スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
若い人は「ひょうたん」がお好き!
いつもより早く出勤して雪かきをお隣のオザワさん達と一緒にとはじめました。ザクザク、ガリガリ・・・点字ブロックの上だけでも硬くなった雪を取り除こうとするのですが、凍りついた雪をこそぎ落とそうとすればするほど「ガリガリ」とうるさい。マンションの人には迷惑かもしれないね。音って上に上がるから・・・オザワさんがおっしゃるのだけど。マンションの皆様、朝からお騒がせしましてごめんなさい。このあとひょうたんくらぶの数名の方が雪かきをするかと思って・・といつもよりずっと早く店に来てくださいました。ありがとうございました。今回の雪は思いのほか手がかかりませんでした。よかった!!
1
そんな雪の降った翌朝にもかかわらずひょうたんは大盛況。
2
大好評の「ひょうたんで作るお雛さま」の第二回目の講習会のようす。
3
一家4人で挑戦。
4
ひょうたんは「見る」だけでなく細かな「解説」が人気の秘密です。
6
先ほどのひょうたんのお雛さまつくり・・・一人脱落したようです。折り紙で遊んで待っていてもらいました。瓢箪クラブのみなさんからもお菓子をたくさんいただいてよかったね!!
7
今日嬉しかったこと、一つ目・・これ、わかりますか?JULEPSファンの方が作ってくださった「ふくろう」を若い男性の方がお財布につけていてくださったのを、ひょんなことで発見しました。思わず写真を撮らせていただきました。目が取れちゃった・・・とおっしゃりながら、大事そうにふくろうをなでている姿が印象的でした。
8
はい、お待たせしました。瓢箪のお雛さまの完成です。お嬢さん、お待たせしました。
9
JULEPSコーナー、今日最初のお客さまのお一人・・・
10
実は、今日のひょうたんのお雛さまつくりに「オオタカの森」のYさんが参加なさいました。そのうちに炭を作る話に花が咲き、最後は炭の注文の受けたり・・・ひょうたんくらぶの皆さんとすっかり打ち解けてしまわれていました。
11
JULEPSコーナーはこのあたりからラッシュ時間を迎えます。
13
下の写真の左側の女性・・・以前JULEPSがIdutsuyaでの第1回目のコンサートに出演してくださった時に共演なさったギタリスト高橋さんのご近所にお住まいの方・・・高橋さんとは親しくしていらして・・・以前もIdutsuyaにいらしたことがあります。今日は高橋さんが出演なさったコンサートでJULEPSの「旅立つ日」が演奏されたとわざわざパンフレットを持って来てくださったのです。丁度居合わせたお客さまにもご覧頂いて・・・??ん?お客さまじゃないぞ!?
24
高橋さんのブログの中でも「旅立つ日」をギターで演奏する予定がある・・とかいてあったけど、こんなに早く実現しただなんて。
19

080210 040s

21
今日二つ目のうれしいことでした。3月5日、高橋さんのコンサートがあるようです。詳細はこのページ左下のリンク集から高橋さんのHPへお出かけしてみてください。お時間のある方は是非高橋さんのコンサートにもお運びくださいね。
14
さて、先ほどのお客さまじゃなかった方は「大谷篤志」さんでした。店に顔を出してくれたので丁度居合わせた先ほどのお客さまとJULEPSの話などして・・・JULEPSコーナーのファンの方とも交流?と思いきや、彼の興味は「ひょうたん」のお雛さまつくりに。
15
ひょうたんのマラカスは丁寧に何度も振ってみては音を確かめて。
16
ひょうたんに、そんなに興味があったんだ。以下二枚は PHOTO by Atushi Otani
17

23

12
最後はいつものJULEPSコーナーでの記念撮影です。今日から大谷さんのスタッフとなって正式にお手伝いを始めたという大学生の良介さんも一緒にパチリ!!大谷さんには23日の「こころ」さんのミニコンサートの時にもお手伝いいただくことになりました。よろしくお願いしますね。(あの、まっつんの変顔のまねですか?篤志さん!もう一枚ももっとすごい顔でした)
22
そして、夜、6時半を回った頃、閉め終わった店の格子戸の向こうでなにやら話し声がします。
「もう、おわってるのかな?」
「みたぁぁぁい」
「だめでしょ?」
「でも、見せてくれないかしら?」
見ると若いお二人が格子戸に顔をくっつけて中を覗かれています。北風も冷たいし。横のドアからお入りいただいてさっと店内をご覧頂こうと思ったら。
「わぁ、すごーーーーい」
「こんなにたくさんひょうたん見たの初めてだね」
座敷も上がられて感嘆!感動!絶賛の声が響きます。
聞けばIdutsuya近所のマンションにお住まいのW大の学生さんでした。なかなかIdutsuyaの営業時間に店の前を通る機会がなくて・・なんてお話も出て、すっかり話し込んでしまいました。
「この町の感じがなんとも好きで、大学に入ったときから住んでます。今度はもう少し早くきますね」
「ありがとうございました。」
ひょうたんが取り持つご縁が又一つ生まれたような夜でした。
それにしてもひょうたんって若い人に人気なんですね。
5
本日、最高の混雑時の一枚です。
スポンサーサイト
2008/02/11 (月) 01:31:14 | きょうのできごと | TB(0) | CM(2)
高橋さんのブログにちなんで臨時HNで失礼します(笑)

所沢駅で降りる機会が少ないので、当初から今日はJULEPSコーナーを見せていただくつもりでした。
コンサートで思いがけずギターの「旅立つ日」を聴くことができて、感動のまま店内へ。

大谷篤志さん、ゴメンナサイ。
お名前もこちらのブログでお顔も分かっていたのに、お客様と間違えてしまって(^_^;)
サインしていただいたCD、大切にします。

お美和さん、お世話になりました。
行かれなかった文理大ライブのビデオが観られて、嬉しかったです。
ぬくもりのあるIdutsuyaさんで過ごせて、幸せいっぱいの一日でした。
2008/02/11 (月) 03:47:05 | URL | 村人 #qbIq4rIg
村人様
こちらこそ、わざわざパンフレットを届けていただいてありがとうございました。

私は高橋さんとは本当に少しの時間しかお話したことがないのですが、実直さ、真面目さ、音楽に対する真摯な姿勢・・いつもまぶしく感じています。村人さんからのお話を伺うたびに、そんな私の思いが間違っていないことを確信してしまいます。

不思議なご縁ですね・・二年前のこのIdutsuyaでJULEPSと一緒に演奏していただいた事が今日に繋がって、また今,大谷さんにも繋がっていく予感です。

「所沢にはこういう若い人がたくさんいて良いですね」
そうですね。でもそういう若い人が「いるだけでなく」若い人が「活動できる、表現できる」そんな町になっていくのも楽しみです。

これからもよろしくお願いします。
2008/02/12 (火) 00:42:05 | URL | お美和 #-
投稿
名前
タイトル
メール
URL
本文
パスワード 秘密(管理者宛)
トラックバックアドレス
paper
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。