スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
30日はきぼうの園作品展・・・最終日となります。
今朝も一番に二階に駆け上がり、雨戸を開けて店の向かい側の「坂本屋」さんを見てみました。朝9時にはもう工事が始まります。
1
真ん中に見える丸い形のの屋根が「割烹 内田屋」さんの玄関です。その右側には石灯籠がまだそのまま見えます。
2
「坂本屋」さんを横から撮って見ました。見にくくなっていますが「鬼瓦」は保存されると聞きましたが・・・一体、いつはずすのかしら?気になります。今日の夕方までにははっきり確認は出来ませんでしたが、まだ「坂本屋」さんの影はこの緑の防音シートの向こうに見えました。
昨日の「古谷採種園」さんがうっかりしているうちに消えるようになくなってしまったような気がして、せめて「坂本屋」さんだけはこの目で見ておきたいのでした。
3
さて、きぼうの園・・・今日もお客さまが続きます。ここ2-3日は、他の施設からのお客さまもたくさんいらっしゃいます。
4
とうとう、マフラーはこの棚の一番上に乗るだけになってしまいました。
5
陶器も、アクセサリーも皆さんの目を楽しませてくれます。
6
こちらのお客さまは夕べお買い求めになったこの洋服が余りにも似合ったので私達に見せに来てくださいました。それにしても、本当に色といい、形といい、オーダーしたみたいにぴったりですね。お世辞ではなくこれほど「お客様」にぴったりなことってあるかしら?これにはきぼうの園の職員の方も本当に喜んでくださったよう・・・

「いつも、思うんだけどここでお買い物するということは今回は「きぼうの園」さんに少しでも役にたてるかな?と思えるから安心なんです」とおっしゃるこのお客さまは以前も「タイの里親の会」の作品を他のお仲間と購入してくださり、そのときも同じようなことをおっしゃってくださっていました。ありがたいことです。
7
多分、そうおっしゃってくださる理由の一つはここが「Idutsuya」であることの安心感があるからだとも思っています。だからこそ、ただの物販の会場ではない・・と他のお客さまにも分かっていただけるようにしていかなくてはなりません。そして、これからもそういうお客さまの安心感を裏切らないよう心掛けなくては・・・

明日、「きぼうの園」の展示会は午後3時で終了になります。
私はきぼうの園の職員の方たちが本当に暖かく、利用者の方と接していらっしゃる姿をこの55日間ずっと拝見してきて、心がやわらかくなれた気がしました。こういう「お互いの信頼感」があるからこそ、たくさんの素敵な作品が生まれてきたのでしょうか?

さ、明日は、私も今回購入したマフラーをして出勤しましょうっと。(おっと、もう明日ではなく、今日でした)
まだご来店なさっていない方は、是非お越しください。心よりお待ち申し上げております。
スポンサーサイト
2008/01/30 (水) 00:51:13 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
投稿
名前
タイトル
メール
URL
本文
パスワード 秘密(管理者宛)
トラックバックアドレス
paper
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。