スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2007年 ありがとうございました
なんと言っても今年の特に後編の「ビル風のたより2」に頻繁に載った画像は、これ!JULEPSコーナーへのお客さまでした。今日最終日は「最後の日だからうかがいました」とか「年末のご挨拶に」とおっしゃる皆様が4組ほど尋ねてくださいました。
こちらこそ、お世話になりました。本当に楽しいこともたくさんありましたよね。来年もよろしくお願いしますね。
1
今日は28日。末広がり8の日はお飾り。お飾り・・・ヒゲ爺が門松やらお正月のポスターを貼り出してくださいます。スタッフSさんには店内に鏡餅やら木目込みの清水先生から頂戴した干支の「ねずみ」を飾っていただきました。
2
今年はおしゃれな松飾。
3
そして昼頃には毎年お世話になっている熊手の「面亀」さんが正月の飾り付けにいらしてくださいました。今年は土間にセッティングお願いしました。
4
一番右端が5代目「面亀」さん、明治3年創業だったかしら?日本で、いえいえ世界的に有名なお店が所沢にあるのはうれしいことですよね。この面亀さんが31日の除夜の鐘がなり終わるころから「神明社」境内でこの熊手の「酉の市」を開催するそうです。なんでも日本中で一番早い「酉の市」寒そうだけど必見ですね。夜の明かりに照らし出された熊手が並ぶ光景を想像するだけでも圧巻でしょう。
5
そして座敷には一昨日までここで「所沢羽子板市」を開催してくださった「所沢人形協会」の「別所人形」「小寺人形」さんから羽子板をお借りして展示いたしました。本当はあと10本程度並んでいるのですが本当に、きれいで、きれいで・・・ちょっと意地悪して、「来店なさらないとご覧いただけないように」してあります。是非、一度ご覧くださいね。
6
こうして、正月の準備も
7
着々と進み
8
新年4日からは
9
皆様をお待ちしております。

本当に今年一年皆様にはお世話になりましてありがとうございました。来年1月15日に満3周年をむかえるIdutsuya。そして3月には閉店をむかえるIdutsuyaです。残された3ヶ月を精一杯皆様に愛される店として、そして何よりも「中心市街地活性化拠点施設」としてこの寿町に店を構えてきた今までの時間を無駄にせず、次につなげられるようにより一層努力していきたいと考えております。

冷たい雨の中、Idutsuyaの2007年営業は終了いたしました。ありがとうございました。皆様良いお年をお迎えください。

尚、年賀状・・明日から書き始めます。皆様、遅くなってごめんなさい。

スポンサーサイト
2007/12/29 (土) 01:34:14 | きょうのできごと | TB(0) | CM(5)
繰り返すことの大事さ。
いよいよ、26日(水)所沢人形協会さんによる「押し絵羽子板市」も最終日になりました。それにしてもこのポスターは大人気でしたね。二期下に下がっている羽根もかわいいでしょ?
1
午前中、来月12日にIdutsuyaでライブをお願いしている大谷さんが「こころ」さんと一緒に店にいらしてくださいました。ライブのちらし用の画像やデータを届けてくださったのです。昨日もJULEPSコーナーにいらしたお客さまが「大谷さんここでやるんですか?是非聞きに来ます」と手帳にしるしを受けられていたり・・段々大谷さんの知名度が上がってきている感じですよ!篤志さん!?
2
こころさん、ごめんなさい。ぼけちゃった・・・撮り直し
3
OK!15日の開店3周年パーティーのときにも大谷さんには2・3曲お願いしてしまいました。楽しみですね。
4
こちらのJULEPSファンの方は日曜日の日芸の学生さんから頂いた「とっとこハム太郎」のBAGを手に満面の笑みです。
5
今日の「トリ」のお客さまには賑やかに、人形協会のみなさん総動員での三本締めになりました。粋だな・・・年の瀬の「音」でした。
7
撤収開始。もう二度とここで組み立てることはないんだな・・感慨深げなみなさんです。だってこの木枠一本一本にIdutsuyaの北何本目とか、西真ん中・・としるしをつけて設営の時に手間取らないように昨年の撤収時にこわしながらしるしをつけて準備していってくださったのです。Idutsuyaのサイズに切った木材がちょっと悲しいですね。
8
昨日紹介し忘れた「ミネルヴァ」のクリスマスリース。
6
いよいよ跡形もなくなってしまう。羽子板市でした。

最後に協会の皆さんと雑談。これは会期中何人もの方から、またお客さまからも頂いたのですが「来年以降も是非羽子板市を続けて欲しい、続けたい。」というご意見なのです。
今回来店なさりお買い上げ下さったお客さまの中には「昨年、ここでやっているのを見ていたから今年は安心してすぐに購入できた。やはり安心して買い物が出来るとうれしい」とおっしゃっていました。

やはり皆様に浸透するには3回は開催しないとなかなか覚えてもらえない。
つまり「年末には所沢で羽子板市がある」と言うことを定着させたいとおっしゃるのです。せっかく二年続けて開催してきた羽子板市。是非来年以降も継続的に開催して欲しいと思うのでした。
期間中来店なさったお客さまの約7割のお客さまが「何故、所沢で羽子板なの?お雛様なの?」という質問をされていました。
観光協会さん、来春以降はこういう皆さんの声を形にしていきませんか?なんて思ってしまいました。

Idutsuyaもが来月で3年たちます。なんのかんのと言われてもここで3年がんばって皆さんとやってきたことが少し浸透してきた気がしているところでした。その手段の一つとして「繰り返すことの大切さ」しみじみ実感した今回の展示でした。

Idutsuyaは27日定休日。28日に大掃除、正月飾りの準備をすませ、年末年始休業に入る予定です。新年は4日から・・・

ではまた28日に。おやすみなさい。

2007/12/27 (木) 01:43:20 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
Idutsuyaの2007年はカウントダウン。
今日も朝から寒い、寒い・・・この広いIdutsuyaの唯一の暖房は灯油ストーブ。これ一台で羽子板市もお客さまもスタッフも皆で温まります。ホカロンだって一枚じゃ歯が立ちません。なんていったって、足元はコンクリの打ちっぱなし状態なのでしんしんと冷えるのです。
1
今日のお客さまは、狭山市からお越し下さった視察?の皆様。JULEPSコーナにも目を留められていました。
2
午後、羽子板をお買い上げの女性は、FM茶笛の方でした。早速1月放送用のお話を小寺人形さんから聞きだすなんて、さすがにプロですね。
3
そして、夕方、向かいの「子供英会話 ミネルヴァ」の子供達がかわいいキャンディー付きの手作りリースを届けてくださいました。メッセンジャーの彼はどうも居心地が悪いらしく「メリークリスマス」も言わないで、ひたすら帰ることばかり考えている様子でした。

今日当たりになると町の中の様子はもうクリスマスではなく正月に入る直前の静けさ、世の中、イヴイヴとイヴがクリスマスってことなのかしら?25日のクリスマス当日がなぜか物悲しく感じられました。・・・そして、朝になれば正月飾りが町のあちこちで見られることでしょう。やっぱり日本って忙しいですね。

午後見えたJULEPSファンのお二人は今日の六本木のライヴが見られないと残念そうになさっていました。また地元で歌う機もきっと在ると思うよ。
でも、東京ミッドタウン・池袋サンシャイン・・そして六本木。この頃のJULEPSの行動範囲は今までの地元型から都会派へと激変しています。なんだか夢のよう・・・

さて、私は、昨日あたりから年末のご挨拶をする機会が増えてきました。今日もいつもいらしてくださるお客さまが「良いお年を」とわざわざいいに来てくださいましたし、道行く(良く知っている)お顔も「年内はいつまでやってるの?」「年明けはどうするの?」とお聞きになります。

こうやってこの店の中でご挨拶する年末は今年が最後。たくさんの思い出が頭の中を走ります。あと2日・・Idutsuyaの2007年はまもなく終わるのですね。

羽子板市も明日が最終日。もっともっとたくさんの方に見ていただきたかった・・・ちょっと後悔の6日間でした。


2007/12/26 (水) 01:28:46 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
祝!!10万枚突破!!夢じゃないのね。
1
あら?久しぶり・・FM茶笛の増尾さんじゃないですか?今日は取材に来てくださったのですね。
2
今日のお相手は「長谷川人形」さん、少し緊張気味かと思いきや、増尾さんの質問にもすらすら答えていらして余裕さえ感じられましたね。
3
最後に記念撮影!多分この画像はFM茶笛の増尾さんのブログにも採用されているかもしれませんので、そちらもチェックしてみてください。
又このあとは読売新聞の取材もはいり明日の朝刊には載せてくださるようです。これも要チェックです。
4
JULEPSコーナー・・・今日はイベントがないからかな?お客さまが二人。お菓子を作って来てくださったのでそのあと集まったファンの皆さんでおいしく頂きました。そのあと偶然店の外に出たところにもう一人のファンの方が・・またまた差し入れです。忙しいのにありがとうございました。
5
店に戻ると、どんどんファンの方が増えてきている。こんどもまたまた「おみかん」や「おまんじゅう」の差し入れを頂いてしまって。
6
最後は突然の「Idutsuyaクリスマスパーティー」状態でした。頂いたお菓子とみかんとお茶で盛り上がる。盛り上がる。お手製のお菓子も本当においしかったですね。
ところで、皆さんの話題は?当然、昨日のTOKYO MIDTOWNと池袋サンシャインの二箇所ライブのはしごの話。本当にJULEPSはもちろんのこと、ファンの方も体力が必要になってきたようですね。

そして、もう一つの話題はデビューシングルCD「旅立つ日」が10万枚を突破したというBIGなものでした。当初、ファンの方がここに集まっては
「なんとか二万枚売り上げないと駄目なのよ」とか
「オリコンチャートINするために所沢以外のお友達にも紹介して買ってもらおう」などわがことのように真剣に作戦を練っていたのがまだ2ヶ月前のこと・・・本当に夢のよう・・と言う言葉はこのために在るように感じるほどです。

「春以降、JULEPSコーナーはどこにいくんですか?」
「なくなるのは困ります」
こんなお声を頂くとうれしくて、ありがたくて感謝してしまいます。
今日もファンのお一人が羽子板を求められてお帰りになりました。数日前のファンの方もお買い上げくださいました。毎回ファンの方達はいらっしゃる度に、展示なさっているものに興味をもたれたり、主催者と交流なさったりと、まさにJULEPSコーナーに来なければ経験できなかったこと、ご覧になれなかったことなどを経験なさっているようです。

いまやJULEPSコーナーはJULEPSがいなくてもファンの方達の間でしっかり根付いてきたようにさえ感じます。

ここにくるまでは引っ込み思案で人と話すことが苦手だった人。辛いことがあって人に会うことが嫌だった人。どうしても人の輪にはいれなくて、何時も「一人だった・・・」と悩んでいた方・・・そんな方皆さんが彼らの歌声に引き寄せられるようにこの場所に集まり、ここでファンの方達と出会い、いつしか旧知の友人のように楽しそうにお話をされている姿が印象的です。
ここでしか出会えなかった。ここだからこそ出会えた。JULEPSがつなぐ「ご縁」ですね。

今日集まったファンの方たちだって、中一から高三、社会人、主婦のかたと本当に幅広い年代の方が、楽しそうに話をされているのでした。

Idutsuyaが架け橋になってこられたこと、もっと架け橋の役割を果たさなくてはいけなかったこと。今までを振り返る総括?を1月15日の満3周年を迎えるにあたりきちんとすべきですね。

2007/12/25 (火) 01:17:14 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
若いっていいなぁ・・・
1
心配していた雨が・・・思ったより小降り、しかもまもなく上がりそうな気配。日芸の演劇学科の時授業本番当日の朝は、こんなレインコート軍団が町中を歩き回っていました。
2
そして、まもなくIdutsuya店内でブリーフィング。私はPCの前から動けない。店のスペースに対して人口密度が高すぎる。皆一台のストーブの前をキープしたくてなかなか動かないのです。寒かったもんね。今朝は・・・
4
吉村家具内の特設サテライトスタジオでは11時のONAIR前のチェックに余念がありません。
6
本日お休みの「こども英会話 ミネルヴァ」の前では商店街からお借りしたテントを張ってスタンプラリーの受付です。
7
良く見ると吉村家具サテライトスタジオ前にこたつが?でも、ここって駐車場ですよ。
9
こたつむり?このあたりから私には理解できない世界になって行きそうです。
8
この周波数で商店街の在る区間だけでは電波がつかまるのだとか?もちろんIdutsuyaにはびんびんはいってきました。
21
「こたつむり」越しのサテライトスタジオ。
10
こちらはスタンプラリーの第1ポイント 麻彦商店、ここでクイズに答えて先へ進みます。
12
第2ポイントは東京堂時計店。ここは暖かくてしかもお菓子つきだって・・なかなかおいしい?お仕事の担当者です。
13
ヤマナカスポーツではご主人(おじいちゃま?)も出ていらしてくださってしばらくおしゃべりしてしまいました。
14
第1ポイント 麻彦商店を通りの反対側から写しました。
15
そして、銀座中央公園ではラーメン販売。これが結構おいしくて評判でした。
16
これが第4ポイントのカフェプミラ・・・ここの担当者はコーヒーなんて頂きながら・・・いいねぇ。私が代わりたかったなぁ、今日一日。
17
通りの反対側から見たIdutsuya。あと3ヶ月。ちょっとしんみりです。
18
さて、サテライトスタジオでちょっとだけ放送に参加しちゃいました。今回の総責任者Yさん、あれこれ手配するは、パーソナリティを務めるはで大変でしたね。お疲れさまでした。
19
サテライトの外からは吉村家具のわかさま?ファミリーが心配そうに覗き込んでいます。
22
そして、今日新たな魅力を世に知らしめた商工労政課 そうです、役所の方でIdutsuyaのスタッフでも在るHさんがこのあとサテライトスタジオの放送中にブレークしたのでした。役所にこういう人達だけがいたら楽しそう良いですねっていわれたけど、こういう人達だけでも大変かもしれない。世の中バランスが大事なんですよね?!(満足げなH氏の横顔)
20
夕方4時過ぎ、無事に全てのイベントは終了し撤収に入ります。今回は先ほどのお店の他にもヘアーサロン・オザワさんやら、すだれやさん、新むさしさんなど銀座商店街はもちろんのこと、燃料やさんやら麺(ラーメン)のお店などにも様々な形で協力いただいたそうです。地域の協力ってありがたいですね。
23
そして忘れてはいけない「羽子板市」昨日の夕方あたりから電話でIdutsuyaの場所を尋ねられることが多くなりました。
24
きれい!
25
圧巻!
26
来年以降も所沢の町のどこかで残していきたい「所沢の年末の風景」ですね。

そんなわけで金曜日の荷物搬入から続いた日芸のイベント(授業)も終わり、Idutsuyaは明日は通常の月曜日を迎えます。そして今週の金曜日28日で年内の営業を終了する予定です。
今年最後の「所沢 羽子板市」どうぞ、一度ご覧ください。

そういえば、心なしか道行く人が少なく感じたのは3連休の真ん中というだけではなくJULEPSが都内二箇所でライブをしたからでしょう。きっとたくさんの市民ファンの方が所沢をでちゃったからなんでしょうね。ちょっと残念でした。

2007/12/24 (月) 01:03:10 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
雪でも降るのかしら?
今朝はどんより、曇り空・・天気予報では雨か雪ですって?確かに重い曇り空で町を歩いている人の姿がいつもより少ないようです。そんな朝は、埼玉新聞の取材からスタートです。
2
今日は一日中、Idutsuya店内が慌しく人の出入りが続きました。朝11時過ぎには突然早稲田学生さんがお越しになり、たまたま居合わせたスタッフMさんとM田さんから商店街の話、町の歴史を聞いていらっしゃいました。
「私はこの店が開店する前から立ち上げのメンバーとしているんだけど、それはそれは開店前も大変だったのよ」とM田さん。これは私も知らない開店前の苦労話。立ち上げのメンバーのみなさんが今日までIdutsuyaにかかわってきてくださっているからこそ,現在の形になってきたのでしょう。学生さんも興味深そうに真剣に聞いていらっしゃいました。
1
そして、もう一つの?店内には、この寒い中いらしてくださったお客さま。
3
ご自分へのご褒美に・・・
4
お孫さんへの贈り物に・・・用途に応じた羽子板選びに所沢人形協会のみなさんのアドバイスが役立っています。お客さまが安心なさってお気に入りをお買い上げになっていかれます。
5
早稲田ではなく日芸の学生さんもいよいよ明日になったイベントの準備に大わらわ、朝からIdutsuyaとFMラジオのスタジオの会場である「吉村家具」さんと「所沢銀座中央広場」そして、お隣の「ふらっと」の4点をいったり来たり・・・まるで忍者屋敷のように、あっちから来たかと思えば、今度はこっちから男子学生がなべを持ってあらわれ・・・カセットデッキを提げた女子学生が来たかと思えば・・・最後は何人の学生さんが出入りしたのかわからなくなっちゃった。
写真は吉村家具さんに出来上がった特設「サテライトスタジオ」
6
再び、羽子板市・・・
熱心にお孫さんへの贈り物を探していらっしゃるご夫婦が印象に残りました。
7
明日も雨交じりのお天気とか・・・でも店内は温かくみなさまをお待ちしております。実は今日お買い上げ下さったお客さまがデパート経由でIdutsuyaに来てくださったのですが、種類の豊富さや生産者ならではのきめ細かな説明を聞いて、尚かつ価格も納得して買えました!とおっしゃってくださったのは、ちょっとうれしかったです。

羽子板市、日曜日は日芸のイベントで賑わうでしょう所沢銀座通商店街「井筒屋町造商店」で開催中です。


2007/12/23 (日) 01:16:14 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
Idutsuya、2007年最後の一週間です。
1
17・18・19日と浅草 浅草寺での「羽子板市」を終えられて、今日は所沢 井筒屋町造商店に移動してきてくださいました。
2
そうです。昨年に引き続き所沢人形協会の皆さんによる「所沢 押し絵羽子板市」の開催です。
3
今日は終日、会場設営、羽子板の搬入と作業日でしたので、Idutsuyaの看板も店の中にいれたまま、そんな午前中は人形協会のみなさんの作業が始まる前にスタッフSさんと一緒にガラスを磨いたり大掃除。そんな中、JULEPSファンの高校生が終業式帰りに店に立ち寄ってくれました。
「あの、女の子達どうしたの?」
「JULEPSのファンの方なんですよ」
「へぇ、そうなんだ。あそこにいるだけでいいの?」
「ええ」
「?????」
4
会場が少し形になってきた昼頃には 所沢銀座協同組合のスタッフの方が「謹賀新年」の貼り紙を持ってきてくださいました。まだクリスマス前なのに謹賀新年かぁ・・・毎年感じる「日本の年末の慌しさ」です。
6
ん?今日の午後はお店番さんはいないのに、だぁれ?
7
明日23日に、ここ銀座通り商店街でイベントを予定なさっている日大芸術学部の演劇科のみなさん。みなさんの準備の品物で蔵の中はパンク状態。明日もまだ荷物が増えるみたい・・・フフフどうなるかな?
8
さて、店の中は大分形になってきました。昨年設営した経験がものをいったそうで、昨年よりずっと早く羽子板を飾れるようになりました。
9
ほらほら、どんどん増えてきましたでしょ?
10
そして、夕方には華やかに、賑やかに皆さんの自慢の羽子板が店内狭しと並びました。今日は飾りつけだけの予定でしたのに、もうお客さまが見えて、早速一本お買い上げいただきました。冬の寒い夜、暖かな光の溢れる店内に、たくさんのきれいな羽子板・・・これはだれだって足を止めて見たくなりますね。
11
さて、先ほどの日芸のイベントはこちら!
12
この周波数にダイヤルを合わせてください。そして出来れば臨時サテライトスタジオとなる「吉村家具」さんまでお遊びにいらしてください。
13
スタンプラリーもあるそうですよ。
私は早速JULEPSのCDをお渡しして放送中に流してくださいよ!とお願いしてしまいました。だってこの所沢銀座商店街のなかでのイベントでいまやこの「JULEPS」に触れないなっておかしいですよね?なんて言っちゃって。

さて、今回の羽子板市・・Idutsuyaでの最後の開催となります。皆様、今年最後のIdutsuyaの一週間をどうぞゆっくりお楽しみください。

お、今NHKの「ミュージックジャパン」という番組の中でJULEPSが歌っていた。確か一昨日あたりはTBSでも歌っていたような?年明け1月にもNHKのゴールデンに出演が決まったと聞きました。すごいなぁ、JULEPS。明日は市民体育館での卓球大会の中でライブがあるそうです。地元と全国区、がんばってますね。


2007/12/22 (土) 01:00:36 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
またの機会を待っていますから・・・
Idutsuya向かい側にわたって、横道に入っていくと・・・
1
割烹 内田屋さんがあります。
6
昨日、ブログの中に登場したお店の正面です。
2
この石灯籠はどうなるんでしょう?
3
この「木守り柿」だけがこの家の様子をじっと見てきたのですね。たった一個だけでじっとこの家を守っているような。悲しいほど赤く熟した柿の実です。
4
さて、ハンドクラフトジョイの皆さんの一週間が今日で終わりました。今週は特に寒い日が多くて、外を歩く人の姿もまばらでしたが、来店なさるお客さまは口々に「手作りの良さ、うまさ」に感心なさっていました。
「クリスマス前に本当によいものを手に入れることができました」と感謝の言葉も頂きました。
7
片付け終わって、代表のHさんが一言。「来年はどの場所で貸しスペースをやられるのか、決まりましたか?私たちは次の機会を待っていますからね」
8
切れ長の着物姿の女性のポスターは土曜日から始まる所沢人形協会の「羽子板市」のご案内です。人目を引く大胆なポスターに皆さんの期待は高まります。

Idutsuyaは明日定休日です。久し振りにがらんとした店内が余計寒く感じてしまいました。

そうそう、今日は定休日の看板を出さずに、ハンドクラフトジョイのみなさんに頂いた「生のクリスマスリース」を飾って帰ってきました。いまどき手作り生のリースだなんて豪華なものですよ。


5


2007/12/20 (木) 00:47:36 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
元気な声・・そして又一つ消えてゆく町の歴史
本当にこの頃気温が低くて、たまりませんね。朝店の前を掃いていても手がかじかんでかじかんで・・・・
でもこの頃在る楽しみがあるのでなるべく決まった時間は外に出ているようにしています。というのは・・私がここにきてまもなく3年ですがその間に幼稚園に通い始めた子供達が何人かいました。それぞれ最初は人見知りだったり、泣き虫だったりでしたが今は殆どの子供が「おはようございます」とか「いってきます」と私に声をかけて幼稚園バスの停留所まで出かけて行きます。
でも、ある女の子だけこの数年の間どうしても声を聞くことが出来なかったのです、が、つい二週間くらい前だったでしょうか?下を向いて店の前を掃いていたら明るく元気な、大きな声で「おはようございます」と声をかけられました。振り向くと、その彼女だったのです。びっくりしました。ある日突然だったし。それ以来、毎朝のように彼女の元気な「おはようございます」が朝の店の前で聞けるようになりました。なんだか、こういう子供達の声やお隣のフィットネスに通われる皆さんや反対方面、駅に通勤なさる皆さんとご挨拶するのが楽しみになっているわたしです。

当たり前の「おはよう」や「いってらっしゃい」だけど。でも、なんだか、一日が楽しくなるひと時です。
1
そして、今日のJULEPSコーナーは朝からお客さまが続きました。この頃のみなさんはすーーーっと店に入られてきて黙ってコーナーに寄られそのままご自分のペースで「JULEPSとの空間」を楽しむ方も増えてきました。
5
こちらは常連さん?
2
ヒゲ爺の「どうぞ、いつまでもいいからゆっくりしていきないさい」という言葉で、何時間いたっけ?というお嬢さんたち。本当にここにいるだけで幸せ!!って感じです。
3
幼稚園バスをお迎えに来た子供達が必ず店に寄ってくれます。当然お迎えの弟君もベビーカーごと来店。今日はハンドクラフトのみなさんにかわるがわる抱っこしてもらってご満悦のようす。
4
外が寒い分、一度来店なさるとしばらくスタッフの皆さんと話しこまれて楽しそうになさるお客さまがいらっしゃいます。
6
学校の友達と二人で来店のJULEPSファン。ふくろうが気になっていました。

そして午後6時閉店のため、店の前にだしてある「Idutsuya」の看板を片付けていると「こんばんは」振り向くと所沢小学校の女子!4名が黄色い旗なんて持って下校途中です。この頃は暗くなるのが早いし、こんなに暗くなってからの帰りは怖くないのかしら?
けらけら笑い声を立てて楽しそうに帰っていく後姿を見ていたら、「そんなの関係ない!」様子ね。
でも気をつけて帰りなさいよ!!

そしてハンドクラフトジョイの皆さんは明日が最終日となります。(いえ、もう今日19日が最終日です)
まだお越しにIなられていないお客さまは最終日、お見逃しなく!!
そういえばスタッフの方に「明日象の背中のDVD見せてくださらない?」といわれていましたっけ?

なんだかこの頃の店の中は「貸しスペースの皆さん」「JULEPSファンのみなさん」が合体しているような雰囲気です。ファンの方が貸しスペースの方とおしゃべりして、お買い物して、貸しスペースの方がファンの方からJULEPSの話を聞いてCDを買いに行かれたり・・・不思議な交流が生まれています。

そうだ、これからJULEPSがTBSに出演するはずだっけ?起きていられるかしら?心配です。

そして、今日はもう一つ・・
Idutsuya向かい側にあった「割烹 内田屋」さんがいよいよ18日、皆さんがお店をあとにされる日となりました。丁度内田屋さんの前を通りかかりましたらご主人と奥様にばったりお会いしました。
「今日が、いよいよ最後。引渡しの日なんですよ」と奥様。
振り向くと目を真っ赤になさったご主人が。
「なんだかこうやって見ると悲しいね」と建物をいとおしむようにながめていらっしゃいました。
「もう、今日が本当に・・・最後なんですよ」
返す言葉もない私にご主人が指をさされてこうおっしゃいました。
「ほら、あれ見てくださいよ。なんだか見守ってくれてるみたいでしょ?」
ご主人が指指す先には一本の柿の木が、真っ赤に熟した大きな柿を一つだけ携えてしっかり立っていました。
「木守り柿?」
「もっと奥にはいい柿がたくさんなっていんだけど、もうあんな木、もっていくところもないしね」
夕日に映えて一層赤く、熟しすぎてしまった柿の実。この実が自然に落ちる頃には今年も終わっているのでしょうね。

ご主人が「危ないから靴をはいたまま入ってみなさい」と最後に店の中をごらんなさいといってくださいました。
今年のお正月、新年会で初めてお邪魔した二階の大広間。ここで芸者さんたちが宴の席を盛り上げていらしたんですね。鯉が泳ぐ一階の落ちついた個室。なんだかこんなところにいたら文豪気分だね・・なんて話していた奥の小さな個室。私の靴音だけが響いて不思議な空間でした。本当にこれで最後なんだ・・・

所沢の歴史がまたひとつ、町から消えていきました。




2007/12/19 (水) 01:40:24 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
考えながら、進むこと。
1
ゆっくり店内を見渡すと、今回は様々な展示の工夫が見られます。
2
これは展示なさったことの在る方だと分かるのですが、この限られた空間の中で、限られた材料で如何にご自分達の作品をより素敵に見せる(魅せる?)かが大事なんですよね?
3
机の使い方。机の配置。今回の皆さんは本当に研究なさってうまくIdutsuyaの空間をお使いいただいていると思いました。
4
一足早く羽子板も見えますね。実はこの羽子板はご高齢のおばあちゃまの手作りとうかがいましたが、来週22日(土)からはIdutsuyaで昨年に引き続き「所沢 羽子板市」が開催されます。昨日(17日)から始まった浅草 羽子板市が終了したら所沢に移動、展示・・となる予定です。そうぞお楽しみに。
5
さて、大変遅くなりました。
ありおくん、やっとお花屋さんから正しい「ありおくんへ」のカードが届きました。本当にごめんなさい。今度お目にかかるときにお渡しします。
6
そして、昨日お約束した「寄せ書きを見ている写真」をJULEPSコーナーに貼り出しました。是非ご覧ください。
7
このコーナーも来月で丁度一年になるんですね。今年の二周年パーティーの日にメンバーが(ありおくんが風邪で休みでしたけど)顔を出してくれたことが遠い昔のようです。来年の3周年派ティーにはもう来てもらえないでしょうね・・
8
今、JULEPS展を終えて、様々なことを考えています。実は、今日も半日、今回の企画展でお世話になった皆様へのお礼のご挨拶に出かけてきたのですが・・・行く先々で様々なご意見等頂くことができました。これはむしろ会期前にご協賛、ご協力をお願いに上がった時に強く感じたのですが・・・
Idutsuyaって何をする「店」なのか?
Idutsuyaは何を目的としているのか?
Idutsuyaはだれのために在る「店」なのか?
Idutsuyaが出来たことによって何が変わったのか?
Idutsuyaはこの町に必要なのか?
本当に沢山の????が投げかけられました。

今の私には明確な答えなんてとてもかけません。
これが少し前の私だったら落ち込む材料にとっていたかもしれないけど、最近の自分の中では・・こうやって様々な声が聞こえたと言うことは、様々なご意見を伺えたことは?ちょっとプラスにとれるようになってきたのです。

まず今回初めてIdutsuyaから長い時間外に出て多くの方と初めてお会いできたことによって、直接お声が聞けたこと。皆さんも直接話す相手の顔が見えたからこそ、今まで感じていたことを正直にお話くださったのではないでしょうか?
たとえ、正直とまで行かなくても確かに何かを伝えようとしてくださいました。

そしてなによりも興味のないIdutsuyaだったら、どうでも良いIdutsuyaだったら何も言われなかったのではないでしょうか?
少なからずご意見を下さった方になんらかの気になる部分があったからこそ、ご意見がいただけたのではないでしょうか?

まったくの無名の店がこんなご意見を頂けるようになっただけでも3年の成果があったのかなぁ?
どこかのリーダーのMっつんではないけど「超+思考」に今回の経験を捕らえることにしました。

あぁ、またこんな時間になっちゃった。JULEPS展の開催前から、いえいえ、伝の会の三味線ライブの頃から時間の感覚が妙にずれてしまっています。

今日は羽子板市のポスター作らなくちゃ。おやすみなさい。

2007/12/18 (火) 01:58:34 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
お待たせしました。お約束のJULEPSの楽屋写真です。
多分今日はこの冬一番の寒さに違いない。首を引っ込められるだけコート襟の中に入れて早歩きで店につくと隣はどうやら地鎮祭の様子。そうかぁ。今日は大安。何かいいことあるのでしょうか?
1
ハンドクラフトジョイの皆さんもこの寒さに戸をあけることも出来ず、さりとてお客さまが入ってくださるには開けっ放しにはしたいし・・お困りのようでした。
3
ほら、ほら、こんなにクリスマスムードでかわいんですもの、是非見にいらしてくださいな。
4
今朝一番のお客さまはO先生。このごろいらしてくださってもなかなかカメラにおさまるチャンスがなかったので久し振りにパチリ!お隣は来週の土曜日から始まる「所沢 羽子板市」のポスターを持って来てくださったおもちゃのすだれやさん。ポスターといったって、ちょと手直ししなくちゃ貼れねぇよ!って、やっぱり私が直すんですよね。
5
今日はなぜかJULEPSファンの方が続々いらっしゃいました。
3
最初のお客さまはここでもう一人のファンの方と待ち合わせ。
6
お次は黒尽くめのお二人組。
7
そして夕方には高校生5人組。
8
そんな夕方、JartsのMさんがミューズロビーに展示したパネルを届けに来てくださいました。すると居合わせたファンのみなさんが大興奮!!「わぁ、JartsのMさんだぁ」
9
それからはMさんを囲んで楽しいお話会。私は今回のJULEPS展でご協力下さったみなさまへのお礼状等の準備のためにPCと皆さんの間を行ったり来たり・・・

実はスタッフIさんが今日は朝から一日中、このお礼状に添えるJULEPS展の画像を印刷してくださっていたのです。しかも自宅で・・・JartsのMさんもボランティアで働いてくださっているというお話でしたが、IdutsuyaのスタッフもIさんのように月曜から土曜まではお仕事でいつも夜や休みの日に、こうやって自宅での作業を手伝ってくださることも在るのです。これは他のお勤めしているスタッフについても同じことが言えます。JULEPSもIdutsuyaも本当にそういったボランティアスタッフに支えられてきたんですね。

それは、そうと・・・Mさん、お願いしていたものはありますか?
おっと、忘れてた!!
10
というわけで、JULEPS展の<期間中に皆様に寄せ書きしていただいたものを13日のミューズ月1コンサート当日にJULEPSのメンバーの楽屋に届けた・・という証拠写真です。今日はこの写真を届けに来てくださったというわけなのでした。Mさん、ありがとうございました。
2
なかなか真剣に読んでる様子。
3
この写真は近日中にJULEPSコーナーに貼り出しましょうね。
4
そんなことを言っているうちに店の中に小さな悲鳴が!「きゃぁ、ありおくんだ!」
有尾君?ちょっと私は例の花のことがあって・・・会いにくいかな・・・
5
うわぁ、まっつんまで。
6
あとはもう、書くまでもなし。(お二人ともオフの素顔気にしてましたけど、オフの日だって素敵ですよ!)
7
Mさんが気を使ってくださりありおくん、まっつんと写真撮ったら?握手したら?
実は今日Idutsuyaスタッフの会議の日で、その中で「JULEPS展反省会」を開く予定だったので余りのタイミングのよさにびっくり。結局、みなさんには申し訳なかったのですがお二人がいらしてからは短い時間で(丁度閉店時間も過ぎていたから)お帰りいただいて、まっつん、ありおくんにも展示の感想などうかがうことが出来ました。

伺うと言えば、一番気になっていたこと。
「ありおくん、あの、花についていた名前なんだけど」
「あれ、結構気に入って・・」
と携帯を私に見せてくれました。あの「あおりくんへ」の画像を。
「面白いから取っておいてあります」
がぁぁぁぁん、今日も再度花屋さんに電話して「早くありおくんへ・・と書き直したカードを送ってください」とお願いしていたのを居合わせたファンの方も聞いていたのですが。
人の名前を間違えるのはやはり如何なものでしょうかね?お花屋さん!!
ありおくんの面白いから・・と言ってくれた優しさに感謝でした。でもちゃんと「ありおくんへ」が届いたらそれを渡しますからね。ごめんなさい。
8
最後に・・初めてかもしれないけど、こんな一枚を撮ってもらいました。MさんともJULEPS展が終わりこれからは滅多にお目にかかる機会もなくなりそうなので記念写真を撮っていただいたのです。
Mさん、みなさん、本当にお疲れさまでした(ちなみにMさんは大学の後輩だったことが判明したことがJULEPS展での副産物でした?お互いにびっくり・・・そしてよくよく顔を見て・・・その昔は会ったこともなかったことも判明)

その後、まっつんたちが帰られたあと、idutsuyaスタッフは反省会と今後の話を...気がついたら22時でした。
あぁぁ、JULEPS展も月1コンサートも・・・本当におわっちゃったんだなぁ。



2007/12/17 (月) 02:54:04 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
ハンドクラフト展はとにかく楽しい!!
とにかく、今回も「ハンドクラフトジョイ」の皆さんの展示は楽しさてんんこもり!店内くまなく見ていたつもりでも、よくよく見ていくと、まだ見たことのない作品にであって。本当に宝探しの店内です。
2
飾り付けが完了したと思っても、またまた新しい作品が届くとすぐに追加展示。これじゃぁ、ハンドクラフト・・のスタッフの皆さんも種類が多くて覚えきらないんじゃないのでしょうか?
2
さて、JULEPSコーナー・・・今日も健在です。
こちらのファンの方は「ハンドクラフト・・」が気に入られたようで、お買い物をしてはこのコーナーに戻りしばらくおしゃべり・・・再びハンドクラフトでまたまたお買い物・・・を3回も繰り返していらっしゃいました。
実はハンドクラフトジョイのメンバーの中に「タイの里親の会」のかたがいらっしゃいまして、今回もタイの皆さんの手作りの作品を販売なさっているのです。タイで作品を仕入れて日本で販売したそのお金を再びタイに持ち帰り、子供達に学校や寮を作る・・・こんな説明を聞いたファンの方はタイ製品をたくさん購入してくださいました。
「どうせ、どこかで買うのならここでそういった目的のあるものを買うほうがいいもの」この言葉にはじんときました。ありがとうございます。
画像にはありませんが、南稜中でのコンサートを聴いてから・・とおっしゃるファンの方が初めてIdutsuyaのよってくださいました。
「これがうわさのJULEPSコーナーですか・・・」
JULEPS展にどうしても来られなかったんです。と、13日の月1コンサートにいらしてから、Idutsuyaにもお越しくださったようです。
1
夕方になると、もう一人・・・又一人・・と皆さん13日のコンサートの余韻をひきづったまま店にそぞろに集まってしまわれたようです。話題はJULEPS展の話にコンサートの話、そしてこれからのライブの話やテレビ出演の話・・・・・なんだかメンバー以上にスケジュールが過密な様子ですね。体を壊さないでくださいよ。
3
こちらが先ほど話にでた「タイ製品」の数々
4

3
こんな、かわいい作品もクリスマスプレゼントにいかが?ですって。

2007/12/16 (日) 02:32:19 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
ハンドクラフトジョイ初日のBGMはJULEPS
まずは、夕べのご報告から。12日まで開催されていましたIdutsuyaでの「JULEPS展」の中の寄せ書きコーナーに書いてくださった皆様のメッセージを昨晩のミューズに直接私たちスタッフがお届けする計画でした。が・・ミューズで急遽Idutsuyaでのパネルを<展示していただけることになったりで、結局Jartsのみなさまにお願いしてメンバーに渡していただくことになりました。この様子を写した写真は年内にはご覧いただけるかと思いますが、JULEPSコーナーに貼りましたらまたブログでお知らせしますので少々お待ちくださいね。
11
さて、このポスターを見るのこ今回が最後。
12
分かりますか?この行列。これでも会場時間をかなりすぎているんですよ。最後尾がまだ見えない。
20
列の最後に並ぶとここにつくまでにどのくらい時間がかかるのか?でも皆さん笑顔。笑顔・・・すでにJULEPSマジックにかかっているみたい!!
13
ロビーには「JULEPS展」でのパネルを飾っていただいたのですが、沢山の方が熱心に読んでくださっていました。
14
ちょっと、感動。思わず解説したくなる「おせっかい」の悪いくせを抑えるのに苦労しました。
17
ここに並んでいるお花はIdutsuyaからメンバーに贈るJULEPS展へ協力してくださった感謝の気持ちです。
15
まっつんへ
14
おかちゃんへ
16
めぐちゃんへ
19
あおりくんへ?
18
ほらぁ、やっぱりあおりくんだ!!今日お花屋さんに思わず電話してしまいました。
「あらまぁ、ほんとう、どうして間違えたのかしら!?」ですって。
近日中に「ありおくんへ」を送ってくださるとのこと。有尾君、すみません。今度「正確なありおくんへ」をお渡ししますね。ごめんなさい。

そして・・・
1
今日からIdutsuyaの展示は「ハンドクラフトジョイ」の手作りの作品展示販売に変わりました。店には生のリースを飾りすっかりクリスマスバージョンになっています。
5
飾り付けの大半の時間をクリスマスのデコレーションに費やして。
6
こんなにかわいい店に成りました。

明日はみなさんの作品をご紹介しますね。

ところで、飾り付けを始めた朝9時半ころ・・・店の中でJULEPSの「旅立つ日」を繰り返し流していたら、ハンドクラフト・・のメンバーのお一人が
「今朝もこれをずっとかけていたから頭の中でこの歌がまだ流れているのよ」とおっしゃいました。彼女は「JULEPS展」の最中にCDを買われたのです。

実はこのハンドクラフトジョイの皆さんとJULEPSはこのIdutsuyaであったことが在るんですよ。ハンドクラフトの方から確かタイ製の携帯用ポーチを4人それぞれに頂いて・・
「がんばって、デビューしてよ」とか
「応援してるから有名になったら教えてよ」なんて声をかけていらしたような気がします。

でも、あの4人がですね、デビューしちゃったし、有名にもなってきちゃいましたよ。ハンドクラフトの皆さん!
2007/12/15 (土) 01:19:50 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
JULEPS旅立ちの日
今日は、昨日までのJULEPS展でお借りしていたトルソ(衣裳を着せたマネキン?)をお返しの準備のために店に出かけました。Idutsuya定休日の木曜日は回りの商店街の店もお休みの所が多くて、何時も寂しい気がします。そして、今日は特にがらんとした店内が寒すぎて・・昨日までの熱気がうそのようです。

午後1時過ぎ、明日からの展示をなさる方が大きな荷物を搬入なさいました。そして、15分すぎには、市役所のスタッフHさんが先ほどの「トルソ」返却のために車で来てくださいました。このHさんは今回の展示では本当に大活躍してくださってこの企画を支えて下さった重要なお一人です。

そして午後6時半・・・
所沢市民文化センターミューズでのJULEPS最後の月1コンサート大切な人ひとへ・・の最終回に出かけることになりました。勿論、企画のメンバーも全員各職場からミューズに集まりました。

車で着くなり、青い光のイルミネーションに飾られたミューズの広場に何重にもお客さまが並ばれていたのにはびっくりしました。なんでも一番乗りのお客さまは前夜の3時前にはもう並んでいたとか・・2000名入るホールはとうとう満席となりました。もうすごいの一言です。

ホールに入るとロビーには昨日までIdutsuyaに展示してあったパネルが並べられていて黒山の人だかり。皆さん真剣に読んでくださっているのです。これには大感激。こちらに飾っていただいて本当に良かった。よかった。
すると、一人の若いお嬢様から声をかけられました。
「IdutsuyaさんではもうJULEPS展やっていないんですか?」
また高校生には「今度行ってみたいんですが場所はどこですか?」
わたしがIdutsuyaのスタッフとわかって皆さんが色々聞いてきてくださるのです。うれしいことですね。

コンサートの内容は、私がここで書くのは控えますね。とても口では言い表せそうにもないくらい素敵なものだったから。

そんなわけでJULEPS展の最終日の翌日が月1コンサートの最終回と思い続けていたことが本当に無事に終わって・・・といいたかったのですが。最後に私らしい「おち」がありました。

実は今日のコンサートに際してメンバー一人一人にIdutsuyaから大きな花かごをプレゼントさせていただきました。ロビーに置かれた花かごは皆さんに
「素敵ね」
「すごい、メンバー一人一人にあるよ」
「色違いでかわいい」などと褒めていただいたのですが、それぞれの花かごに付けられていたメッセージカードをみてびっくり!!
「めぐちゃんへ」
「おかちゃんへ」
「まっつんへ」まではよかったのですが、なんと最後の有尾くんのカードに違和感があったのです。
「ありおくんへ」が「あおりくんへ」になっている。
「なぁに、あおってるんだろうね。受け狙いかね?」
お客さまの声に頭が真っ白になりました。

「ありおくん」ごめんなさい。なんで「あおりくん」なんだろう?
家に帰って急いで注文用紙を調べたら・・よかったぁ。ちゃんとありおくんになっている。ってことはお花屋さんがうっかり間違えたんですね。
よし、明日にでも、この花屋さんにJULEPSのチラシを持っていこうっと・・
「とりあえずJULEPを覚えてくださいよ!」ってね。

今夜こそ、JULEPSが本当に所沢から旅立っていったような、そんな気がしてしまうのです。
2007/12/14 (金) 00:20:45 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
JULEPS展の閉幕はクレッシェンドでした!
最終日の朝は、開店直後からお客さまが続々と来店なさいます。
相変わらず「たたえよう」のPVはまっつんのメッセージを読んでからスタートすると・・店の中がシーンと静まり、皆さん、真剣にモニターをご覧になります。
1
うまくいえないのだけど、このPVを見ていただくことによって、一層「旅立つ日」を歌うJULEPSの魅力を再確認できるように思うのです。歌に込めた思い、歌に込める心・・・これを伝えようとする力強さがJULEPSが神様から授かった最大の魅力なのでしょうか?
2
展示もこんなに沢山の方で賑わっています。みなさん、何度も何度もご覧になっては、また戻り・・・一枚、一枚のパネルをご自分の思い出と重ね合わせるように丁寧にご覧になります。
3
そして最後のPVの上映会では・・・
4
こんなにたくさんのかたが・・
5
JULEPS展を惜しむかのように見入っていらっしゃいました。
6

閉店後、どのくらい時間が経っていたでしょうか?一本の電話がIdutsuyaにはいりました。
「松山です。今日はそちらにうかがえなくてすみませんでした。今日まで本当にありがとうございました。」
短かい電話でしたが、まっつんの気持ちをしっかり感じることが出来ました。
メンバーに会えないことはとても残念だったけれど、ファンの皆さんは今メンバーがどんなに忙しくなってきているかを一番良く理解してくださっているはず。だから、この電話を頂いたことをここに書いてファンのみなさまに、そんなJULEPSの気持ちをちゃんとつたえましょうね。

この6日間、ご来店下さった皆様、本当にありがとうございました。またお越しくださらなくてもメールやお電話を下さった皆様も感謝しております。
おかげさまでJULEPS展は約830名のお客さまが来店なさった大変賑やかな企画となりました。
Idutsuyaという100余年の建物の中で、これから羽ばたき飛び立つ若い4人を精一杯のエールで送り出すことが出来ましたことを心より感謝いたします。
JULEPS展は今日で終わりますが「JULEPSコーナー」はまだまだ来年3月の閉店まではございますので、いつでもお遊びにいらしてください。
さ、明日はミューズ月1コンサートの5回目、最後です。期間中このIdutsuyaのなかで知り合われたたくさんのJULEPSファンの皆様が再び会う夜が来ますね。
8
あぁ、明日からはこの4人が店の中にいなくなっちゃうんだ・・・

2007/12/13 (木) 00:45:48 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
最終日のJULEPS展、お見逃しなく!!
いよいよ今日12日は「JULEPS展」最終日になります。連日多くのお客さまにご来店いただき感謝です。
そこで、今日はJULEPS展の扉を開けて店内を少しご案内しますね。
1
Idutsuyaの扉には白いカッティングシートでJULEPSの6文字が貼られています。

1
遠くから見るとこんな感じ。
2
すぐ、順路に従って入り口はいって右へ。
3
今回の展示のイントロダクションです。ここにJULEPSがJULEPSになった瞬間?の私達がまっつんから伺った話の中で一番インパクトの強かった話が紹介されています。
4
その隣には、彼らを応援して来てくださった、企業、福祉関係、個人のみなさんのご紹介コーナーもあります。
6
その下には4人それぞれの「私物コーナー」や今までのチラシなどをご覧頂いてます。
7
振り向くとそこには4人のプロフィールやJULEPSになるまでの〈結成までの)お話が。
10
裏に回って、昨日ギタリストの高橋さんがいらしてくださいましたが(実は今日の夕方も来店なさったんですよ。詳細は、彼のブログ≪アマチュアギタリスト高橋史典の公式サイト≫をご覧ください→左下リンク集にあります。是非ご覧ください。JULEPSの事を書いてくださっています。〉IdutsuyaでのJULEPSのコンサート,おととし6月の1回目、昨年6月の2回目・・などの様子がパネルで紹介されています。
11
その反対側には所沢市内で彼らが活動した場所を地図の上に赤丸でしるしをつけて分かりやすく展示。そして、ミューズでの月1コンサート、デビュー決定へとストーリーを展開していき
12
最後は2000人のお客さまが聞いたというサンシャインの噴水広場でのミニライブ。と繋がって行きます。
9
店の正面には大きく「JULEPS デビュー記念展 序章への軌跡」とあり、その下に4人の衣裳。奥の座敷には沢山の写真と13日の楽屋に届ける「寄せ書きコーナー」があります。
13
今日の「たたえよう」のPV上映会でも毎回沢山の方が真剣にご覧になっています。
15
ちょっと悪戯ショット。夜暗くなった店内を外から写しました。しかもJULEPSの白いカッティングシート越しに。「E」
14
「S」
16
そして「ジュレップス」

明日は6時までです。皆様最後のチャンスをお見逃しなく!
2007/12/12 (水) 01:10:33 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
思いを込めた企画です。
1
あら?朝から男性のお客さまお一人あった瞬間。どこかでお目にかかったような?
2
「高橋さん?」
高橋さん、いえ、高橋君だ!すごーーーい、二年ぶりにあえちゃったぁ。
さて、彼は一体どなたでしょうか?(答えは最後に・・・ヒントは彼の後ろの展示です!)
10
ところで、この足、足、足・・一体何があるのでしょう?
3
今度は、椅子、椅子・・・
4
皆さん、「たたえよう」のPVをご覧になっているのです。今回、松山さんからのじきじきのコメントを添えて上映しているのですが、多くの方思わず涙ぐまれ、改めてジュレプスの魅力に触れたとおっしゃってくださいました。
5
お母様が展示をゆっくりご覧いただけるようにスタッフが赤ちゃんを抱っこしています。
実は今朝、あるお客さまからお電話を頂きました。
「昨日JULEPS展にうかがいましたが、本当に楽しくて、もう一度伺いたいです。また、お店のスタッフの方が親切に応対してくださって本当に嬉しかったです。どうぞ、お体を大切に、風邪などひきませんように・・」そんな内容でした。
本当に心温まる嬉しいお電話でした。この内容を今回お手伝いをお願いしているスタッフの方に伝えると彼女の眼から大粒の涙が・・・「そんなぁ、当たり前のことをしただけなのに」そんなことを言っているような目です。
相手の方が喜んでくれるような、それは自分がそうしてくれたら嬉しいな・・と思うことを他人にもして差し上げること。当たり前のことを当たり前のように感じて行動してくださる。本当に素敵なスタッフに恵まれた展示になりました。
6

7
かわいいお二人はメッセージカード作りに余念がありません。
9
さて、冒頭の男性・・・高橋さんの答え。
それはJULEPSがIdutsuyaでの第1回目のコンサートに出演した時の共演の方、ギタリストの高橋さんです。彼はこの二年前のコンサートの日以来二回目の来店でした。JULEPS展が開催されていることを知って学校に行く前に店に立ち寄ってくれたのです。
そうです、あのコンサートのときは大学1年生だった彼も3年生になり、今は大学院に向けて猛勉強中。しかもギタリストとしての活動も続けていらっしゃるのです。
メッセージカードの中身は内緒?
でもこんなことを話してくれました。
「今は「音楽」を「音・学」・・のおんがく・・つまりまなぶことだけになっていることもあるけど。JULEPSは音楽を本当に音を楽しんでいると感じました。いつか「旅立つ日」を楽譜にしたいんだけど(例えばドにシャープ4っつ?とか、いっぱいついている)難しいんですよ。」

このあと、たまたま1回目のコンサートにいらしていたと言うお客さまも来店なさり、店内は昔話に花が咲きました。Idutsuyaの短いけど歴史を感じた一日でした。

そういえば、何度も何度もアニメーションを見せてください・・・とおっしゃってモニターの前に座っていらしたご婦人二人組。無事にCDショップにいらっしゃったでしょうか?
「この絵と歌声がマッチしている」
「この声がいい」と涙ぐみながら、いたく喜ばれてお帰りになられていきました。

心を込めた展示を心掛けてきたつもりですが、そのスタッフの思い、関係者みなさまの思い、そしてなによりもメンバー4人の「皆様に、お伝えしたい、御礼を申し上げたい」という気持ちがちょっとは伝わったような企画になれたかな?
2007/12/11 (火) 02:08:46 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
折り返し点通過。あと三日だぞ!
期間中、唯一の日曜日です。朝から午前中にかけては来店者数も少なく、ちょっと拍子抜け?そこで、ちょっと道路の向こう側に行って、Idutsuyaを撮影してみました。
うーーむ、まさに「IdutsuyaまるごとJULEPS」ですね。
ここ数日、道路の向こう側からこちらにカメラを向ける方が多かったのもうなずけます。なかなかいいでしょ?
1
そんな時、スタッフIさんが「面白い物が見えますよ」と店の外で手招きしています。ほんとだ!分かりますか?信号待ちする車に「JULEPS」の文字が写るんです。これは面白い・・・
5
ご自由にご覧くださいコーナーにも写真がたっぷり。
3
朝の一番空いている時間の様子。
2
モニターでは今日から「たたえよう」のPVをちょっとだけ流させていただきました。
4

6
これは何に使うの?
7
答え「ウォーリーを捜せ!」ならぬ、自分探しをしていただく時の大事なツールです。例えば、このサンシャインでのライブの写真一階から四階まで写っている迫力在る写真なのですが、お客さまの興味はなんと、どこに自分がいるかを探されること。ここで・・
「あ、いたいた。」
「え?どこ?」
「ここここ、ほら、こっちには××ちゃんもいる」
「ほんとだ」
こんな会話がこのサンシャインの写真の前だけでなく店内いたるところに貼って在るライブの様子を写した写真の前で聞こえるのです。そこで登場したのがこの「虫眼鏡?」これがお役立ちアイテムとなりました。
8

さ、余すところ月.火.水の三日間となりました。初日約200名のお客さまは土曜・日曜と160名強の来店者数に落ち着いてきました。ただ、来店者の人数はともかく、その滞在時間が長いのが今回の展示の特徴のように思えるのです。じっくり展示をご覧になり、また少し戻って読み返されたり、奥の座敷でJULEPS宛のメッセージを書かれては、ここで出会われたファンの方とおしゃべりなさったり・・・
とにかく1日に二回いらっしゃる方は何人もお見かけしますし、毎日いらっしゃるお客さまもいらっしゃいます。

13日、月1コンサートの日に楽屋にお届けしようと計画している寄せ書きはどんどんその枚数を増やしていっています。今、Idutsuyaにお越しになれないお客さまにはmixiでメッセージを受け付けております。是非、お寄せくださいね。

さて、今回は初日の金曜日から、土曜、日曜日といつもと違うスタッフがたくさん応援に来てくれました。役所からも、お手伝いを含め三人が・・このほかにも仕事を早退して駆けつけてくれたスタッフもいました。みなさん、平日仕事をお持ちでお休みの日を返上していらしてくださいました。本当に感謝です。

さ、あと三日・・がんばるぞ!!



2007/12/10 (月) 01:21:15 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
JULEPSの魅力とは?
12月8日・・暖かな日差しの差し込む朝・・JULEPS展2日目の朝が始まりました。今朝は昨日のようにお客さまがどっとお見えになることはありません。午前中には30名もいらっしゃらなかったので、今日はこのまま静かに過ぎるのかな?と思っていました。
それにしても土間に写る「JULEPS」の影文字。素敵ですね。
4
アップでお見せできないけど。
1
本当に皆さん、こんな感じです。じっくり、ゆっくり、何度でも。
3
お宝?直筆です。
2
午後に入ると・・・
5
このパネルは評判が良くて「娘に東京でやってる展示会みたいだから見に行ってらっしゃいよ。といわれたので見に来ました」というお客さまがいるほどです。
6
混雑。
7
でも、皆さん楽しんでくださっているようでほっとしました。
8
メッセージ書き込みコーナーも盛況です。
9
結局、初日の約200名に続き、8日の土曜日は170名ほどの方が来店くださました。全く持って感謝です。
でも・・何故、これほどまでにお見えになるのでしょうか?デビュー5周年とか、10周年だとなれば展示するものもそれなりの内容のものが揃うのですが、正直、今回は何を展示したものか?とかなり悩んだのは事実です。デビューまでの軌跡といったって、そんなに資料もありません。衣裳と言ったって・・ね!?展示内容についてはかなり苦労したのは事実です。それでも連日こんなに沢山の方が見える・・どうしてでしょう?

それは魅力でしょ。「JULEPSの魅力ですよ!」どうやらあるお客さまのおっしゃったこの一言に尽きる気がしました。Idutsuyaスタッフがカメラを構えているお客さまを見かけたので「店内撮影禁止」の旨をおつたえしたそうです。するとそのファンの方は「気がつかないでごめんなさい。」と本当に素直に謝ってくださって、かえって自分のほうが恐縮したくらいだと言っていました。そして、これがまさにJULEPSの魅力なんだろうとも。「JULEPSが皆さんのことを思いやるようなそんなJULEPS」だからファンの方もみなさん、こういう方たちなんだろうと・・・

実は今回の展示の中に「たたえよう」のPVがあります。このPVに関しては開催前からまっつんとも、皆様にお見せする方法について何度も話していましたが、昨日、彼からメッセージが送られてきました。
「このメッセージをモニターの所において、みなさんに読んでいただいてから見ていただいてください」と・・
多分一日のうちに数回程度の上映になること思いますが、今日から皆様にお見せすることにいたします。

たぶん、そこにはJULEPSのJULEPSたるゆえん、思い、原点・・などが閉じ込められているように感じました。

そして、これこそが彼らの魅力であり、この思いを感じ取ってくださっているのがファンのみな様なのでしょう。
「たたえよう」の誕生が「蕾」を経て・・そして現在の「旅立つ日」に続くJULEPSそのもののようにも感じました。

今回の展示会・・もしかしたら目でご覧になるものよりも、肌で感じていただく彼らの魅力が展内に漂っているのかもしれませんよ。

この展示は12日水曜日まで続きます。

2007/12/09 (日) 05:32:37 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
JULEPS展 始まる!
すがすがしい青空の下、ついにJULEPS展の幕が開きました。いらしてくださるお客さまにIdutsuyaの場所が分かるように残された「JULEPS デビュー記念のバナー(旗)も青空にくっつきり映えています。
1
大きなポスターが車の中の方からも良く見えるようで、信号待ちする車の中からの目線はみんなこっちに向いています。
2
7月にこの展示をしようとメンバーと話したときの「Idutsuya、まるごとJULEPS!」という言葉がまさに叶ったような外観になりました。この白い文字を貼る作業にはこの商店街の方も加わってくださり、まさにみんなの手で作り上げていった感じの「企画展」となりました。
3
朝、10時開店前に、数名のお客さまが外に並ばれましたが大きな混乱もなく、スタッフ皆で穏やかな出足にほっとしました。
4
そんな朝早くJULEPSに追いつけ、追い越せ!と若手ミュージシャン・・のお一人「大谷さん」がJULEPSへメッセージを届けてくださいました。これからバイトなのにありがとうございました。そういえば、JULEPSの中にも知り合った頃はバイトしているメンバーがいたなぁ・・
5
こちらのお嬢様はママが展示をじっくりご覧になる間、IdutsuyaスタッフSさんとすっかり仲良くなってひなたぼっこです。
6
今日だけで、4社の新聞社関係の取材が入りました。
8
一時間もたたないうちに店の中には次から次に人が入られてきました。
9
かっこいい!といわれている展示の一部です。
10
こちらは今回のこの大きなポスターを無償で作り協賛してくださった地元「Kファクトリー」の皆様です。ありがとうございました。店内もゆっくりご覧頂感謝しております。
11
実は、今日は午後2時からと3時から、所沢駅の近くの本屋さんで「絵本 象の背中」の発売記念サイン販売会があったために、店は1時半頃から3時過ぎまで殆ど人がいらっしゃらない状態になりました。が、3時をすぎたころから続々、駅方面からの人の流れがIdutsuyaの押し寄せてきました。
期末試験帰りの高校生のみなさん!
12
こちらは手作り感たっぷりのコーナー。メンバーの直筆のものや、子供の頃の写真もあります。また今回の企画に賛同してくださた「協賛企業」のみなさまのご紹介もあります。
13
そんな、初日の今日嬉しいことは・・・まず、今朝の大谷さんのようなミュージシャンの方がたくさんメッセージを届けに来てくださったこと。写真を撮り損ねたけれど、ASSYさん、ROAD FERIENDS、こころ、清水わかなさん・・・などなどそして閉店後は「LIVING」のお二人も店に届けに来てくださいました。みなさん、JULEPSに続け!とばかりに精力的にライブ活動をなさっているようです。頂いたメッセージとともにそんな彼らのライブ情報もお知らせするコーナーもありますので、こちらも是非ご覧くださいね。
Yさんも、何回も店に足を運んでは、「これってちょっとお宝じゃない?」なんて楽譜を持って来て下さったり、ありがとうございます。しっかり展示させていただきましたね。14
そんな初日は、約200名のお客さまが来店なさいました。200名って・・・想像より混乱もなく、混雑感もなくお客さまにはゆっくりご覧いただけたような気もしております。
相変わらず、ここに来たことによって、ファンの方同士が知り合われたり、今日の本屋さんのサイン会のこともこの店にいらしてお知りになり、急いで会場に行って間に合った方がいらしたりと、・・・まさにIdutsuyaが情報の行きかう良い場所になっている気がしました。

また、今日嬉しかったことの一つに、近隣の商店街のかたがご家族連れで展示を見に来てくださったことがありました。こんなにたくさんの商店街の方が来てくださったのは多分初めてのことではないでしょうか?
まさに、皆で応援しているという今回の企画意図が目に見える形になっているようで嬉しくてたまりませんでした。

隣のマンション一階の「スープセット」がおいしい「ハーヴィー」さんは今回の期間中1000円のセットを800円にしてくださるチケットを毎日限定20名さま分出してくださり、今日だけで10名以上の方がお食事にいらしたそうです。食事後店に帰ってこられたお客さまは「おいしかったぁ、こういうおいしいお店があるなんて知りませんでした」と、とても喜んでくださいました。
向かいの「カフェ プミラ」さんでも期間中、「JULEPS展 記念ランチ」を作ってくださったり・・・と本当に近くのお店の方も今回の企画展を盛りあげてくださっています。

さ、今日、明日の土曜・日曜・・・どんな出会いがまた、この店の中であるのでしょうか?
今日お手伝い下さったボランティアスタッフの皆様も、まだ5日あります。よろしくお願いしますね。
またお帰り間際に「一度じゃもったいないから、又きます」と何人もの方から頂いた言葉を無駄にしないよう、気持ちよくご覧いただける展示を心がけますね。

ところで、P-theaterにみなさん、いかれました?またまた素敵な楽曲が聴けるようになったのですね。
この曲にちなみ、「JULEPS展」がますますしり上がりに盛り上がりますように・・・「クレッシェンド」になりますように・・・


2007/12/08 (土) 03:42:24 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
急がないと・・・JULEPS!!
今夜はまだまだidutuyaにおります。
1
昼間、今日は定休日なのですがちょっといいかしら?
2
だれ?どこかで見たような3人?いえいえ頭が見えませんよ。
3
外にも大きなポスターが貼りだされました。
4

5

6

7

8

9
23時を過ぎました。まだ何人ものスタッフが展示準備に追われています。今日はこのあたりで・・・ごめんなさい。

そして、12時を回った頃・・まっつんとおかちゃんがやってきました。ちょっと喜んでくれてたみたい。実は日付変更線を越えた頃からわたしはぼーーーっとしていたけど、しっかり証拠写真も撮りましたよ。
明日、いえ、今日のあと8時間半後のOPENまでにまだまだやりたい事が・・・

今、家に戻りました。みなさん、明日いえ、今日からの1週間ですからね。お待ちしております。

それから・・今夜お手伝い下さったスタッフ・関係者の皆様、本当に遅くまでありがとうございました。また様々な形で今までご協力下さった方・・皆様に心から御礼申し上げます。
精一杯のIdutsuyaから発信する「所沢の町中のみんなの応援メッセージ」をわたし達なりに形にしましたので、是非楽しみにしていてくださいね。
2007/12/07 (金) 01:29:46 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
ついに、まもなく・・・JULEPS!!
今日は、来年2月に開催予定の「瓢箪展」の打ち合わせから始まりました。今回は「ひょうたんでつくるお雛さま」という体験教室もあり、またまた楽しみな展示になりそうです。ひょうたんクラブのお二人・打ち合わせお疲れさまでした。今度は見本のお雛さまをお持ちになるお正月明けにお目にかかりましょうね。
1
さて、「フルムーン展」には今日もお客さまがお越しになります。暖かな日差しの中で、先生のお作りになったお湯飲みでお茶を頂きます。
2
こちらは久し振りに衝立が開いて中の様子が見られたIdutsuya隣のマンション建築予定地です。わぁ、こんなに広かったんだ・・・
3
ここに10階建てのマンションが2棟立つのですね。
4
商店街のバナーもいよいよクリスマス。もうまもなく今年も終わりになるのです。実感だぁ・・・
5
さて、JULEPS展も、いよいよ7日スタートです。今日はこんな特大の看板も届きました。
7
7月の七夕の頃・・まっつんたちにいった言葉を思い出していました。
「ねぇ、12月にIdutsuya店内まるごとJULEPSやらない?」
「まるごとですかぁ?」
「そう、地元のみんなで応援しているっていう企画はどうかしらね?」
自分では思い付きで言ったつもりはなかったのだけど、実際に実現するまでには多くの賛同者と協力者がいてくださり、いまや、言いだしっぺのわたしは何も出来ないので、周りのみなさんに作り上げていただいたようなものになっています。
それにしても、彼らを応援する人たちの多さ、暖かさ、その熱意。園どれをとっても立派な話になるようです。

でも、そのどの話の根底に在るものと言うのは・・・やはりJULEPS本人達の実力と人柄と・・・ここに書ききれないほどのものが在るのだからだと思います。
8
JULEPS展は7日から12日まで朝10時から夕方6時閉店です。今日(6日)もIdutsuyaは定休日ですが、わたしは展示準備で他のスタッフやボランティアの皆さんとがんばってきます。

2007/12/06 (木) 00:32:31 | きょうのできごと | TB(1) | CM(0)
サインポールの色も変わりました。
お隣のサインポールの色が12月から変わりました。寒い冬に暖かな色のサインポールを・・・ヘアーサロンオザワさんの優しさが感じられるこの町の風物詩のひとつです。残念だけど今度このサインポールの色の変わる4月には私たちはここにはいないんですね。ちょっと悲しくて、暖かな赤いサインポールです。
でも、山ほどの落ち葉を履いているとわたしの背中に大きな声で「いってまいりまぁぁす」と声がかかって行きます。幼稚園バスのバス停に向かう子供達から寒さに負けない元気な声で挨拶をしてくれるのです。
「いってらっしゃい、気をつけてね」
毎朝、店の前で見られる幼稚園の子供達とお隣のコンセールタワーにあるフィットネスクラブ「アスリエ」に通われるみなさん達との日常の一こまです。このフィットネスに通われる方たちとも朝と,人によってはお帰りの時にもご挨拶だけのお付き合いをするのですが、それにしても随分長いお付き合いになりました。中にはご挨拶だけでなく帰りには必ず店を覗いてくださる方も増えてきたんですよ。これもまもなく3年たつIdutsuyaと町のみなさまとの歴史の一こまですね。
1
さて、こちらは最近のJULEPSコーナーに届けてくださった写真の一部です。サンシャインのライブの様子。
2
こちらは後楽園ラクーンの様子だそうです。こうやってみなさんが写真を届けてくださるので、どこにも行ったことのない私なのに、いつしかその会場にいたようなそんな錯覚を持ってしますのでした。
3
こうやって見ると益々賑やかなJULEPSコーナーですね。
4
ここに毎日平均2名から3名のお客さまがお見えになるのです。今日も4名の方が見えました。お互い顔も知らない初対面の方同士でも、この場所で、ここにいればすぐに仲良くなられていく・・不思議な場所ですね。
5
さて、あのエメラルドグリーンのフラッグ〈バナー)も商店街の空から下ろされて
6
きちんと袋に入りました。どうなるのでしょうか?それは「JULEPS展」を楽しみになさってください。
7
今日も、沢山のJULEPSを応援してくださる方と出会いました。今週は特に連日普段はお会いできないような「偉い方?」にお目にかかったり、初めて先様をお尋ねしてお目にかかったり・・とわたしにとっても緊張の連続でした。
8
そして、今日のサービスショット。本当はもうひと方、Mちゃんも見えたのですがシャッター切るチャンスがなくて・・・ごめんなさい。こちらのOちゃんも、Mちゃんも大きなマスクをして風邪をひかないよう?喉を痛めないように保護なさっているようでした。

ほんと、インフルエンザもついに流行宣言されたようだし。気をつけなくちゃ。

皆様、体調に気をつけられて、是非7日からの展示を楽しみになさってくださいね。



2007/12/05 (水) 01:04:42 | きょうのできごと | TB(0) | CM(2)
まもなくクリスマスはやってくる。
今日も、「フルムーン展」からは明る笑い声と賑やかな気配が伝わってきます。初日はあんなにたくさんの陶器や書が並んでいたのに、今日気づくとなんだか隙間がたくさんできているような気がします。
みなさん、本当に楽しそうに作品を見ていらっしゃいますよね。
1
いよいよ今週7日の金曜日からは「JULEPS デビュー記念展~序章への軌跡~」が始まります。ここのところ、その準備に追われているわたしは、今日は日榮会の事務所まで出かけていき、いろいろご協力をお願いしてきました。
駅前のプロペ通り商店街では交番上のプロペビジョンで「JULEPS」のCMを流してくださっているし、ファルマン通り商店街ではいつも「JULEPSの旅立つ日」が流れているし、銀座通りには例のJULEPSバナーが数日前までかかっていました。
2
今日もJULEPSの新聞記事やら、ライブでの写真をファンの方が持って来ては他のファンの方が見やすいようにきれいにしていってくださいます。
3
そんな中、ご両親さまかしら?
「へぇ、ここなの?」
「そう、ここがJULEPSコーナーよ」
みなさんのお話を盗み聞きしていたらちゃんとこの「Idutsuya」のことも話してくださっているようで
「綿の糸を扱っていた店なのよ」なんて言葉も聞こえてきました感謝です。
4
夕方きた「ありお君ファン」の彼はおねえちゃまと一緒に丁寧に時間を掛けてメッセージを書いてくれました。

そんなとき、どこからか、クリスマソングが聞こえきました。
急いで外を眺めると、あの「毎年、恒例のコカコーラの真っ赤なトラック?」でした。何回も店の前を通るたびに「キャァ」とか「わぁ」なんて叫んでカメラを持って店を飛び出すのに、信号で止まることがないからすぐに目の前を通過してしまう・・・とうとう、カメラに収めることは出来ませんでした。
真っ赤に光る車の後ろをマフラーをなびかせて追っかけていく子供達の姿が印象に残りました。

クリスマスかぁ・・・
閉店後の店内でスタッフIさんとJULEPS展の準備をしている時、ふと、今回の展示がこの店を尋ねてくださる「JULEPSファン」の皆様全てへの少し早めのクリスマスプレゼントになるような心のこもった展示になりますように・・とついつい祈ってしまうのでした。

2007/12/04 (火) 01:21:29 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
あと4ヶ月。振り返ることも必要なはず。
朝、歩いていくと思わず立ち止まる風景に出くわしました。今まで、見たことのなかった光景です。
1
Idutsuyaに向かって左側のビルの解体工事がいよいよ終わりころになり、今までビルの陰で見えなかった「井筒屋町造商店」の姿が見えるようになったのです。コンセールタワーマンションの階段から取った写真です。
2
そんな朝は毎度お馴染みの「落ち葉履き」かが始まります。お隣のヘアーサロンオザワのおばさまと
「本当に毎朝良くたまるわよね」なんていいながら、この落ち葉と悪戦苦闘。履いても、履いても、風向きによってはほんの数時間しかきれいになっていてくれない。店の入り口はすぐ吹き溜まりになってしまうのです。で、これは今朝の収穫。これで少ないほうかな?
3
明日からまたまた寒くなるとか?こんな時期には「ハーヴィー」さんのスープセットが食べたくなりますね。と言っても、まだ行ったことがないのです。スタッフの話によると「おいしかったわよ!女性にはいいわよ」とのこと。いってみたぁぁい。
4
そして、こちらのお客さまは・・・しばらく写真をご覧頂いた後おしゃべり。この町のこと、町の造作のこと、これからのこと。所沢の人って・・なんていう話。
「この場所に3年近くもいて、これと言うことが出来なかったようでつらい」と話したら・・やさしく
「僕は今日ここに来られただけでも感動だったよ。あんまり考えないほうがいいよ」と声をかけてくださいました。
帰り際、店をあとになさる彼の後姿を見て他のお客さまが
「あのかたって、となりのトト○の?」
「そうですよ」
優しい口調の中にも確固たるご自分をお持ちになっていらっしゃる・・頼もしい方ですね。わたしこそ、改めて感動でした。
5
夕方、居合わせたスタッフと思わずIdutsuyaとは?の話になりました。

Idutsuyaの自主企画一つとっても、本当にただ自分たちの自己満足に終わっていないものだったか?
回りの商店街との連携を考えたものだったのか?などなど・・・

やはり今までの3年間の検証はすべきことではないのでしょうか?なんて。

実はここ一ヶ月の間に、4-5件の貸しスペースの予約希望のお話を頂きました。残念ながら来年3月までは全ていっぱいになっているとお断り申し上げているのですが、皆さん、一様に「所沢にはギャラリーがないんですね」とおっしゃいます。なくはないのでしょうけど、確かに所沢駅からこの界隈までざっと見ると「ギャラリー」は少ないかもしれない。これも、大事な皆さんからのお声ですね。

3月閉店までのあと4ヶ月。日々動いていく中で、振り返らなくてはならないことも多いと感じています。それなくしては先に進むことも出来ないナァ・・・と・
2007/12/03 (月) 01:06:57 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
さすがに眠い・・・
「今の所沢では珍しいかもしれませんけど、うちの田舎ではこういう蔵はまだまだありますよね」
「そうそう、うちの田舎にもあるねぇ」
「でも店蔵ってところが違うんですよ」
ふと見るとうちのスタッフではなくS新聞のHさんがお客さまに蔵の説明をしてくださっています。
なんだか、面白くてしばらくお二人のやり取りを聞いていました。何回も取材にいらしてくださっているうちに、なんだかIdutsuyaのこと詳しくなってきてる。
1
今日もフルムーン展にはたくさんのお客さまがお見えになりました。
3
花器・器・茶碗などなど・・私は書より陶器が面白くてその色彩・形・絵柄に見入ってしまいました。
4

5
皆さん、楽しそうですね。
6
あら?今日はこっちで書いてるの?
8
JULEPSコーナーはいまや机の上も皆さんからの写真やメセージで満員状態です。そこで、今日はこちらに移動して書き込みしてくれています。がんばれ!受験生!!
7
これだけペンがあったらきっとかわいいメッセージなんでしょうね。あとで読ませてね。
2
こちらは、どなた?
9
あれ?後楽園から帰ってきたんだ。今日のサービスショットです。
10
なんだか、風邪っぽいのかな?まっつんのことも気がかりですけど、残りのメンバーも気をつけないと・・忙しい上に、この気温の低さが続くと体調崩しますよね。プロなんだからってよく言うけど、プロも人間だしね。とにかく、用心に越したことはないでしょう?暖かいもの食べてゆっくり休んで暖かくして眠る。それしかないかな?A君!!
11
そんなこと言っている我々も体調に気をつけないと。今夜もスタッフ初め協力者の皆さんで集まってJULEPS展の準備です。なんだか次から次にやることが思い出されて・・・結局今夜は店で解散したのが日付変わって12時過ぎ・・・ちょっとほろ酔い加減の商店主の方がIdutsuyaの格子戸から中を覗かれていきました。また遅い時間にJULEPSへの応援メッセージのことでわざわざ駆けつけてくださる方もいらっしゃいます。本当に多くの方に支えられている今回の企画。なんとか無事に初日が迎えられますように・・

それにしても、毎日毎日、メンバーのことをまとめた文章を読んだり、今日のA君のようにゆっくり話をする機会が増えてきたら、知れば知るほどJULEPSがいとおしく、うまく表現できないのだけど、今まで以上に身近に感じられるようになってきました。

デビューが決まって手の届かない遠くに行ってしまいそう・・・とあるファンの方が話していたけど、逆に姿が見えなくなってしまったら身近に感じられることも出てくるのかもしれないナァ・・・そんなことを考えながら今夜もJULEPS展の夢を見ることになりそうです。

2007/12/02 (日) 01:08:27 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
フルムーンは鮮やかに・・・
本日より始まりました「陶と書のフルムーン展」店に入った瞬間に、鮮やかな色彩に目を奪われます。1
陶器はご主人さま、奥様が書と店内にそれぞれの作品がバランスよく配置されています。これもお嬢様お二人と一緒に展示なさったためでしょうか?展示にもご家族の気持ちがこもっているようでした。
2
午前中、展示の準備をなさり午後1時に開店。私は例のJULEPS展のことで午後は店を出たり、入ったりしておりましたが、いつ帰ってきても満員のようでした。
3
午後4時閉店の予定でいらしたのですが、結局はお客さまが続き一時間遅れての閉店となりました。
4
この展示会は5日〈水)まで開催予定です。
皆様、是非お遊びにいらしてください。

さて、JULEPS・・・なんだか、来月13日のミューズコンサートの方も大変になってきたようですね。ミューズチケットカウンターでの売れ行きがテレビの出演のたび?あのサンシャインのライブのせいで?いずれにせよ、チケットの売れ行きがぐんぐん伸びてきているようですよ。

詳しいことは分かりませんが、今まで当日チケットを購入していた方も今回は出来たら早めに入手したほうがいいのかしら?なんて思います。

実はこのIdutsuyaにも、今回の「JULEPSデビュー記念展」のちらしをご覧になってミューズのチケットが購入できると思われた方のお問い合わせが多くなってきています。
チケット販売は現在Idutsuyaではしておりませんので、ご了承ください。ぜひミューズチケットカウンターにお問い合わせいただきたいと思います。

いよいよ一週間をきった「JULEPS展」
なんたって地元の素人の私たちがやってるんだもの、そんな垢抜けたこと出来ないよね!なんて自分達に言い聞かせながらも奮闘している最中です。
でも、日を追うごとに様々な形でご協力いただける皆様の数が増えてきて、改めて感謝・感謝でございます。

期待しすぎないで・・期待していてください。

2007/12/01 (土) 01:24:27 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
paper
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。