スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
「きぼうの園」最終日にミシンプラザさんは消え・・JULEPSのデビューシングルはついに10万枚を突破しました!!
1月30日、朝のIdutsuya二階から見た、向かい側の工事現場の様子です。こうやって見ると「ミシンプラザ」さんの建物って本当に傾いているのですね。
けさはまだそんな暢気なこと思いながらこの「ミシンプラザ」さんを眺めていました。
1
左側に「ミシンプラザ」さん、右側の赤い壁の建物が「坂本屋」さん、よかったぁ、まだ「坂本屋」さん、あったぁ。
2
遠くの「内田屋」さんのほうに目をやると・・・玄関は跡形もなく、松の木だけが立っていました。
3
さて、「きぼうの園」最終日は、朝からお客さまが来店なさいましてそこそこ忙しいスタートになりました。相変わらず、作品は売れて、売れてとうとう衣類・マフラーはほぼ完売に近い状態になったようです。すごいなぁ・・・
4
午後2時前でしょうか?写真上方左側に工事現場の方が立っていますが、まだ「ミシンプラザ」さんが写っていますよね?
5
さて、今日はもうひとつ。結構大きな工事がIdutsuya前でありました。それはお隣の工事現場の前の歩道の工事です。
6
朝早くから大勢の方が見えて、まずは、歩道を掘り起してしまいました。何をなさるんですか?
7
工事現場の方の答え。
8
これから、工事が進むにつれて、おおきなダンプカーなどが出入りするため、今のままの歩道だとタイルが割れたり痛んでしまいます。そこで、今の歩道のタイルを剥がし、コンクリを打って、ダンプカーの重さなどに耐えるように工事期間中だけ直すのだとの説明でした。
9
夕方にはきれいな歩道になっていました。こうなるのか・・・
10
ない!ついに「坂本屋」さんの屋根から「鬼瓦」が消えました。
11
きぼうの園さんの展示スペースのこちら側、Idutsuya側では御近所のIさんと、H先生が「毛糸で作るブローチ」を突然製作始められました。ここに、貸しスペースを見にいらしていたお客さまも加わり、急遽「ブローチ教室」開催となりました。
12
そして、午後3時過ぎ、ふと外を見ると・・・ない!!ないのです。「ミシンプラザ」さんの姿が消えています。
13
夕方4時過ぎ・・・きぼうの園の撤収が終わり、織り機など全ての品物が搬出された頃、JULEPSファンの親子さんが遊びに来てくれました。O先生が作ってくださった「竹とんぼ」に興じる二人。竹トンボが舞い上がるたびに声を出して大喜びでした。
14
夕方5時過ぎに二階から写した写真。まだ「坂本屋」桟の姿はありますが、今朝あった「ミシンプラザ」さんは跡形もなく消えていました。明日、Idutsuyaは定休日です。あさっての朝、二階の雨戸を開ける私が見る景色はいったい、どうなっているのでしょうか?

さて、気持ちを切り替えて・・・さきほどの「速報」の続編です。
またまた先ほどとは違う知り合いの方が「東スポ」の続報を送ってくれました。どうやら、新聞を購入なさったようで・・

30日の「東京スポーツ」新聞に載ったJULEPSの記事。結構扱いが良いようですよ。
写真入りで「10万枚突破!JULEPSのさわやかなハーモニー」とあるそうです。
ちょっと見てみたいですよね?
紅白も夢じゃない・・・って誰か言っていたけど、このまま春になり、夏を過ぎ、秋になったら本当に「レコード大賞」「紅白歌合戦」の観覧希望の葉書を書かなきゃいけなくなりそうですね。

JULEPSのメンバー!おめでとうございます。よかったぁ。
スポンサーサイト
2008/01/31 (木) 01:26:04 | きょうのできごと | TB(0) | CM(2)
10万枚突破!!
速報です!
今 知り合いから連絡が入りました。
本日の東京スポーツ新聞によると
10万枚突破だそうです。
もちろん、JULEPS 「旅立つ日」
やったぁ!!あれ?前も突破したって言っていましたか?
いずれにしても突破したことには違いない!!すごいぞ!すごいぞ!

すみません、まだ店にいるのですが
せっかく知らせてきていただいたニュースなのでとりあえずお知らせしました。

本日のブログは、また後ほど・・・
2008/01/30 (水) 18:58:26 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
30日はきぼうの園作品展・・・最終日となります。
今朝も一番に二階に駆け上がり、雨戸を開けて店の向かい側の「坂本屋」さんを見てみました。朝9時にはもう工事が始まります。
1
真ん中に見える丸い形のの屋根が「割烹 内田屋」さんの玄関です。その右側には石灯籠がまだそのまま見えます。
2
「坂本屋」さんを横から撮って見ました。見にくくなっていますが「鬼瓦」は保存されると聞きましたが・・・一体、いつはずすのかしら?気になります。今日の夕方までにははっきり確認は出来ませんでしたが、まだ「坂本屋」さんの影はこの緑の防音シートの向こうに見えました。
昨日の「古谷採種園」さんがうっかりしているうちに消えるようになくなってしまったような気がして、せめて「坂本屋」さんだけはこの目で見ておきたいのでした。
3
さて、きぼうの園・・・今日もお客さまが続きます。ここ2-3日は、他の施設からのお客さまもたくさんいらっしゃいます。
4
とうとう、マフラーはこの棚の一番上に乗るだけになってしまいました。
5
陶器も、アクセサリーも皆さんの目を楽しませてくれます。
6
こちらのお客さまは夕べお買い求めになったこの洋服が余りにも似合ったので私達に見せに来てくださいました。それにしても、本当に色といい、形といい、オーダーしたみたいにぴったりですね。お世辞ではなくこれほど「お客様」にぴったりなことってあるかしら?これにはきぼうの園の職員の方も本当に喜んでくださったよう・・・

「いつも、思うんだけどここでお買い物するということは今回は「きぼうの園」さんに少しでも役にたてるかな?と思えるから安心なんです」とおっしゃるこのお客さまは以前も「タイの里親の会」の作品を他のお仲間と購入してくださり、そのときも同じようなことをおっしゃってくださっていました。ありがたいことです。
7
多分、そうおっしゃってくださる理由の一つはここが「Idutsuya」であることの安心感があるからだとも思っています。だからこそ、ただの物販の会場ではない・・と他のお客さまにも分かっていただけるようにしていかなくてはなりません。そして、これからもそういうお客さまの安心感を裏切らないよう心掛けなくては・・・

明日、「きぼうの園」の展示会は午後3時で終了になります。
私はきぼうの園の職員の方たちが本当に暖かく、利用者の方と接していらっしゃる姿をこの55日間ずっと拝見してきて、心がやわらかくなれた気がしました。こういう「お互いの信頼感」があるからこそ、たくさんの素敵な作品が生まれてきたのでしょうか?

さ、明日は、私も今回購入したマフラーをして出勤しましょうっと。(おっと、もう明日ではなく、今日でした)
まだご来店なさっていない方は、是非お越しください。心よりお待ち申し上げております。
2008/01/30 (水) 00:51:13 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
消えていく・・街の姿。
月曜日・・・昨日までの強い北風がなくなった分、心なしか寒さもひと段落かしら?今朝は「きぼうの園」さん、新手に出ました。
1

分かりますか?さをり織りの「はかり売り」です。グラム5円からとのことです。これがなんとも面白いのです。ここにあるものは例えば、衣類などの製品にならなかった「はぎれ」のようなもの。でも、個性豊かな「顔」をした布がたくさんあるのです。マフラーからベストやBAGを作るというお客さまの目はもう、らんらんと輝き、大喜びでお気に入りの「さをり」を捜していらっしゃいました。Idutsuyaスタッフも長い時間かけてじっくり選んでいました。
5
そして、相変わらず、他の作品も羽が生えているようにどんどん売れていってしまいます。
2
昼休みを利用して来てくださったお客さまにはお帰りの「職場まで戻る時間」をお知らせしましょう。
「今12時45分・・あと15分ですよ」
夢中で店内をご覧になっていると時間を忘れてしまうのだそうです。
「あと10分・・・」良いお買い物は出来ましたか?
3

4

6
こちらは陶器の「木琴」「鉄琴?」いえ、「陶琴??」心地よい音がします。
7
きぼうの園のスタッフSさん。打ち合わせの段階から本当にお疲れさまです。あと明日・・火曜日、あさって水曜日を残すのみです。がんばってくださいね。
8
午後、JULEPSファンの親子さんが来店。
「夕方4時からワルツのまえで埼玉ライオンズの選手達にJULEPSが花束贈呈するんです。今から行ってきますね」
花束贈呈・・そういえば、昨日ありお君も言っていましたっけ?でも、確か歌わないとか?
9
そして、今日のサプライズ。夕方4時を回った頃でしょうか?一人のご婦人が店の中を覗かれたのです。
「坂本屋のTさんだ!」
思わず店の中に入っていただきストーブの前に腰掛けていただきました。
Idutsuya向かい側の「坂本屋」のおばちゃまです。昨日のブログの中で写真でご紹介したあの瓦屋根の「坂本屋」さん。運命のような・・・本当に昨日の今日で驚きの再会です。

実は今朝はあった「古谷採種園」さんの建物が夕方になったら跡形もなく消えていたのです。防音シートをかけられた向こうで取り壊し作業が行われていたのでしょうが、車の走る音で「取り壊している音」は全く聞こえませんでした。だから朝、二階の雨戸を開けたときには姿のあった「古谷採種園」さんの姿が、夕方作業が終わった時点ではずされたシートの向こうに見えなくなっていたのを見つけたときは、スタッフともどもびっくりしていたところでした。

「明日は、うち・・あたりかねぁ?」おばちゃまの言葉に思わず目頭が熱くなります。
「私も気になって「内田屋さん」の横を通っては、段々壊されていくのを見ていたんだけど・・もう、ここまできたらみたくないから、明日っからは来ないようにしよう・・」
私はついに泣き出してしまいました。ごめんなさい。我慢できなくなってしまいました。
10
「風邪引かないでね。又、来てね」
黙って手を振って「また来るね」とは言ってくださらなかったTさん。
でも絶対、また会いましょうね。Idutsuyaがこの場所からなくなっても絶対、また会いましょうね。
11
夕方五時を回ると、先ほど書いた「JULEPSが花束を渡すところ」を見ていらしたファンの方がIdutsuyaに集まりだしました。
「ライオンズファンの人たちでいっぱいで良く見られなかった」
「歌わなかったんですよ」
「でも、久し振りに少しでも顔が見られて良かったね」
12

13
続々と「JULEPS」帰りのファンの方が来店。
14
またまた、貸しスペース「きぼうの園」さんサイドでたくさんお買い物をしてくださって、コーラを飲んで、情報交換して、そして、いつものように、閉店作業の頃、仕事から帰ってきて寄ってくれたスタッフIさんも一緒に、記念撮影?なんの記念だか分からないけど、とにかく、今、ここにいて、みんなでJULEPSのファンであることにパチリ!それにしてもすごい人数・・ここにはJULEPSはいないのにね。
15


懐かしい写真たち。
3
今日、姿を消した「古谷採種園」
1

3
お隣のミシンプラザさん、まもなく壊されるお店です。
7
坂本屋さん・・・パトカー出動の迷子騒動がありましたね。
12
夏のスタッフプラリーの時の様子。
10

9
閉店セール・・古谷さん
18
昨日、壊されてしまっていた「割烹 内田屋」の玄関。
3
取り壊し前の「市 文化財保護課の調査」の様子。

もう、今は見ることが出来ないお店です。
2008/01/29 (火) 01:44:09 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
日曜日のJULEPSありお君・・
写真1
道路を真ん中にして下に見える瓦屋根、左側の少し大きめの建物は「坂本屋洋品店」さん、その右側やや小さめの屋根は「古谷採種」園さん、道路の上側に見える瓦屋根が「井筒屋町造商店」です。
1
写真2
写真左側の二つ並んだ屋根が「坂本屋洋品店」さん、「古谷採種園」さん、その上の細長く見える建物が「ミシンプラザ」さんでしょうか?そして土が掘り起されているような広いところからずっと右方向は「割烹 内田屋」さんになるのだと思います。
3
さをり織り・・・きぼうの園のいつも機を織ってくださっている利用者さんにちょっとデモンストレーションしていただきました。これがまた丁寧で手がきれい!
4
みるみる・・長くなっていって・・すごく素敵な物を見せていただきました。ありがとうございました。
5
お店には昨日お買い上げになったスカートをこんな素敵な上着にして見せに来てくださったお客さまです。
6
店内の作品は4分の1以下になってしまったよう・・・寂しくなりましたね。
7
お客さまとスタッフのみなさんの楽しそうな笑い声が店内に響きます。本当に楽しそう・・・
8
こうやっておしゃべりしながらご自分の気に入った作品を見つけるのがたのしいひとときなのでしょう。
9
4ヶ月の赤ちゃんはパパの腕の中。覗き込む利用者さん。「いないいないばぁ」
10
夕方にはもっともっと品数が少なくなってしまって・・・もう大変。明日からはSAORI織りハギレの量り売りを急遽予定されたようです。これも楽しみ・・・陶器・ろうそく製品とともに是非ご覧になりにいらしてください。
11
夕方5時半ころ?でしたでしょうか?なにやら見慣れた後姿です。
14
このスレンダーな姿は?もしや?
サービスショット!久し振りのJULEPSありおくんです。(ちょっとでかくなっちゃいました)
12
暖かいお茶も一気!一気!違うって・・・
13
忙しいのに、またノートにコメントを残してくださったようです。でも、元気そうでよかった。いつもと変わりない、優しくて、面白くて、ちょっぴりまたまたスレンダーになった有尾君でした。
15
夏には、ポスターにサインをしてくれて。
a-4

21
10月の所沢まつりの日にはステージ前に衣裳を持ったまま、店に立ち寄ってくれましたね。

Idutsuyaを囲む周りの様子は日に日に移り変わっていくのですが、ここを尋ねてくれるJULEPSメンバーは本当にうれしいくらい、おごらない、えらぶらない、皆さんのご存知のあの「JULEPS」のままでした。

なんのお構いも出来ないし、店は寒いし、本当にせっかく来てくださったのにごめんなさいね。
「プロペを歩いていたら、なんとなくここに着いちゃった」
うれしいなぁ、そんななんとなくみなさんが来てくださる「居場所」はいつまでも持っていたいですね。

ありおくん、あの、やっぱり何枚重ね着しても寒そうにみえるんだけど。大丈夫??
2008/01/28 (月) 01:32:39 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
朝から涙もろくなって・・・・JULEPSにもらった気持ち「がんばろう」
今朝、二階の部屋を掃除しようと雨戸を開けたら・・・向かい側の工事の様子が目に飛び込んできました、。
2
割烹 内田屋さんの蔵からお店のあたりがごっそりえぐられている感じです。
1
古谷採種園の二階もここのところずっと開いたまま・・・店が開店なさっている頃は二階が開いているところを見たことがなかったのに・・皮肉にも今は毎日開いたまま・・・
3
「おはよう」古谷さんとお隣の坂本屋のおばちゃまが店のシャッターを開けながら通りを挟んで挨拶してくださったのが昨日のことのようです。
4
ちょっと目頭が熱くなってしまった、寒く、冷たい空気の流れる朝でした。
5
店の中は・・・またも大盛況です。実は昨日もそうだったのですが、余りにも混んでいて最高潮の時の写真を撮ることができないのです。
6
そこで、ちょっと一息ついた頃・・・昨日に比べて作品数ががくんと少なくなってきているのが分かります。特に衣類はもうほとんどありません。マフラーだって・・・びっくりするような勢いで皆さんの作品がIdutsuyaから旅立っていきました。
7
きぼうの園のお手伝いスタッフに、今日は「宣伝部長」の5歳年中さんが登場しました。道行く人にちらしを手渡しながら「良かったら、見ていってください」
「ごめんね・・忙しくて・・・でもせっかく声かけてくれたんだから、ちょっと見ていくわね」
宣伝部長、ヨカッタですね。
8
こちらのきれいな色紙は2月の自主企画「春祭り!井筒屋町造商店」の中の2月23日(土)の体験教室「押し花でつくるお雛さまの色紙」の作品です。実物はIdutsuya店内に飾ってあります。参加申し込みも受付中です。
9
今日もJULEPSコーナーにはたくさんのファンの方がみえました。と同時に、やはりこの頃の傾向・・・ファンの方以外のお客さまが見えるのです。例えば・・貸しスペースにいらした方がJULEPSコーナーに見えて足を止められるのです。
今日も、こんなことがありました。奥様がきぼうの園の作品をご覧になっている間に手持ち無沙汰のご主人がJULEPSコーナーに見えました。
しばらくCDに聞き入っていらしたあと、ポスターやファンの方が持って来てくださったライブの写真をご覧になっていましたが、そのあとすすっと貸しスペース側の奥様の所に戻り一言。
「象の背中の所沢出身のグループのこと言ってたよね?あそこにいっぱい写真があるよ」
なかなかJULEPSの名前は覚えてもらえていないようだけど、確実にJULEPSのことは皆さんに浸透しているようです。

このほかにも今日は沢山の客さまがお見えになりました。
お元気になられたO先生、来週からの貸しスペースのEさん御夫婦、先週、重松流のゲリラライブで店にいらした元スタッフAさん、ライブの打ち合わせに見えたNさん、スタッフSさん、Nさん、Iさん・・などなど。
スタッフ以外のお客さまのお話はもう「4月からのIdutsuyaはどうなるのですか?」のみとなったこの頃です。初めてお目にかかるお客さまもみなさん、Idutsuyaがどうなるのかが気になっていらっしゃるようです。ありがたいことです。
「ここまでやってきたんだから、絶対辞めないでください」
「どこか移転先はきまったんですか?」
「もう一度延長してもらえるように市長さんにいいましょうか?」
「やっとこの店の場所を覚えたから閉めないでください」
「これでこの店が閉まったらこのあたりは一斉に寂しくなってしまうでしょ?」
「ここまで治した改装費(税金)はどうなるんですか?」など・・
私がお答えできるもの、出来ない質問が毎日、毎日たくさんあるのです。

でも、皆さん気にかけてくださることに違いはありません。
私達はこういう「みなさんの声」を聞き逃すことなく先に進んでいくつもりです。見守っていてくださいね。

そんなことを書いていたらテレビのカウントダウンTVでJULEPSの「旅立つ日」が52位に入っていました。がんばっているんだ。10月31日にデビューしてまもなく3ヶ月たつのに、並み居るアーティストの中でベスト52位ですよ!すごいことやっているんだ。彼らって・・・ちょっと元気をもらったような今夜でした。
がんばるぞ!!
日曜日、きぼうの園のスタッフともども、お待ちしております。是非、大好評の作品の数々をご覧になりにいらしてください。

尚、この左下のリンク集の中にある「秋田動画倉庫」の中に、今日の何気ないIdutsuyaの様子が動画で紹介されています。ちょっと覗いてみてください。
では・・・おやすみなさい。
2008/01/27 (日) 01:38:00 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
きぼうの園 作品展示販売
今朝の風も冷たくて・・・いつもよりずっと早く店に着いたと思ったのに、寒さで体も動かないし、頭も働かなかったのか・・・あっというまに今日からの貸しスペースの「きぼうの園」の皆さんがいらっしゃいました。ところが、伺ってはいたけれどその作品数の多さにびっくり。スタッフ6人で駐車場からピストンで荷物を運ぶのですが、何回往復しても、まだある・・まだある・・本当にお疲れさまでした。
1
そして、開店12時前にはもう、どんどんとお客さまが来店なさいました。展示・飾りつけも八割の状態でスタート、開店となりました。それが、ものすごい人気で時に「さおり織り」関連の衣類、マフラー・BAG類はあっという間に売れていってしまいます。
確か・・さっき、目をつけておいたマフラーが気がつくともうない!!
2
人の流れもひと段落した午後3時過ぎでしたか?JULEPSファンの方がこんな本を店に来てくださいました。この表紙から2-3ページだったでしょうか?JULEPSの大きな写真が・・・また「旅立つ日」の楽譜も載っているとか・・・
3
「FLASH」にも載っている・・・とか、もうファンの皆さんの目はどうしてこう「JULEPS」の6文字に敏感なのでしょう?
「3月閉店したらJULEPSコーナーは・・・??」本当にご心配かけてすみません。もう少し待ってくださいね。

そして、今日もこんな一幕が・・・
お一人のご婦人が「お友達がJULEPSの事を知るにはここにいきなさい・・といわれました」といらっしゃいました。私がJULEPSコーナーにお連れすると早速ファンの方が事細かに解説してくださるのです。
「あらぁ、そうなんですか・・」
「すみません、つい、JULEPSのこと話すと興奮しちゃって」
「いえいえ、何も知らなかったから助かります。へぇぇぇ」
ファンの方が新橋の駅前での様子のDVDをお目にかけたら「あらぁ、こんなにすごい人気なんですか?随分ハンサムな人たちですね」
最後には「これで所沢にいて恥ずかしくないわ。ありがとうございました」と帰っていかれたのです。
5
最初のファンの方がお帰りになられてから・・・またまた皆さんそぞろに集まられてきました。この寒い日にありがとうございます。今日の話題は2月1日の「チャリティーコンサート」真剣にチケット購入方法やら、現地の様子を情報交換していらっしゃいました。
7
そんな時。Assyさんが来店。実は2月23日土曜日に「こころ」さんがIdutsuyaで大谷さんに続く今年第二弾のライブをやっていただくことになっているのですが、このAssyさんにも3月1日の土曜日にIdutsuyaで歌っていただくことになったのです。
4
「Assyさんですよ」とご紹介するとこの人だかり。「今のうちに写真とって置かないと・・・」しばし撮影大会となりました。
6
では、最後に全員ではいポーズ!バックはやはりJULEPSコーナーね!
8
大盛況で幕を開けた「きぼうの園作品展」は水曜日の午後3時頃まで開催予定です。でも皆様、くれぐれもお早めにお越しくださいね。
2008/01/26 (土) 01:41:31 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
初雪は寒すぎて・・・
この冬最初の雪の朝です。Idutsuya横の裏へ続く道はこんな感じ。北からの風がどんどん強くなってきました。
1
反対側のお隣、工事現場は真っ白になっていました。まもなくここに10階建てのマンションが2棟建つ予定です。
2
そして、今日は自主企画の最終日。午後2時からはお話会が予定されていました。この雪で、いったいどのくらいのお客さまがいらしてくださるのか不安でしたが・・・
3
1時半には沢山のお客さまが来店なさり、スタッフ一同ほっとしました。冷たい雪の中、本当にありがとうございました。
4
「ちちぶまちづくり工房」の市川さんのご挨拶でスタートしたお話会は、終始なごやかに進みます。
5
埼玉大学の田村先生のお話。みなさん、聞き入っていらっしゃいます。
6
「さすがに今日はキモノでは来られなかったわ。」と秩父銘仙のお話をしてくださる木村さん。
7
「所沢飛白」のお話は宮本さん。
8
こうして予定の2時間を越えて、お話会は無事終了しました。
9
その後、すぐに撤収作業に入り、店の中から色鮮やかな「秩父銘仙」や、粋な縞模様の「野田双子」、薄物の「湖月縮」などがどんどん片付けられていきました。

お話会の最後に「あちこちのこの織物がつなぐ町造り」というフレーズが聞こえてきたような気がしました。まさにそうだと思っています。「織物」に限らず、町をつなぐもの、人をつなぐものは捜せばまだまだたくさん在るようにも思うのです。私達が気がつかないだけできっと・・あちこちに・・あるのではないでしょうか?

Idutsuya3年目にして始めて実現した今回の「埼玉県西部地域の織物」の企画。3年目でヤット・・と思うか、3年目だからこそ出来た企画と思うかは??
ただ、町造りに対して様々な方が同じような思いを持って活動なさっていることが実感できた、私にとっては思い出に残る企画となりました。

夕方雪は雨に変わり・・・秩父へ帰られる木村さんは電車が止まらずほっとなさっていらしたことでしょう。
2008/01/24 (木) 01:30:33 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
自主企画展示もJULEPSコーナーも大賑わいの一日でした。
どうも、読売新聞の埼玉版に今回の展示のこと載せていただけた効果でしょうか?朝からお客さまが続きます。
こちらは野田双子織りをお勉強なさっているグループの方たちとJULEPSファンの方たちが一緒にお茶を召し上がりながら雑談・・・・の図。おたがい、未知の世界?に突入の様子。微妙な距離感が話しているうちにどんどん近くなっていきました。
1
こちらもじっくりと長い時間このJULEPSコーナーに座られていたグループ。なぜ?ここがいいのかしら?蔵の前でスタッフが出入りする落ち着かない場所なのにごめんなさいね。
2
そんなこと言っている間にファンの方もどんどん集まられてきてしまって、急遽DVD鑑賞会。この間のテレビ出演を見逃してしまった方のためにあるファンの方が見せてくださったのです。みなさん、息もしていないみたい。しーーーーーーーん。じーっと見入っていらっしゃいました。
ここに4人のメンバーはいないのに、いつもここにいてくれているみたい。みなさんもそんな「気配」を楽しんでいらっしゃるのでしょうか?そういわれれば「不思議な空間ですね」
3
こちらは「着付け教室」からお帰りの皆様。ヒゲ爺が所沢飛白の糸の染方やら織りの説明をなさっています。
4
しばらくするとまたJULEPSコーナーにどなたかの気配が?だぁれ?
5
おやまぁ、こちらはいらっしゃる度にどんどん大きくなっていく方!だわ。最初はつかまりだち、次に歩き出して、いまや店の中を走り回る・・・ベビーカーから自転車に昇格した彼は、ヘルメットなんてかぶって来店するようになりました。おしゃべりも随分うまくなってきたね。
JULEPSのポスターを指差して「ぞうしゃん」が言えるようになりました。
6
丁度取材に来てくれていたS新聞のH記者のことがいたく気に入ったようで、彼女の周りを離れません。取材している彼女の足に絡み付いて・・・「もう、まったくかわいんだから」
7
湖月会の会員だった方のご親族・・ひげ爺とスタッフMさんもおもわぬお客さまの来店に話が止まりません。お客さまからも矢継ぎ早の質問が続いていました。
8
こちらのお客様方も熱心に一枚一枚の布を真剣にご覧になっていました。特に湖月縮が気になられた様子でした。
9
今日最後のJULEPSファンのお客さま。今日だけで結局9名のファンの方がお見えになりました。
10
「あの、Idutsuyaさんが閉店したらJULEPSコーナーはどこにいっちゃうんですか?」
「春からはどこに行けばJULEPSコーナーでみんなと会えますか?」
今の私達には一番辛い質問です。
自分でもどこに行くのかわからない・・・

でも、一つだけ言えること。
私達の活動は「場所」ありきではいけないのではないかしら?ということ。
「場所」は大事だけれど「場所」に頼らず活動していける「強さ」も必要なはず。
今は自分にそう言い聞かせて粛々と毎日を送っていくのです。



2008/01/23 (水) 01:27:03 | きょうのできごと | TB(0) | CM(1)
変わりゆくマチの表情・・・変わらないJULEPSの人気?
今朝はIdutsuyaのお隣との境がなくなっていてびっくり・・Idutsuyaを横から見るとこうなっているんですね。いよいよお隣に10階建てが2棟建つ予定。そし重機が入り、いつも来るお客さまを見ていたあのわんちゃんのいたあたりは瓦礫の山になっていました。マチの表情がまた変わるのですね。
4
野田双子織りのスタッフの方がIdutsuyaスタッフSさんのキモノから仕立てたベスト?に興味津々・・・じっくり縫い方までチェックなさったているのでしょうか?
1
これは昨日のお話会の画像です。実は私は休みをいたためにこの画像につけるコメントがありません。明日以降昨日店にいたスタッフに情報を教えてもらいます。
2
こちらはIdutsuya3人娘・・?
3
これは来月2月27日に開催予定のIdutsuyaボランティアスタッフFさんによる「パッチワークで作る巾着」の出来上がり見本です。きれいですね。
5
夕方5時を回っても2月自主企画・・網一つの企画「ひなの里」のメンバーは打ち合わせに余念がありません。もれ聞こえてくる打ち合わせ内容からすると、滅多に見られない○○がはじめてこの所沢にくるそうな・・・
人形冥利につきますね!
6

今日のJULEPSの話題。
午後一人で店に見えたご高齢の奥様・・・スタッフに紙を持ってきてとのこと。よくよく伺えばテレビで見たJULEPSが気になっているのだけど、どうしても名前の呼び方がわからないので、紙に書いてくださいとのことでした。
「ほら、NHKの、ほらあれに出たでしょ?」
「あぁ、歌謡コンサートですね」
「何度も所沢って言うからみたんだけど、この人たちうまいわ・・前にミューズであったこと在るんだけど」
「そうですか?」
「この名前がなぁ・・・何回効いても覚えられないのよ」
「大丈夫ですよ。すぐに覚えられるようなやさひい名前じゃないんですから。」
「そう?」
「はい、お客さまだけが分からないのじゃないですから安心して応援してくださいね」

とにかくJULEPSの名前だけはしっかり持ち帰っていただきました。
2008/01/22 (火) 00:38:53 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
またまた お知らせです。
すみません。
今、アマチュアギタリスト 高橋史典さんの1月20日のブログを拝見していましたら
YOU TUBEでの1月15日の「歌謡コンサート」とフジテレビでのJULEPSの動画を発見!!まだ、ご覧になっていない方は是非、ご覧あれ!

高橋史典さんのHPへはこのブログ左下のリンク集からお出かけください。

高橋さん、勝手に紹介してごめんなさい!!
2008/01/21 (月) 18:07:59 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
お知らせ
今日は、お知らせを一つ・・・

昨年12月11日のブログご覧ください。
実は東京理科大の学生さんであり、クラシックギター奏者の高橋史典さんのライブのご案内です。IdutsuyaでJULEPSと一緒に演奏してくださったのがもう3年前、2005年の6月でした。
そんな彼のライブが下記日程であります。
(このほかのスケジュールは彼のHP(左下のリンク中からお入りくださいで是非ご確認ください)

クラシックギターライブ in Classta~From the New World~
日付 平成20年3月5日(水)
時刻 午後7時開場 7時30分開演
会場 クラスタ サイト
JR線・西武線国分寺駅北口から徒歩6分
入場料 2000円(ドリンク2杯付き)
説明  2回目のクラスタ(Classta)ライブです。超至近距離で「新世界」が聴ける・見られるのは世界でここだけ!というのは言い過ぎかもしれませんが、大変珍しいことであることは間違いないでしょう。
 今回は一般的なクラシックギター曲に加えて、先生であるマリオ鈴木氏の作品や、ポップスなども織り交ぜてお送りする予定です。

演奏曲 ・交響曲第9番「新世界より」第4楽章(A.Dvorak)
・Letting Go(Andrew York)
・Sunburst(Andrew York)
・Moontan(Andrew York)
・“さくら”による主題と変奏(横尾幸弘)
・風に吹かれて(マリオ鈴木) 他

でも、何故、この日のライブを紹介しているのかですって?
それは・・・きっと・・・多分・・
演奏曲目には入っていませんが、例の、あの涙なくしては聞けないあの曲が本邦初、ギターで演奏されるかもしれません・・・とそんな風の便りが流れてきたのです。

「ビル風の便り」なので、たまにはそんな「風の便り」も載せてみました。
2008/01/21 (月) 00:51:56 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
ゲリラ重松流・・・少し遅めのお年玉に感謝です。
今朝も、開店早々からお客さまがたくさんです。ご覧のとおり土間の囲炉裏周りも満員御礼。1
O先生は居合わせたお客さまに「湖月縮」の解説を始めてくださいました。これにはお客様方は大喜びでした。
2
久し振りにお店に顔を出してくださったTさんはスタッフとおしゃべり。このあと市民新聞のHさんとも話しに花がさいているようでした。またお越しくださいね。本当にお越しいただいてうれしかったぁ・・・
3
どうですか?店内の椅子という椅子には全てお客さまがお座りになって大盛況の午前中でした。
4
スタッフNさんの履物・・こっそり撮ってごめんなさい。でもこんなおしゃれな履物。履いてしまえば目立たなくなるのに。羽織裏とか見えないところにするおしゃれ・・・日本の文化なのでしょうか?
5
寒い店内も日差しのあたる場所は結構暖かくて・・・
6

7
Idutsuya向かい側の取り壊しもいよいよカウントダウン。来週からでも始まるのでしょうか?
8
そんな午後・・・
9
突然ゲリラライブが・・・元IdutsuyaのAさんが重松流の皆さんを引き連れて「ゲリラ重松流ライブ」にいらしたのです。しかも「JULEPSじゃなくて・・すみませんねぇ」なんておっしゃりながら。
10
これには居合わせたお客さまも・・・JULEPSBファンだって聞き入っていらっしゃいました。
11
店の外を通る皆さんも大喜び。
12
特に信号待ちの車は一斉に助手席の窓を開けてびっくりなさっていました。
13
獅子舞がちょっと怖いのかしら?
14
さすが・・・息のあったお囃子に自然にからだがスウィングします。
15
楽譜もないお囃子・・・
16

17
良く見ていたら皆さんの目配せが大事なポイントになっていました。
18
最後に立派な獅子頭を見せていただいて・・・ちょっと遅めの「お年玉」を頂いたようなそんな得した気分になれた午後でした。

決まりきったことじゃないことが、ふっと出来ちゃう空間。またそれを受け入れてくださるお客さま・・Idutsuyaならではの出来事でしょうか?閉店間際にお見えになった「入間の博物館アリット」の館長さんはご一緒にいらしたスタッフの方とたまたま居合わせたJULEPSファンのお客さまと長い時間お話をなさってくださいました。

たまたま現在展示中の「野田双子」織りの存続が危ぶまれているという話から、今、私達が伝えなくてはいけないこと・・でも、もしかしたらこのまま伝えなくてもよいことも在るかもしれないということ・・・そんな話になって行きました。
世の中には知らなくたっていいこともあるだろう。でも、もし、知りたくなったときに「その事実」を残しておかないと「知りたい」ことも「知ることが出来ないこと」になってしまう・・・・

ここは「町造商店」です。ここには様々な方が見えて、様々な提案を投げかけてくださることもあります。それが学校教育に関する事なのか?文化財に関する事なのか?それこそ多種多様なことがあります。

今、閉店を目前にして、私が個人的に思うこと。それは・・・
正直そんな様々なことをこの店一軒ではとうていできるはずがないだろう・・・ということ。
でもここに集まった様々な事柄を適材適所につなげていくことはみんなの力を結集していけば出来るかもしれない。そしてここを中心に人が動くことによって、商店街が、マチが活発に動き出すきっかけになるかもしれない・・・と。

町造商店3年目を迎えて、私達は振り返ることと、前を見据えることをしなくてはならないのですね。

明日は「ちちぶまちづくり工房」からスタッフが見えてお話会が午後1時半から開催されます。
是非お遊びにいいらしてください。
2008/01/20 (日) 02:02:50 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
3周年の画像追加!と、「着物、キモノ,KIMONO・・・」
本当に長らくすみませんでした。やっと新ブログになれてきましたので、大変遅くなりましたが15日「開店3周年パーティー」の続きの写真から。
1
かんぱーーーーい!!
2
とても親しみやすく心に響いた当麻市長のご挨拶でした。
3
吉村家具のMさん、カフェ・プミラのマスター、われらがスタッフ司会のHさん。
4
元スタッフMさんも駆けつけてくださいました。
5
人がいっぱいでしょ?
6
おいしい。
7
JULEPSのテレビ生出演「NHK 歌謡コンサート」に見入るみなさん。
9
チョコレートコスモス・所沢もんぺ屋さん
10
大谷篤志さん・こころさん三人の歌は大盛り上がりでした。
11
吉村家具のMさんの歌声はミュージカルステージを見ているような・・・

とにかく盛りだくさんの楽しいパーティーでした。改めてご出席下さった皆様、お祝いのメッセージを気だった皆様ありがとうございました。


そして、今日からは店内のムードが一変します。
1
土間の壁面には野田双子・所沢飛白が展示されています。
2
NHKの取材も入ってくださいました。このほかにも新聞取材が3社ほど。朝は大忙しでした。
3
まだ勉強不足で説明は出来ないけど、とにかくきれい!の一言です。
4
希望の方には「秩父銘仙」を羽織らせていただく簡単試着コーナーも!
12
所沢小学校4年生も2つのチームに分かれて取材?に来てくれました。
13
そうそう、JULEPSの話から所沢の若手ミュージシャン応援発掘プロジェクトに関する取材も。でも、私が言えたのは・・・そんな大それたことをここではやっていませんよ、ただこの場所にJULEPSというグループがきてくれて、またJULEPSのファンの方たちもきてくれて・・・お互いにその「ここにいた・・という存在感」を感じられる場所なんではないでしょうか?と。
14
夕方になっても外から余りの着物の見事さにお客さまは続きます。
5
斬新!ザンシン!
6
大谷さんも来てくださいました。明日あたりまた路上ライブなのかな?みんなで大谷さんのHP見ましょう。
7

8

9

15
韓国から来たお客さま・・銘仙を羽織っていただいて記念撮影。とても素敵な思い出になりましたといってくださいました。カムサ・ハムニダ!
11
まもなく閉店・・仕事帰りのスタッフやら商店主さんが店に立ち寄ってはお茶を飲んでお話・・・異業種懇談だぁ。

とにかく、一度ご来店あれ。23日水曜日までの展示です。
2008/01/19 (土) 00:40:59 | きょうのできごと | TB(0) | CM(4)
所沢ナンバー
今日は定休日、Idutsuyaはお休みです。私は私用で都内まで車で出かけました。

そこで、今日は私とIdutsuyaスタッフのIさんが「車を運転している時にやっていること」をお知らせしますね。

私の車の中に流れる曲は・・もちろん、「旅立つ日」・・最近はここに、大谷篤志さん、こころさん、ASSYさん・・・おまけに長唄三味線の伝の会のCDが加わって賑やかにドライブしているのですが、都内に入って特に渋滞したり、町中をとろとろ運転する時にわざとしていることがあるのです。

それは窓を開けてやや大きめの音で「旅立つ日」を流すことです。信号待ちのときなど横断歩道を歩く人の顔がこっちを向くと、思わずにっこり・・・しかも車の前には「象の背中」のちらしを置いてみたり・・・

実は昨年10月31日のデビューの直後は窓を全開にしていたのですが、さすがに最近は寒くてそうはいきません。

そこで考えたのが助手席の窓だけ半開にして、車内のスピーカーの音量バランスをめいっぱい助手席側にします。
すると・・・何気に車の外に流れて行くのです。JULEPSの歌声が・・・つまらないことかもしれないのですが、迷惑にならないように、でも何の歌が流れているかが分かるような音量でこれを実行し続けているのです。

そんな今日、この数ヶ月で初めての面白いことがありました。

いつものとおり、窓を開けて運転していると。
信号待ちの横断歩道で待っていた4歳くらい女の子が隣のお母さんに向かって
「あ、象のうたが聞こえてるよ」といったのです。
「え?なに?」
「象のお父さんの歌だよ。」
でも、ここからがおかしかった!!

しばらくキョロキョロしていたお母さんが私の車を見つけてぽつり一言
「あら、所沢ナンバーだからね」
2008/01/17 (木) 23:58:00 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
1月15日は開店満3周年でした
さて、遅くなりました。夕べの報告です。夕べといってももう一昨日になってしまいましたが、1月15日井筒屋町造商店は満3周年を迎えました。朝から沢山の方が「おめでとう」をいいにきてくださって・・胸が痛くなるような一日が始まりました。
4
これは大谷篤志さんとこころさんから頂いたかわいいピンクのチューリップについていたメッセージカード。お祝いに歌をプレゼントしていただいた上に素敵なプレゼントまで頂いてありがたいことです。
5
可憐なチューリップ!
6
JULEPSファン有志さまから。
7
こちらもJULEPSファンの方から・・・JULEPSファンの方たちの中には実際に、今日わざわざ来店なさってお祝いを伝えてくださったり、メールや、電話・・・そしてなによりもいつもIdutsuyaを応援してくださっていることがひしひしと伝わってきて、あえておっしゃらなくてもその気持ちが本当にありがたく、うれしく本当に感謝しているのです。ありがとうございます。
8
こちらはスタッフのみなさん、ちょっとおなかが空いているのかしら?まもなくパーティーは始まります。11
そしてこんなサプライズが!まさにパーティー開始時間午後7時に当麻市長がお越しくださったのです。これには出席者一同大感激。会議所大舘局長の挨拶にも力が入ります。このあと市長は気さくに来場者と話を交わされたり・・かなり長い時間Idutsuyaにいらしてくださいました。またそのご挨拶の中でも私達の活動にご理解をいただき、力強い応援の言葉もありますますやる気満々になりましたよね?みなさん。
9
さ、お待ちかねのお食事です。今回は「カフェ プミラ」からおいしいカレーやクラムチャウダースープなどケータリングをたくさんお願いしたのでみなさんに十分満足いただけるメニューになっているようでした。(良かったぁ)
10
司会はもちろんスタッフHさん、ここのところ、12月の日芸主催のFMラジオ出演やら、大谷篤志さんのライブの司会などいよいよ本業を捨てる時期が来たような。
12
ステージでは・・・吉村家具のMさん、カフェプミラのSさんが司会のHさんとリアルタイムのこの「マチ」の話をしています。
13
そして、ASSYさん。
14
大谷さん。
15
こころさん、と皆さんがそれぞれ素敵な歌声をプレゼントしてくださいました。

そして、この夜はなんとJULEPSはNHK「歌謡コンサート」の生出演でした。丁度パーティー最中が出演時間にあたっていたので、みんなで思わずテレビにかじりついてしまいました。
(この様子はリンク集の中から「和の器 チョコレートコスモス」「所沢 もんぺ屋」のなかの店主の日記に画像で載っています。是非ご覧ください。)それにしても、うまかったぁ・・・本当に堂々としていて、その歌のうまさも際立っているように思えました。いよいよ彼らの本領発揮、実力が画面に出てきたようなそんな嬉しい思いで聞いていました。私の後ろで聞いていた大谷さんやこころさん、ASSYさんの目も真剣に画面に釘付けになっていましたね。

実は一昨日からこのブログの編集の仕方が変更になったのですがうまく画像がアップできずに今日もまた思うように皆様にご覧頂くことができませんでした。ごめんなさい。また研究してみますので、きょうのところは御勘弁を・・・

いずれにせよ、今日は3周年パーティーのご報告でした。
明日Idutsuyaは定休日です。
2008/01/17 (木) 01:05:43 | きょうのできごと | TB(0) | CM(2)
開店3周年
1月15日はIdutsuyaの満3歳の誕生日。
いろいろなことがありました。
11


14
あれ?大谷君だ。

15
こころも歌っている。

13
ASSYさんだって・・・

この続きは明日のブログで・・・
2008/01/16 (水) 02:28:08 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
ライブの余韻・・・酷寒の路上
今朝の寒さは一体なんでしょう・・・なんて思っていたら、朝だけではありませんでした。昼になっても、午後になっても、冷たい北風が一向にやむ気配はありません。

そんな朝開店と同時に、2月8日からIdutsuyaの貸しスペースで開催されます「ひょうたんって たのしい!」の打ち合わせがありました。
1
皆さん、熱心に打ち合わせなさっています。でもその内容を伺っていると・・・その「展示会」への真剣な姿勢が伝わってきました。

「今回の展示会のタイトルは「ひょうたんって たのしい!」ですから、いらしたお客さまにいかに楽しんでいただけるかを一緒に考えていきましょう」
そしてみなさん、それぞれがどういった作品を製作しているか?展示できるか?などの情報を交換なさっていました。
何時も貸しスペースのみなさまと接して感じるのですが、「いかにこの空間を演出するか?」「いかに来店なさったお客さまに満足していただけるか?」という主催者の方たちの真剣な思いになんとか私達に出来ることがあれば協力していきたいと思ってしまうのです。
4
「ひょうたん」の皆さんの打ち合わせはなんと二時間も続き、結局お帰りになられたのはお昼を回った頃でした。

午後・・JULEPSコーナーに今日のお客さまです。
「お食事を頂いていたら、有線で「旅立つ日」がかかっていたんですよ」嬉しそうにお話なさって・・・本当にこちらまでうれしくなってしまいます。
「昨日の大谷さんのライブにも来たかったんですけど、どうしても来られなくて・・」
「そういえば、今頃路上やっているんですよね?」
話ながら外を見ると北風に高く落ち葉が舞い上がって、さむそう・・・こんな寒くても路上ライブってやっているのかな?

すると私の携帯が鳴りIdutsuyaスタッフからでした。「大谷さんの路上見ていますよ」
やっているんだ!今日の2時から一緒に歌われていたというこころの太一さん!5時から一緒のLIVINGさん!みんな風邪ひかないでくださいね。
3

このあとも熱心に織物のことをお話下さった女性のお客さまや、ブログにIdutsuyaことをアップしたいとおっしゃるお客さま、地域の雑誌にやはりこの店の事を書きたいんですが・・・とお客さんが続きました。
また久し振りに体調を崩されていたスタッフS田さんがお見えになって、懐かしくお話しすることが出来ました。
特に年明けにお店に見えるお客さまの関心は「春以降のIdutsuya」のことです。
「もうやめてしまうの?」
「引っ越されるの?」
「昨年署名に参加したものですが、もう延長はないのですか?」
「店は閉まっても活動は続けるのですか?」
「貸しスペースの場所は他に紹介していただけるのでしょうか?」などなど・・・
ごめんなさい、私達スタッフにも春以降の「姿」がまだ見えないのです。
きちん進むべき道を見据えて春を迎えようとしている最中です。もう少し、お待ちくださいね。

そんな今日もたまたま店番が私一人でしたので、結局PCを開いたまま、椅子に座ることは出来ませんでした。

「寒い、寒いよぉぉぉぉぉ」
路上を見てきたとおっしゃって店に飛び込んでこられたお客さまの手は氷のように冷たくなっていました。暖かいお茶で温まっていただいて・・・でも、一休みしたらなんでも5時からの路上ライブにもいらっしゃるとか?
本当に演奏する側も、聞く側も体力勝負なんだ。

ところで今日、その大谷さんから昨日のワンマンライブのお礼のメールを頂きました。昨日の今日でさぞや疲れているだろうに・・・昨日までの数日間は特にレコーディングやら路上ライブでめちゃくちゃ忙しかっただろうし、しかも今日は今日で路上を二回も予定しているのに・・・そんな忙しい中でも我々スタッフにお礼のメールを下さったり、いらしてくださったお客さまへの感謝の気持ちを伝えようとなさる大谷さんの気持ちに・・・夕べのすがすがしいまっすぐな歌声がよみがえってきてしまいました。

JULEPS・・大谷篤志さん・・・とこのIdutsuyaには本当に心の温かいアーティストの皆さんが集まってきてくださいます。きっとこれからもどんどんとたくさんの方が来てくださることでしょう。Idutsuyaはこれからもそんなアーティストの皆さんとその皆さんの歌声を聞きにいらっしゃるお客さまとの「やさしい気持ちのよりどころ」でもありたいとも考えてしまった、すごーーーーーく寒い冬の一日でした。
2008/01/14 (月) 02:03:35 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
大谷篤志 ワンマンライブ in Idutsuya
1
今日は朝から冷たい雨・・・この少年はおもちゃの「すだれや」さんで凧を買ってもらったのに、凧揚げにいかれない・・・ちょっと方を落としての来店でした。
2
今日は毎月1回開催されるスタッフ会議の日です。事情があってスタッフのお子さんをお二人お預かりしました。7歳と2歳・・久し振りに子育てだぁ。
3
こちらは在る番組の取材のカメラです。もちろん、JULEPS関係の話です。詳細はまだ気待ていませんが決まり次第またお知らせしましょうね。
4
そして夕方4時半過ぎ・・・この後姿は今夜の「ワンマンライブ」の主役大谷篤志さんです、電子ピアノも組み立てます。
5
いつの間にかお客さまも準備を手伝ってくださいます。
6
ピアノとの音あわせ。リハーサル風景。
7
伸びやかでさわやかな声が大谷さんの魅力です。
8
ピアノの小山真理さん。
9
開演10分前には満席となりました。
10

11
今夜の進行役はスタッフHさん。思い切りの良い口調でお客さまの笑いを誘います。
12
この段階で52名のお客さま、結局、最終的には60余名のお客さまが大谷さんの歌声を堪能なさいました。
13
個人的には「なごり雪」「アーチ」が好きでした。
14
こころ」のお二人も飛び入りで楽しいアンコールとなりました。
17

終演後もお客さまはなかなかお帰りになりません。大谷さん、こころさん・・お客さまの熱い、熱い時間が流れて行きます。
16
最後は大谷さんとdutsuyaスタッフの談笑ショット。

今夜も楽しい時間が過ぎていきました。大谷さんお疲れさま。お越し下さったお客さま、。寒いのに本当にありがとうございました。

2008/01/13 (日) 02:18:25 | きょうのできごと | TB(0) | CM(2)
明日は(いえ、もう今日ですね)「大谷篤志 ワンマンライブ in 井筒屋町造商店」
休み明けの金曜日・・・貸しスペースの方の打ち合わせから始まりました。こちらは2月8日からの「ひょうたんってたのしい!」のみなさんです。一昨年に引き続き2回目のご利用ですが、今回は楽しい「ひょうたんで作るおひなさま」という簡単な体験教室を開いてくださる予定です。
1
どうですか?愛くるしいでしょ?これがひょうたんなんですって。参加者の方にはお好きな色でお好きな衣裳を描いて頂いて、完成となるそうです。なんだか面白そうですね。早速今日1名の参加希望の方がお申し込みなさって行かれました。
2
さて、今日は朝から電話も来店者も多く、てんてこ舞いでした。午後2時半からたまたま通りかかったスタッフSさんがいらしてくださったので大助かり。ここから一時間の間に6軒のお店をまわって日榮会の事務所や、プロペ通りの事務所にも足を延ばすことが出来ました。
なんだかいよいよ年明けで本格的に何もかもが動き出したような慌しい一日でした。電話の数だけでも40本は入ったでしょうか?忙しかったぁ・・・

実は今夜(あら、もう昨日になっている)は、銀座協同組合・・・つまりIdutsuyaのある銀座通り商店街の「新年会」でした。たくさんの商店主の方はもちろん、当麻市長や議員の先生方、市役所、商工会議所のかたなど多くのみなさんとお目にかかりました、その中のある方が・・・
「Idutsuyaさんって、たくさんの人がいらっしゃるんだって?このあいだの、あの、なんていったっけ?歌手の、ほら・・・あれはすごかったんだってね?」
「えぇ、おかげさまで・・・(歌手って・・・JULEPSと早く覚えてくださいよ!)←私の心の声」
3
そんなわけで、今夜はこの間の水曜日に店に来てくださったJULEPSが持ってきたものを写しました。年賀状です。郵送でも頂いていたのですが、これは持参してくれたメンバー直筆の賀状です。やっぱりこうやって自分の字で書いてもらえるのって嬉しいなぁ。
4
これが、メンバーから頂いたパネルです。バックのアークホールの写真は多分月1コンサート最終回の時のものでしょう。三階席まで満員の様子がしっかり写っています。
11
というわけで、懐かしいアークホールの入り口です。

さて、明日(12日(土)今日)は終日雨か・・もしや初雪かな?
午後6時半からJULEPSとあのひまわり畑で共演した「大谷篤志さん」のワンマンライブがIdutsuyaで開催されます。入場は無料です。もしお時間がありましたら是非お遊びにいらしてください。

そして、明日(今日)はライブ準備のため午後4時半に一度閉店し、リハーサル。午後6時会場の予定です。暖かくしてお越しください。大谷さんとIdutsuyaスタッフ、「彼を応援してくれてるJULEPSのコーナー」が皆様をお待ちしております。寒い日でしょうけど心温まるようなステージをお届けできるように努力いたします。

最後になりましたが・・
いつも拍手にコメントをつけてくださる皆様・・・
ありがとうございます。ひとつひとつ読ませていただいております。本当に暖かい、嬉しいコメントに「こんな文章でもよんでくださっているんだから、がんばって書かなくちゃ!」と自分を奮い立たせる思いです。これからも、日々のこの店の様子、町の様子・・などなどお伝えしていくつもりです。


2008/01/12 (土) 01:53:24 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
JULEPSの○○○は変わりませんでした!
今日はIdutsuyaの向かい側にあった「とことこ市」の看板も取れ、いよいよ解体工事の準備も佳境に入ってきました。「とことこ市」の看板がはずれ、久し振りに出現した「本宿屋」さんの名前です。たまたま店に居合わせた生まれも育ちもこの御近所の奥様が「わぁ、本宿屋さんだぁ・・なつかしい」とおっしゃっていました。
1
こちらのお二人は店の外から余りの華やかな店内に誘われるように来店なさいました。ヒゲ爺の丁寧な説明に聞き入っていらっしゃいました。
2
さて、今日のIdutsuyaは大忙し。役所のスタッフHさんとひげ爺、スタッフMさんとで18日からの展示物を入間のアリットまでお借りしに出かけていかれたり・・・わたしはわたしで午前・午後と貸しスペースの打ち合わせがそれぞれ1時間から2時間程度づつ。このほかに12日の大谷さんのライブの準備や15日の開店3周年の準備・・などなど正月ボケの頭と体に鞭打ってがんばろうとPCに向かった夕方・・・

がらっとガラス戸が開いて覗いた顔が・・・顔中覆うような大き過ぎるマスク。でもどこか見慣れた相変わらず細い体・・・次に覗いた顔はまさにお肌つるつるのかの君「おめでとうございます」のハイトーンボイス・・そしてこれまたお肌つるつるストレーとヘアーになった笑顔の彼女・・・最後、間があいて入ってきたのが目を細めてちょっと「にきびが気になっている」様子の男性。
3
久し振りのJULEPS揃い踏みです!(この一枚とるのに3カットとりました。やれ、ちょっと地味すぎない?とか、ジャケットの色がかぶりすぎる・・とか。でも最近ポーズ決めるのが早くなってきたよね?)
11
この二人に会うのは先月16日以来。でも、まったくいつものまんまのメンバーです。ありお君は風邪ひきの様子。
6
なにがいつものまんまかと言えば・・・こういうこと、それぞれてんでばらばらに好きなことやってます。
5
まっつんは久し振りに皆さんの書き込まれたノートをじっくり読んで。なぜか一人はカメラ目線。
4
真剣。まっつんファンへのサービスショット?!
7
風邪ひきブラザーズ。(おかちゃんは風邪ではないのかな?)ジャケットの色も、ファーもなんだかお揃いみたい。おかしな二人です。
9
めぐちゃんは「JULEPS展」の時によく読めなかったところをじっくり読み返していました。
10
またまた、サービス。
20
園児のバトンが気になるありお君は、相変わらずちびっ子に人気ですね。二人「ためぐち」で語っていました。
19
実は、今日はIdutsuyaに月1コンサートのパネルと年賀状を持ってきてくれたのでした。リーダーが最後にコメントを書いてくれて。
15
おかちゃん、変わらないね?ちょっと疲れてる?
「自分が悪いんだけど、夕べ本当は早く寝られたのにね、夜更かししちゃったぁ」
16
「お肌が大変なの」なんてこの皺皺のわたしに向かって言うなんて・・・めぐちゃん!!
17
だれだかわかんないよ!ありお君。風邪のせいで元気がないのかな?と思っていたら「おなかが空いた」ですって。
12
最近この目を細める顔が気に入ってるの?まっつん。「プリズンブレイク」にはまるとこういう顔になるのかしら?
18
最後になんだか微妙なポーズで記念撮影。久し振りのJULEPSはいつものまんまのJULEPS・・また所沢でライブやりたいな!なんてめぐちゃんのメッセージを残して帰っていきました。
14
またね!ありお君、風邪早く治してね。
今度はいつ会えるのかな?ちょっとそんな寂しい気持ちになりました。
13
この1枚は?・・・この写真については後日・・・

短いようで長い時間いてくれたJULEPS。

みなさん、安心なさってください。
ちっとも変わっていませんでしたよ。JULEPSの○○○は・・
この○○○の中は、そうです、皆さんそれぞれが思われている「そのJULEPSのまんま」ということです。
在る人にとってはJULEPSの「ハート」かもしれないし
ある人にとってはJULEPSの「優しさ」かもしれないし・・
そのどれもが、そう、みなさんの思われているJULEPSのままでしたよ。

15日、NHKがんばってね!

IdutsuyaにきてくれたJULEPS・・変わらないでいてくれて・・よかったぁ。




2008/01/10 (木) 00:58:49 | きょうのできごと | TB(0) | CM(2)
時のたつのは早いものです。
今日から幼稚園や小学校が始まったここ・・ところざわ・・・Idutsuyaアイドル?のNちゃんも幼稚園バスから元気に帰ってきました.この春からは年中さんになるんですね。こういう小さなお子さんを見ていると時のたつのがどうしてこんなに早いのか・しみじみ考えさせられてしまいました。
1
お昼頃にはJULEPSコーナーにも男性のお客さまが見えました。今日はこのほかにも4名のJULEPSァンの方がお見えになりました。
2
こちらのお客さまは生まれも育ちも荒幡だとか・・・ヒゲ爺の「マチ場物語」に大喜びでお帰りになっていかれました。
3
そして、今日から貸しスペースの打ち合わせが始まります。今日の打ち合わせは2月15日からの木目込み人形・革製品・縮緬小物の作品展示販売です。そんな先生が作品を参考までのお持ちくださいました。
4
この皮製のBAGは思ったより軽くてびっくりしました。細かな作業が素敵な作品に仕上げています。
5
これは針山。こんなかわいい針山が裁縫箱の中にあったら、どんなにかわいいでしょう。
6
久し振りに見えたKさん。
7
オオタカの森トラスト運動のYさんは、店の前で販売している「炭」の補充に来てくださいました。
8
こちらは出張帰りのお二人・・「ちょっといいですか?」と一時間以上も店をご覧になっていかれました。

さて、Idutsuyaは来週15日に開店3周年を迎えます。目出度い、感謝の3周年です。私達を何時も見守ってくれたこの100余年の空間に感謝です。
感謝ですが、少し私達はこの器である建物に固執しすぎたような気がしてなりません。

これから残された3ヶ月・・・きちんと今までの反省点や、様々な経験を生かして先を見据えて行きたいと思うのでした。


2008/01/08 (火) 23:08:51 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
始動・・・です。
4日・5日・6日とIdutsuyaは開いていましたが、町の様子もまだお正月気分・・・なんとなく道行く人もそぞろな感じでした。
そして明けて今日は7日月曜日。町の様子も一変しました。
朝のお掃除をしている時も通勤姿の見慣れた皆さんが声をかけてくださいます。仕事はじめかぁ。
そしてIdutsuyaスタッフもいよいよ始動です。
と思っているところに・・・
1
「所沢 もんぺ屋」さんが新年のご挨拶にいらしてくださいました。こんな素敵な着物姿で・・
早速スタッフが着物に興味深々・・
2
「あらぁ、この色いいわね」
「この裏はどんなになってるの?」
3
挙句の果てには脱がしちゃったぁ・・・
4
そんな「所沢 もんぺ屋」さんからのお年玉、おいしいキャラメルでした。ご馳走様でした。
5
今日も店の中の余りにきれいな熊手・羽子板に足を止められて入ってこられるお客さまがあります。みなさん、こんなに大きな熊手は見たことない!ですって。
6
さて、Idutsuyaスタッフの始動・・・いよいよ3月末閉店に向けて最後の自主企画の打ち合わせにも熱が入ってきました。今月の自主企画、12日の大谷篤志さんのライブ、15日のIdutsuya開店3周年当日の準備に加えて、2月末からの最後の自主企画の準備が今日から本格的に始まったのです。

そんな今日、また金山町のあるお店が今月いっぱいで閉店するという話を聞きました。
Idutsuyaスタッフで数回お邪魔したことの在るお店だったのでみんなでちょっとしんみりしてしまいました。
このほかにも近々閉店するという話が聞こえてくる新年です。

「ここのところみんな閉店しちゃうのね」
ぽつりとスタッフの言った言葉が印象に残りました。


2008/01/08 (火) 01:33:11 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
甘酒・出初式・大谷篤志さん
今日はお隣のコンセールタワーマンションの「出初式」朝10時から始まります。
1
どんなことをするのかと思いきや・・・放水!?水量豊富。
2
しかもかなり本格的な放水で、道行く人も思わず立ち止まるほど。
3
ここを歩いちゃずぶぬれでしょう。
4
そして、今日は甘酒サービス最終日。4日から3日間作り続けた甘酒もこれでおしまいです。朝からたっぷり作って皆様をお待ちします。
5
でも、あったかい甘酒が飲みたいなぁ・・と思うほど寒くない、小春日和の暖かな日となりました。甘酒が出るか?ちょっと心配です。
6
ところが、どうして、どうして、次から次に皆さんが召し上がりに立ち寄られます。店の前には何人もの方が「立ち飲み状態」です。みなさん甘酒片手におしゃべり・・初対面の方同士でいろいろな情報交換なさっているようでした。
「この近くに骨董屋さんないですかね?」
「今日は久米の水天宮に行くといいですよ」
「今日でしたっけ?」
「神明社さんは今行ってきたけどもうすいてましたから」
「とことこ市は引っ越したんですか?」
「場所知ってますから、飲み終わったら一緒にそこまで行きましょうか?」などなど・・・
7
「わたしもいいかしら?」「もういっぱいいただけますか?」甘酒は思ったより好評で、あっという間に一つ目のお鍋は空っぽになってしまいました。午前中は店番さんがいなかったため、ひとりでお客さまの対応に追われていたところ、店の前を通りかかった近所の0時計店のK子さんがお客さまに声をかけてくださったりお手伝いしてくださいました。助かりました。ありがとう・・・K子さん!
9
甘酒を飲み終わると殆どの皆様はそのまま店内の展示をご覧になられました。正月気分そのままの「熊手」「押し絵羽子板」は毎年の事ながらお客さまに大好評です。12月31日に自分が「酉の市」に出かけたことなど皆様と楽しくお話できました。
8
そして、いよいよ12日(土)には「大谷篤志 ワンマンライブ in 井筒屋町造商店」が開催されます。今日は午後2時と5時からの路上ライブの前に打ち合わせに立ち寄ってくれました。大谷さんにはなにしろこういう形態の店なので、外の音はがんがんはいってくるということ。≪ある意味路上と余り変わらないかな?なんて思えるような「音」の環境だけど≫また、アンプなどの使用がご近所への音の広がりを考えるとなかなか出来ないため、その点をどう対応するかなどはなしました。結論は当日リハーサルでやってみましょう!とのこと。ごめんなさい、わたしもどうしたらよいのか?検討がつかないんだけど精一杯大谷さんの「歌」が伝わるよう努力しますね。
スタッフIさんも途中から同席してくれてとにもかくにも「打ち合わせ」を済ませ、彼は2時からのライブに向けて出発しました。それにしても好青年ですね。最近路上で彼の歌声を聴いたお客さまがお店に見えて「大谷篤志」の魅力を語ってくださいました。
今日もJULEPSファンの方が2時からのライブを聞いてから店にお越しになったり、またJULEPSコーナーから5時のライブに向けて店をあとにされる方もいらっしゃいました。
JULEPSのまっつんが「いい歌なんですよ」なんて紹介してくれた大谷篤志さん、楽しみな土曜日の夜になりました。
11
今日も午後から店に来てくださったヒゲ爺は大忙し。丁寧にお客さまの対応をなさっていました。こちらのご夫妻はこの「ビル風の便り2」をお気に入りに入れてくださっているとのこと。「時々読んでいるんですよ」ありがとうございます。今日はお二人にご出演いただきましたよ。
13
スタッフMさんとひげ爺が今日とりに行ってくださった「所沢飛白研究会」からお借りした明治時代の絣の糸を染めるための道具なども展示されました。
10
今日のJULEPSコーナーのお客さまは6名。みなさん、この先のライブのスケジュールがJULEPSのHPやユニバーサルのPにないのが不安の様子。仕方がないので?今年の「レコード大賞」や「紅白歌合戦」の観覧申し込みの葉書の出し方を研究なさっていました。紅白って12月ですよね?

IdutsuyaスタッフもJULEPSファンの方を見習って少しは先を見なくちゃいけませんよね。反省!!


2008/01/07 (月) 01:31:06 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
繋がるidutuyaからの和・・輪・・
昨日に引き続き、今日も甘酒のサービスを昨年に引き続きいたしました。昨日は二名の女性スタッフが手伝ってくださいましたが今日は朝から一人・・・どうしようかな?たくさん作ってもそんなにお客さまが見えなかったら・・なんて思いながら島村酒店さんから頂戴した板糟を溶いていると・・・
1
「あら、良い香りね」店内にお入りになるお客さまがそうおっしゃいます。
昨日の経験から味を少し変えたのが大成功。今日はとても評判がよかった!
2
こちらの男性お二人はけん玉、南京玉すだれを懐かしそうに使っていラシャいました。
3
昼過ぎに見えたヒゲ爺はこちらのお客さまお二人とかれこれ1時間はお話なさったでしょうか?
4
こちらはちょっと平均年齢が下がる?みなさん。JULEPSファンの方たちです。でも、この頃はJULEPSファンの方とヒゲ爺などIdutsuyaスタッフ、またJULEPSファンの方と全くJULEPSをご存じないお客さまがこの店の中で出会い、おしゃべりをする機会が増えてきています。どこからどう繋がっていくのか私にもさっぱり分かりませんが、でも、確実に今までになかった世代の方たちのつながり・・・全く異なった興味を持たれている方たちがこの店の中で意気投合なさる場面に何度か遭遇しました。不思議な感じです。
5
夕方になってまたまた増殖しています、JULEPSファンの皆さん。
「あけまして おめでとうございます」
「今年も・・よろしくなんですけど、春からはJULEPSコーナーどこに行くんですか?」
本当に耳の痛い質問です。分かっていたらすぐにでもお知らせしたいのは山々なんですが・・・
12
これはIdutsuya向かい側の最近の姿です。(画像は秋田動画倉庫さんより)いよいよ真っ白い塀で覆われて今月からは取り壊し工事が始まることになるでしょう。この塀の中に「古谷採種園」「坂本屋洋品店」「割烹 内田屋」「ミシンプラザ」「とことこ市」が消えていきました。(とことこ市は今月10日から御幸町に新店舗で開店なさるそうです)
1
Idutsuyaが閉店した春以降、この白い塀の中には25階建てのマンションがどんどんと出来上がっていくのでしょうね。完成は見届けられないけど、またひとつ、古い町の顔が見えなくなり、新しい町の顔が出来ていくのでしょう。

尚、おかげさまで甘酒は好評のうちに終了いたしました。明日までお客さまには楽しんでいただく予定です。
2008/01/06 (日) 01:12:20 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
新年 明けましておめでとうございます
新年 明けまして おめでとうございます。いよいよ2008年の営業が始まりました。
ところで、新年明けてすぐ、多分一日の午前1時を回った頃でしたでしょうか?行ってまいりました。所沢神明社の初詣・・そして熊手の「面亀」さんの「酉の市」の様子です。
実は余りの人の多さにびっくり・・・カメラを構えるのもやっとの状態でした。でも、この熱気・・威勢の良い声・・三本締めの手を打つ音・・とても楽しい初詣でした。丁度宮司にもばったりお目にかかることが出来、ちょっぴり得したような気分にもなりました。
1

3
さて、今日4日、仕事始めの朝はこんなに晴れ渡ったきれいな空のもとで始まりました。
5
スタッフSさんがきれいにお掃除をしてくださっているところにスタッフNさんも加わって丁寧に仕上げていただきました。
7
わかりますか?JULEPSのファンの方もお見えなんですよ。
6
所沢小学校の6年生は昔の町の様子を勉強したいとお見えになりました。でも学校は8日からでしょう?確か始業式に提出じゃなかったっけ?
このあと所沢中学校の先生も店の写真を撮りにみえていましたっけ。
8
じっくり、ゆっくり店内をごらんになったあとは熱いお茶で一服。
9
こちらの木目込み人形のひなにんぎょうは2月16日からの講習会の作品です。
4
JULEPSファンの皆様、増殖中です。
10
みなさん、こうやって情報交換するのでしょうか?
12
これはJULEPSからも公式?年賀状です。JULEPSコーナーにおいておきますね。
11

2008年・・あと3ヶ月になった今こそ・・・思うところはたくさんあって。

12日(土)午後6時半から・・大谷篤志さんのライブをIdutsuya店内で開催する予定です。
ライブが久し振りですね・・・是非お越しください。6日には大谷さんとライブの打ち合わせをします。

2008/01/05 (土) 00:01:27 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
paper
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。