菓子にも大満足。
15
そんな素敵な静かなお教室が進行している店の外では・・・向かいの工事現場の簡易トイレがひっくり返り、広い敷地内を右に左に踊っているし、洗剤の空ボトルやら、車のバンパーの一部らしきものが飛んできたり。昨日に続いて消防車も何度か行きかう賑やかな状況でした。
16

17
お客さまがお帰りになった後、スタッフの皆さんで一服。お疲れさまでした。
18
と、そこに昨日のライブの忘れ物を取りに見えた「こころ」の太一君と大谷篤志君のお二人が。実は今日もこの二人で路上ライブを予定していたのだそうですが、この風のために中止になったのです。が・・・
20
この中止の情報が遅かったようでファンの何人の方がライブの場所まで行ってしまわれたようでした。結局中止になったのでIdutsuyaにお見えになって一時間はいらしたでしょうか?がっかりなさって、お茶とお菓子を召し上がっていただいていたところに、この二人が見えたというわけ。
そこで、「ごめんなさい。中止の連絡が遅くなって・・」と反省の二人でした。歌えなかったことでがっくりしている上に、連絡が遅いとダブルパンチで元気のない二人。あんまりがっくりしてるから、「今度二人で歌う時は大谷篤志でも、こころの世良太一でもない新ユニット「ここたに」なんてどう?」なんて言ったけど親父ギャグみたいで受けなかった・・・
19
そんな二人も丁度居合わせたお客様たちにはすかずのスタッフNさんがPR。「応援してあげてくださいね」「氷川きよしなら知ってるけど??」「・・・・・」
21
「ここたに」さんも、ファンの方も、帰られて、丁度スタッフがお帰りになる4時半頃でしたか?ある試験を終えた男性が来店なさり、お茶をお出ししながらお話をしていると、午後5時過ぎに元手代G助さん来店。なんとなくお話をしてお二人がお帰りになったのが5時45分頃でしたか?お一人の女性が店内のパッチワークをご覧になりたいとお越しになって、それでは27日の体験教室に是非いらしてください・・・と話をし始めた時・・・
「すみません、道を教えてください」
店の前に車を止めたご夫婦があわてた様子でいらっしゃいました。手に握られている地図をたよりに尋ねていらっしゃるようなのですが、この地図がなんとも大まかで手がかりの少ないこと、少ないこと・・・住所も電話番号もわからない。唯一先方の方の携帯番号のみが頼みの綱。何度か電話をしてヤット繋がって場所を確認すると「星の宮」だとか。ここは寿町。どうやって説明しましょう・・なんて考えていたら、先ほどのパッチワークの女性
「私が車に乗って途中まで連れて行ってあげますよ」
これがこの店の面白いところなのでしょうか?結局、私を含めた全く面識のないもの同士がわずかの時間の間にあれこれ相談し、結局その女性が車の助手席に乗って店を後にされたのでした。
「あの、パッチワーク体験教室来られそうだったら参加したいんですがぁ」
帰りがけのお客さまの手にIdutsuyaパンフレットをお渡しして「参加希望でしたら、明日にでも電話くださいね」

慌しいお客さまがお帰りになったときにはもう6時半を回っていました。
今日は定時に帰れると思ったのになぁ・・・
毎日店を開けていると、本当にいろいろあるもんなんですね。
スポンサーサイト
2008/02/25 (月) 01:15:54 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
投稿
名前
タイトル
メール
URL
本文
パスワード 秘密(管理者宛)
トラックバックアドレス
paper
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。