FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
考えながら、進むこと。
1
ゆっくり店内を見渡すと、今回は様々な展示の工夫が見られます。
2
これは展示なさったことの在る方だと分かるのですが、この限られた空間の中で、限られた材料で如何にご自分達の作品をより素敵に見せる(魅せる?)かが大事なんですよね?
3
机の使い方。机の配置。今回の皆さんは本当に研究なさってうまくIdutsuyaの空間をお使いいただいていると思いました。
4
一足早く羽子板も見えますね。実はこの羽子板はご高齢のおばあちゃまの手作りとうかがいましたが、来週22日(土)からはIdutsuyaで昨年に引き続き「所沢 羽子板市」が開催されます。昨日(17日)から始まった浅草 羽子板市が終了したら所沢に移動、展示・・となる予定です。そうぞお楽しみに。
5
さて、大変遅くなりました。
ありおくん、やっとお花屋さんから正しい「ありおくんへ」のカードが届きました。本当にごめんなさい。今度お目にかかるときにお渡しします。
6
そして、昨日お約束した「寄せ書きを見ている写真」をJULEPSコーナーに貼り出しました。是非ご覧ください。
7
このコーナーも来月で丁度一年になるんですね。今年の二周年パーティーの日にメンバーが(ありおくんが風邪で休みでしたけど)顔を出してくれたことが遠い昔のようです。来年の3周年派ティーにはもう来てもらえないでしょうね・・
8
今、JULEPS展を終えて、様々なことを考えています。実は、今日も半日、今回の企画展でお世話になった皆様へのお礼のご挨拶に出かけてきたのですが・・・行く先々で様々なご意見等頂くことができました。これはむしろ会期前にご協賛、ご協力をお願いに上がった時に強く感じたのですが・・・
Idutsuyaって何をする「店」なのか?
Idutsuyaは何を目的としているのか?
Idutsuyaはだれのために在る「店」なのか?
Idutsuyaが出来たことによって何が変わったのか?
Idutsuyaはこの町に必要なのか?
本当に沢山の????が投げかけられました。

今の私には明確な答えなんてとてもかけません。
これが少し前の私だったら落ち込む材料にとっていたかもしれないけど、最近の自分の中では・・こうやって様々な声が聞こえたと言うことは、様々なご意見を伺えたことは?ちょっとプラスにとれるようになってきたのです。

まず今回初めてIdutsuyaから長い時間外に出て多くの方と初めてお会いできたことによって、直接お声が聞けたこと。皆さんも直接話す相手の顔が見えたからこそ、今まで感じていたことを正直にお話くださったのではないでしょうか?
たとえ、正直とまで行かなくても確かに何かを伝えようとしてくださいました。

そしてなによりも興味のないIdutsuyaだったら、どうでも良いIdutsuyaだったら何も言われなかったのではないでしょうか?
少なからずご意見を下さった方になんらかの気になる部分があったからこそ、ご意見がいただけたのではないでしょうか?

まったくの無名の店がこんなご意見を頂けるようになっただけでも3年の成果があったのかなぁ?
どこかのリーダーのMっつんではないけど「超+思考」に今回の経験を捕らえることにしました。

あぁ、またこんな時間になっちゃった。JULEPS展の開催前から、いえいえ、伝の会の三味線ライブの頃から時間の感覚が妙にずれてしまっています。

今日は羽子板市のポスター作らなくちゃ。おやすみなさい。

スポンサーサイト
2007/12/18 (火) 01:58:34 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
投稿
名前
タイトル
メール
URL
本文
パスワード 秘密(管理者宛)
トラックバックアドレス
paper
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。