スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
秋風の中での撤収作業、あさってからは「音戯(おとぎ)のとき」です。
久し振りに「熱帯夜」から開放された気分。すっきりした頭で店に・・といいたいところですが、朝起きたときからこの10日の間店内にずっと流れていた「インディージョーンズ」のあの曲が・・タンタンターーンタン・・タタターーーン頭の中によみがえります。
ガラッとした店の中に入ってもどこからか子供達が出てきそうで・・ちょっと調子が今ひとつ。
1
そんな中9時から商店街の方もいらして撤収作業の開始です。スタッフNさん、Sさんも朝早くから手伝いにきてくださいました。
2
どうも、私が「けち」な性格のようでまだ使えそうなものは捨てないでおこうよ・・・なんていったもんだからみなさん作業中に考え込んでしまいました。すみません。
3
N先生も加わってすっかり店の中はがらんとなってしまいました。
4
作業がひと段落したところで、N先生とSさんは奥の座敷で打ち合わせ、商店街の方が「寺子屋みたいだね」ですって。
5
昼前には店の向かい側の「とことこ市」に駆け込んでいく新先生を見つけてついつい呼び込んでしまいました。10月の個展に向けていよいよ制作活動も佳境に入ったとか・・・「お尻に火がついた」先生はしばらくNさんと会話も弾んでリフレッシュできたでしょうか?

久し振りにスタッフN山さんが31日からの「音戯のとき」の際に使用するデッキとたくさんのCDを運んできてくださいました。このところ、忙しくて連絡だけは取り合っていたのですが今日は仕事の合間を見て最終のうち合わせにきてくれたのです。
今回の企画の意図は大きく分けて二つ・・・一つはなんにも飾りのない店をゆっくりとご覧頂くこと。もう1つはそんなときに店内に様々な種類の音楽が流れていたら面白いのではないか?と考えたのです。
三味線、ハーモニカ、フルート、ピアノ・・・音楽のジャンルだってジャズからクラシック、そう、オペラもあれば長唄だって、レゲエが流れたと思えばSPレコードで「青い山脈」なんてのもありです。つまりいらしたお客様それぞれにお好きな空間を味わっていただくのもいいかな?と・・・

そんな企画は金曜日31日から一週間の予定です。1日(土)には篠笛、3日(月)はデジタルタルピアノによる「歌って 唄って そしておしゃべり」それこそ、演歌から童謡、流行歌からなんでも一緒に歌いましょう・・という企画です。そして5日はしっぽりと三味線で「端唄」「新内流し」とたのしんで頂く予定です。時間はいずれの日も午後1時半から3時まで、入場無料。それこそ誰でも大歓迎いたします。
6
こちらの男性は春の「キリム」展示以来、時々店に顔を出されるお客様。今日は「布草履の編台」が欲しくていらしたのですが丁度売切れてしまって、ご注文を受けました。何時も不思議なことなのですが、草履教室が終わった直後は特に教室の参加者でもなかった方たちなのに、急に「編台」やら「ひも」を購入する方が増えたり「次回の教室はいつですか」なんて質問も急増するのです。今日だって次回は?のお問い合わせだけでも4件でした。
7
午後3時をまわったころでしょうか?3名のお客様が来店なさいました。お一人の男性にはちょっとお顔に見覚えが??どなただったかしら?お話を伺っていくうちに、過日吉村家具さんへ研修に見えていたあの南小学校の先生でいらしたことを思い出しました。
6
これは7月24日・・蔵の中でもう一人の先生と一緒にお勉強会?中の1ショット。
8
小学4年生の子供達への授業について熱心に質問をされていらっしゃいました。こういう熱意溢れる先生方の授業って面白いんだろうな?とても私には説明なんて無理でしたので、今度はゆっくりそのあたりの話の得意なスタッフがいるときにお越しくださるようにお願いいたしました。
9
撤収だけだからのんびり出来るかな?と思った1日でしたがこのほかにも昨日までの企画「プラカップタワー記録会」で各年齢別部門のレコードホルダーになった子供達に電話連絡して「賞品」を取りに来てもらったり、「喜多流」のお能の先生が見えたり、貸しスペースの打ち合わせ、夏休みの宿題の材料を集めに来た学生とお母様・・などなど今日もたくさんのお客様が見えました。
そんな中、素敵なプレゼントを頂きました。過日「佐藤 烓 作陶展」でお世話になった「チョコレートコスモス」の店主さんがこんな素敵な「チョコレートコスモスのリース」を下さったのです。かわいいでしょ?うれしくなってしまいました。これはお店でも販売なさっているようです。多分これからはこのほかの種類のリースも店頭に並ぶのではないでしょうか?ご興味のある方は是非お尋ねくださいね。
10
そして、夜7時少し前・・・閉店間際にスタッフIさんが手伝いに来てくださって「音戯のとき」の準備作業をしていたら、仕事帰りのスタッフKさんと、先ほどのチョココスの店主 藤本さんがきてくださいました。おみやげにおいしい「笹団子」もみんなでいただいちゃったりして・・・

さ、準備万端とはいかなかったけど31日金曜日からは、みなさんにほっとしていただく空間を演出しないとね・・・

今も頭の中に流れる「インディージョーンズ」・・早く寝てみたら消えるかな?

これは8月29日(水)のブログでした。
スポンサーサイト
2007/08/30 (木) 01:26:15 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
大盛況のうちに幕・・・所沢GINZAの夏は終わります。
一番乗りのお客さんは9時35分過ぎに店に到着。まだトイレ掃除が終わってないよ。
(後姿はなんと、会社の夏休みを取ってIdutsuyaの手伝いに入ってくれたスタッフIさん。嬉しいけど仕事大丈夫かな?回りの皆さんが心配してくれています。)
この組を含め4組の子供達が10時のオリエンテーリングスタートを待ちます。
1
余裕のVサイン!
3
出発までに時間つぶしの「カップタワー記録会」Iさん、あちこちでお手伝い・・・会社にいるほうがずっと楽だった・・なんて独り言が聞こえたような・・聞こえなかったような・・・でも彼の協力が後半2日のこのイベントを支えてくれました、ありがとう。2
このタイマーが0をさしたら5分間のチャレンジは終了。そこで高さの測量にはいります。
4
そして、今日はお隣のコンセールタワー2階のふらっとで「ジーンズで作る布草履教室」が開催されました。今回も「くらしの会」のみなさんの協力による企画です。ありがとうございます。
5
13時開始というのに、みなさん早くから集まられて・・やる気満々です。
7
最初は戸惑いながら・・・
9
一人一人指導していただきながら・・・
10
小学生の男の子だって「夏休みの宿題」に・・と挑戦しましたが、これがまた早くてうまい。短大のお姉さまとお母様の3人で参加なさり・・でも時間内にきちんとお姉様とそれぞれ1足づつ作り上げられて・・・
11
どうですか?色合いといい、なかなか素敵だナァ・・・
12
昼過ぎからは今日のお手伝いにスタッフN川さん、N村さん、I川さん、I田さんが入って下さったので、「草履教室」は受付から3時のお茶サービス、最後の会場片付け・・・店では子供達をはじめとする参加者への対応などなど・・本当に助かりました。この靴の量からしても混雑振りがわかりますでしょう?座敷も2階も子供達の声が飛び交っていました。
13
カップタワー記録会。そこに居合わせた子供達の中で交代で審判になったり、チャレンジャーになったりしています。学年が違ってもすぐにその場で知恵を出し合い、経験したものから未経験者へアドバイスや提案があります。しばらくするとまたけんか腰の声が聞こえたり・・・でも、そこでまた新しい意見や「そこに見合ったルール」がつくられていくのでしょうか?大人の世界にない柔軟な方法にちょっと興味がわきました。また見習うべきことも見えたような気がします。
やったものだからこそ、言える事。参加しなかったら気づかなかったこと。子供の世界ではそこらあたりが実にうまく機能しているようです。
14
「おしえてやるよ」
子供達の抜け道。毎日通っていたのにまさか!こんなとこ人が通れるところがあったなんて。でも良く見ると気が遠くなりそうに長い道のり。ちょっと怖いナァ・・というか、みんなには抜け道でも私には「身幅」の関係上「抜け道」にはなりえない「隙間」です。
15
最終日、最後のオリエンテーリング参加者は若い男性お一人でした。彼がIdutsuyaに戻り照れくさそうに「がちゃがちゃ」にチャレンジなさったところで全てのイベントが終了です。

明日が撤収日となってはいますが少しでも片付けようとスタッフNさん、Iさんがガラス戸に貼られたビニールテープを剥がし始めると、A君が一緒に手伝ってくれました。丁寧にじっくり、根気良く・・・ありがとう。きれいになったよ。

こうして10日間の「所沢GINZAで夏あそび」無事終了です。事故も怪我も病人もなく本当に皆様に感謝、感謝です。

夕方31日からの自主企画「音戯のとき」の歌集の準備作業をIさんとはじめていると、今月21日に見えた狭山市のお客様がふらっと店にいらっしゃいました。
「ひまわり畑のJULEPSコンサートいかれましたか?」
「あの時あったファンのお二人はどうなさっていますか?」
「今度の日曜日2日にミューズで彼らのステージがありますよ」
「行ってみようかな?」
何時の間にかJULEPS私設広報マンになったIさんが懸命に説明なさっていました。

明日は撤収と自主企画「音戯のとき」の準備に入ります。今夜は少しゆっくりねむれるかな?正直この10日、事故と熱中症が出たらどうしようとハラハラどきどきしていました。良かったぁ・・・

毎日毎日
「靴をそろえなさい」とか「挨拶して帰るのよ」とか「出入り口はちゃんと閉めないと冷房が逃げちゃうでしょ」なんて口うるさく言ってごめんね。
今日一番、やんちゃで手に負えなかった男の子が
「又、来てもいいですか?」なんてかわいいこといって帰るもんだからおばさん、またいい気になってきちゃいましたよ。
「次も子供達に受ける企画やりませんか?]
なんてね。


2007/08/29 (水) 01:05:38 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
今日までの来店者数・・・300人は突破!!でしょ?
今朝は10時になる前から4組、11人のみなさんが「オリエンテーリング」出発の準備です。
月曜日の朝だというのに・・・ありがとう。今日までにオリエンテーリングの参加者だけでも260人は越えているので、これにカップタワーの参加者などを加算していくとゆうに300人は突破でしょう。これに明日1日の平均オリエンテーリング参加者50名とタワー参加者を足していったら・・・へぇ、いつのまにそんなに沢山の方に参加していただいたのかしら?本当に感謝です。

オリエンテーリングに参加なさった方の中からはこんな声が聞こえてきました。
「今まで入りづらいお店にこれをきっかけに入ることが出来てよかったです」
「入ってみたら気さくなお店の人だったのでこれからはここで○○を買うようにしますね」
「あんなところにお店があるなんて車で通るだけでは気づかなかった」などなど・・・
1
いつものように、オリエンテーリングから戻ってきた何人かは早速カップタワーにチャレンジです。スタッフI川さんが的確な指導と、正確なタイムキーパーで、手伝ってくれていました。
2
でも、よくも、このプラスティックのカップだけで、こう何日も、何日もあきずにいられるのでしょうか?不思議?!
3
そんなあわただしい店内に、一人だけゆったりとした時間を味わっている方が見えました。
4
JULEPSファンの彼女は例の「幸せのふくろう」の手作り本を読みにきていらしたのです。長い時間、じっくり、丁寧に・・・いつもは皆さんでわいわい賑やかに見える彼女ですが、今日ばかりはゆったりと読んでいらっしゃいました。JULEPSコーナーもこうやって様々な思い出と共にここまできたんだナァとしみじみ実感です。
7
実感といえば午後用事で会議所に出かけたところ、JULEPSの松山さんにばったりお目にかかりました。真っ黒に日焼けして、顔は細く、小さくなったのかな?でも腕はがっちりとたくましくなってきて・・ちょっと久し振りのまっつんでした。

店に戻ると「端唄」のNさんと5日の「端唄ライブ」の打ち合わせ。久し振りに三味線の音が響く空間が楽しみですね。
5
さてさて、このあたりの子供達は少なくともオリエンテーリングを数回経験しているので、私からある条件を出しました。「二度目以降の子は新たしいお友達を連れてきたら再度参加できます」と。
おまけに二度目以上の子供達は出発前の注意事項から、帰ってきてからの次のステップへの説明など相手に良く分かるように話さないといけません。皆真剣そのものです。
6
こちらの親子連れには早速「冷やしタオル」で体温を下げていただきました。首や頭にのせたタオル・・これだけでもかなり体温は下がります。熱中症には要注意です。
8
お二階にはまた子供達の声が響きます。本当に子供って面白い、でも疲れる。この企画の間中、声を張り上げていたので喉は痛くなるし・・・学校の先生や、学童保育の先生方には頭が下がります。きっとわたしみたいに注意ばかりしないでやさしく指導なさっているんだろうナァ・・・みんな、「靴はそろえて脱げ」とか「挨拶しなさい」とか色々言って(しかもだんだんきつめに?)ごめんね。

カップタワーにチャレンジするY兄弟のS君、K君・・・最初の日に特賞をひいたN君兄弟、二卵性双生児の兄K君と弟K君・・・そのほか毎日のように顔を出してくれているみんなのことを、ついつい慣れてきて騒ぎ出すと「どたばたしない!」なんてどなっちゃうんだけどみんなの課を見ていると、なんだかかわいくてたまりません。こういう子供達の「居場所」をこの町の中に作ることは出来ないのでしょうか?子供達の、高齢者の、おばさんたちの・・それぞれの「居場所」がある町は、きっと住みやすい町でもあるのかもしれませんね。

閉店後は31日から始まる「音戯(おとぎ)のとき」の準備でスタッフIさんと気がつけば8時半すぎまで店に残っていました。Idutsuyaのあわただしい1日もようやく終わりました。

これは27日(月)のブログです。更新時間がおそくなってごめんなさい。

2007/08/28 (火) 01:35:06 | きょうのできごと | TB(0) | CM(4)
昨日の続きのひまわりと、選挙投票日のIdutsuyaです。
昨日書き忘れていましたが・・・JULEPSのPAをお手伝いくださるYさんが久し振りにお店に見えました。
「これからひまわり畑に行ってきます」
彼もいつお目にかかってもやさしくて、穏やかで、本当に心が癒される方ですね。
そしてもう一人・・今回お手伝いにいらしてくださっていた高齢者支援課のお一人の女性が「これはなんですか?」とあのJULEPSコーナーに歩み寄られました。たくさんのファンのコメントやら写真やら、あの「ふくろう」のことなど話しながら「蕾」をお聞かせしました。すると・・・
「なんて癒される曲なんでしょう。オカリナでも演奏してみたいメロディだけど楽譜はありますか?」なんて質問されてしまいました。とりあえずひまわり畑の話をしましたら早速ご主人と出かけて見ますとのこと。また新たなJULEPSファンの誕生の瞬間でした。
1
IdutsuyaスタッフIさんのJULEPS取材の画像が届きました。めぐちゃんの浴衣の淡いピンクが夕暮れ時に映えていますね。
2
ひまわりの多さとお客様の多さにびっくりしました。ひまわりと広い空・・・所沢の新名所ですね。来年は行ってみたいナァ・・
1
さて、今朝も朝から水撒き・・こんなに立派に大きくなりました。
2
この夏必需品だった「冷やしおしぼり」冷蔵庫で冷やしては外から見えたお客様にお出しして、ハイターで洗ってはまた冷蔵庫へ・・・この夏何度くりかえした作業でしょう。でもこのおかげで随分ほっとした方もいらっしゃいました。
3
今日は店番が私ひとりとわかってからスタッフIさんが朝から店に出てきてくださいました。彼は月曜から土曜までが仕事の方なので貴重なたった一日の休みを割いてもらって心苦しかったけど、今回の企画はどうしても一人じゃぁまかないきれません。今日なんて小学生のK君たちが道行く人たちに「ちらし」配りをして手伝ってくれました。連日店に顔を出している彼らのほうが今のIdutsuyaの動きが分かっちゃってるみたい。
「何か、手伝おうか」頼もしい言葉です。
4
そんなわけでIさんが店にいてくれる間に久し振りに町の様子を・・とオリエンテーリングの1組にくっついて歩き出しました。皆、しっかり約束を守っていてくれて。
「こんにちは」
「すみません、地図をください」
「どうもありがとうございました」
と、お店の方への挨拶もしっかりしていました。さすが所沢小学校生?!
5
で、で、でも・・・くっついて歩くだけでも暑くて・・・もうだめだぁ・・・
6
結局、オリエンテーリング道半ばでリタイアして店に戻ると、こちらもなかなかの盛況です。店では自主企画チームの会議が丁度終わったところでお茶の先生でいらっしゃるスタッフIさんが夕方まで急遽店番に入ってくださることになり、子供達や親御さんたちとも話をなさっていました。
7
さすがにIdutsuya通い一週間目ともなると子供達もそこそこプラカップにも飽きてきて・・・あらたに「お二階で遊ぶ」ことを考え出しました。
8
扇風機しかない暑い二階でも楽しそうに、皆でカード遊びです。
「落ち着くからここでいいんです、気にしないでください」
「あら、そうなの・・・」
9
そんな中、まだまだプラカップの「自己記録更新」に挑み続けているK君がいます。
12
今日は妹さんとスタッフIさんを計測係に従えてじっくりチャレンジしていましたが、あと一歩のところで崩れてしまいました。仕切りなおしで明日又来ることでしょう。Iさんはといえば31日からの自主企画「音戯(おとぎ)のとき」の準備作業でPCに向かっていたかと思うと、商店街に地図のピースを返却に回ったりと多分会社にいるより疲れた一日となったことでしょう。お疲れさまです。
13
そんな中、またまたケーブルテレビの取材が入りました。今の企画のお話をして子供達のいるありのままの店の中を撮影していただきました。それにしてもありのまま過ぎて・・・少し面食らっていらっしゃいましたけど(ここって学童クラブではありませんよね?!)
14
こっちの3人組はオリエンテーリング中に走り出しお母さんを置いてきてしまいました。
「おかあさんは?」
「わからない、どこかにおいてきちゃった」
「置いてきた?おかあさんを?」
数分後真っ赤な顔をして心配そうなお母様も無事帰還されました。
15
昨日に引き続き「元手代Gさん」が来店です。彼は毎回企画や貸しスペースの展示が変わるたびに店に顔を出してくださいます。今回は土間に用意した様々なチラシに興味をもたれた様子。彼に限らずお店に来てくださって実際の様子を見てくださる方のアドバイスはこの店の運営にも参考になることが多いのでありがたいことです。
16
そんなあわただしい一日もようやく終わった閉店後、吉村家具のご子息が様子を見にいらっしゃいました。
彼はカップタワーに興味をもたれた様子。
「最後の頃に挑戦しようかな?」
最後といわずいつでもチャレンジしてみてください。
お父様もヘアーサロンオザワさんやカフェプミラのマスター、おもちゃのすだれやさんなどなども毎日のように顔を出されては今回の企画の様子をお聞きになりに見えます。

そしていよいよ余すところあと二日となる「ところざわGINZA チャレンG」まだ特賞も残っているようだし・・チャンスは皆さんにあるのにね。お待ちしていますね。

(これは26日県知事選挙投票日 日曜日分のブログでした。






2007/08/27 (月) 00:41:00 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
今夜はひまわり畑でJULEPS・・・気分がいいからヒント?です。
今夜はひまわり畑でJULEPSのライブがあったよう・・・。
・・よう・・というのも私は仕事でいけなかったので、スタッフIさんが行って見て聞いてきてくださった報告を明日教えてもらうことを楽しみにしているところです。
さて・・どうやらJULEPSのメンバーも(中には大分胸元がはだけちゃっている人もいたみたいだけど)浴衣を着たようだし、気分がいいので、ちょっと今回のオリエンテーリングのヒントを(内緒ですよ)お見せしましょう。
1
MAP
5
TREASURE 
3
JUNGLE
6
今朝も常連のTWINSの兄弟が一番乗り。ただしオリエンテーリングに一度参加した人は新しく参加する人(新顔)さんを連れてこないとオリエンテーリングに参加できないため、みんな勧誘に必死のようです。ところで、彼らが飲んでいるのは今回試験的に入れた「給水器」冷たい水と熱湯が出るという優れもの。ここのところの暑さに子供達はここに来てがばがば水を飲み通し。中には2Lのペットボトルを持ってきて入れ始めた子もいたので、さすがに皆で飲むお水だからと二度目からはご遠慮願いましたけどね・・・とにかく、この給水器は大当たりでした。
7
こちらの親子さんはオリエンテーリングよりカップタワーが気になっている様子。今日は不本意な成績のまま帰られたので近いうちにリベンジに見えるかもしれません。
8
おしゃまなお嬢さんはママと暑いのにお二階へ・・二階の部屋が気に入ったようでくるくる回ったかと思うと寝転んでいました。
9
午後になってもカップタワーの挑戦が続きます。
10
今日も応援に来てくださった高齢者支援課からのボランティアの方はお客さまと「布草履」の話で盛り上がっていました。本当に不思議なことだけど初対面なのに、ここで色々な話が始まっていたような・・・おかげで子供達の方にいることが出来ました。
何しろ一人だとあっちもこっちもでどうにもならないのでね・・・

でも、今日は夏休み最後の土曜日。家族で最後だからと出かけた方も多かったようです。朝掃除をしている時から大きいBAGを持った親子連れや、水筒を肩にかけて歩いていく家族がたくさん店の前を通過しました。

座敷で遊んでいる君たち、宿題はもう終わったの?

「終わってはいないけど、ここにいるときくらいは忘れたいんだよ」とある小学校高学年の男の子の名言(迷言)でした。

いよいよ余すところあと三日。まだまだ宝は残っていますよ。皆様、是非お遊びにいらしてくださいね。


2007/08/26 (日) 00:49:01 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
猛暑の中でも、大好評の企画です。
折り返し地点を過ぎた6日目の朝・・涼しかった昨日の名残をやや感じるものの、やはり徐々に気温は上昇して行きます。なのに、子供達は元気にオリエンテーリングに出発です。何度も同じ子供達だけが参加するのではなく、必ず新しいお友達を連れてきてもらって、一緒に町を歩こう・・とはなしたところ、すぐに理解してくれて毎回新人チャレンジャーがこのとおりを歩くことになっています。
2
ヘアサロンオザワさんでは、なにやら「あること」をしないと地図が手に入らない様子。なかなか外に出てきません。
1
おっかけて写真を撮ろうとしたら先に見つかっちゃいました。ふざけないで気をつけて歩くのよ!
3
店内は「ショッパー」「市民新聞」に載せていただいたおかげで電話でのお問い合わせなど忙しくなりました。
6
店内は大混乱。
7
仲良しお母様たちグループは6組に分かれ・・・同時出発です。総勢13名。
8
賞品の説明?
10
先ほどの6組がこれまた同時に到着するものだから、店の中は再び大混乱。謎解きをして「次のステップ」に進むもの、「次のステップ」で宝物を手に入れるもの・・・おや?インディ・YAMADA・ジョーンズが助けに来てくれたぁ・・・
会議所に寄られた帰り道に宮前小の山田先生が店に立ち寄ってくださったのですが、まさに大盛況?大忙しの真っ只中。早速ジョーンズYAMADAが手伝ってくださいました。ありがとうございました。先生!
13
今日はお母様たちの参加者も多かったので、オリエンテーリング後はしばらく涼しいところで歓談中です。
11
こちらは「荒幡コロッケ二個無料引換券」が当たった男の子達。これがまたおいしいんだナァ?
5
タワーカップの挑戦も続きます。
9
こちらは自らの記録を塗り替えた男?
12
かわいい3人組は手より口が動いていました。
15
おや、まぁ?後姿は「もんぺ?」
1
あんまりかわいらしいので写させていただいた「所沢 もんぺ」子供ヴァージョン。今流行のサンダルに合わせてのコーディネート。涼しげでかわいさ全開でした。
4
さ、水分補給して出発。
16
おねえさん、小さいこの面倒見るのよろしくね。
17
こうして、店内にはまたまたカップタワー変則ヴァージョンを楽しむ子供達が居たり・・・
18
宝探しに興じる大人??がいたり・・・

「所沢GINZA チャレンG」盛り上がりを見せています。

スタッフの皆様、ジョーンズYAMADA先生。お疲れ様です。あと少しがんばりましょうね!!


2007/08/25 (土) 00:23:17 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
前半戦終了・・金曜からはラスト5日間が始まります。
昨日、載せるのを忘れてしまった一枚。JULEPSファンのお二人、名物裂展以来二度めの来店のお客様、Yさん、そしてスタッフIさん。こうやって見ても、性別、年齢、趣味?などなどどう見ても接点のなさそうなメンバーですが、この5人がIdutsuyaの中だと、話がはずんでいるのでした。不思議・・・
1
今朝も、引き続き「カップタワー」に挑戦!組が10時開店前から店にやってきました。手前左側の少年は、とにかくすごい。根性が座っている。研究に研究を重ねて1cmでも高く積み上げられるように細かい計算までしてきて、試行錯誤繰り返しているようです。
2
こちらの子供達も真剣です。
3
そして、下の彼は小学校低学年の部での今日現在のレコードホルダーになりました。
4
こちらはややバテ気味の高学年チーム。口は動くけど、なかなか4人の気があいません。おまけに記録が出たら賞品をどうやってわけようかと「取らぬ狸の皮算用」・・聞いているだけでおかしくなってしまいました。
5
そして、昨日から通い続け、挑戦し続けた小学校高学年の部のTOP。213cmの記録はすばらしい。シャイな彼が珍しく自ら記念写真を撮ってもいいよ・・ですって。よっぽど嬉しかったんでしょうね。
6
夕方雷の音が商店街を包み込み、子供達には早めに帰ってもらいました。私は来月からの貸しスペースのお客さまと打ち合わせが続きます。みなさん、ご自分の空間を如何に演出するか?如何に多くのお客様にご自分達の作品を見ていただこうか?と本当に真剣に考えていらっしゃいます。それゆえの質問がどしどし出てきました。
7
スタッフMさんは今朝店に顔を出し、あまりの子供達の多さに、一仕事終えて再び店に戻ってきてくれました。スタッフI田さんと共に、オリエンテーリング、タワーカップの指示などを参加者に指示してくださいました。大助かりです。これは今日最後のお客様とのおしゃべりの時間でした。

明日は定休日。なんだかこの「夏休みチャレンG」が始まって長い5日間だったような気がします。この企画が始まってからは特に毎日商店街の中を歩くのですが、徐々に商店街の皆さんのこの企画への反応・期待感・問題意識などが見えてきて本当にやってよかった企画だなぁ・・と思えて来るのでした。

問題があればあるほど克服して先に進もうとやる気が出てきますものね。

でも、今回の企画、今のところ事故もなく、本当に良かった、よかった。
明日はショッパーという新聞に、あさっては市民新聞に「所沢GINZA・・夏休みチャレンG」の記事が載ります。後半、金曜日からの5日間・・もっともっと楽しく、もちろん事故もなく参加していただけますように。
できれば・・・
もっと涼しくなってくださぁぁぁい・・・


2007/08/23 (木) 01:22:33 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
猛暑は続くぅよ、どぉこまぁでぇもぉ?!えぇ?ほんと?
今日は高齢者支援課経由のボランティアスタッフ、Sさんが手伝いにいらしてくださいました。まずは、説明よりも体験を!ご自分でトライしてみてください!ということで、朝一番に子供達と「街なか オリエンテーリング」に出かけていかれました。写真は地図を完成して店に戻り次のステップへの挑戦中のSさんです。実は、この次のステップへの挑戦は子供、大人問わず大人気なんですよ。
1
さて、実は昨日あたりから店の雰囲気が少し変わってきたんですよ。初日はおっかなびっくり店に入ってきた子供達がこんなリラックスした姿になって店内のあちこちで見られるようになりました。これにはあとで触れますが・・・
2
先ほどのSさんのお仕事は「プラカップタワー」の見張り番。聞こえてくる子供達との会話からは子供のSさんに対する「目上の人へのけじめ」を持った言葉使いもあれば、ちょっと首をかしげるような言葉使いもありました。
3
まだ朝10時半過ぎだというのに、「荒幡コロッケ引換券」の賞品をGETした子供が早速あげたてのコロッケをもらってきてかぶりついています。隣にいる友達には決して上げない・・・それが子供ってものなのね。
4
昨日、今日とお隣の「ヘアーサロン・オザワ」さんのご主人が店番にはいられて企画を進めてくれています。久し振りのお休みの日のパパを子供達が放って置くはずもありません。ごめんね、パパはお休みなのに「お仕事」だよね。
5
こちらは女の子二人のカップタワー挑戦組。
6
オリエンテーリングから戻ったところで休憩。暑かったもんね。
7
あら、JULEPSファンのお二人・・お疲れですよね?久し振りにいらしたのに、私がオリエンテーリングをお勧めしたら、ちゃんと「宝探し」にでかけてくださいました。これは戻られてのややお疲れの図!です。なんでも午前中に「ひまわり畑」を見に行ってからIdutsuyaにいらしてくださったとか。今日は本当にお疲れ様でした。でも楽しかったですね。
8
日差しが少し楽に感じるころには「ヘアーサロン・オザワ」の兄弟二人が店前のプランターに水を上げてくれました。お日様がプランターにあたっている時は撒いたお水があったまって根っこもあったまるから、日が翳ってからに水播きするのよ・・なんていう日頃のご家庭の教えを守ってるのね。偉いナァ・・・
9
そして、こちらが本日最終組のゴールです。暑かった、暑かった。
10
こちらは朝10時から夕方4時までずっと「プラカップタワー記録会」の挑戦し続けた少年です。どうしてもある高さから先には積み上げられず何度も試行錯誤を繰り返していました。とはいえ、他の挑戦者が来れば自分はお休みして、他の子供達のやり方を研究し、誰も居なくなればまた挑戦するなかなかの根性の持ち主。さすがにお昼になっても帰らないので聞いたら
「お父さんに戻らないといってある」との答え。(本当かナァ)と思っていると、お母様は心配して店にお越しになりました。
「こんな暑いときに食べなきゃ、駄目でしょ」
「お父さんに言った」
「お父さんは聞いていないっていってたわよ」
「言ったもん」
12
先ほど、子供達のリラックスする姿が見られるようになった・・と書きましたが、昨日あたりから本当に子供達が当たり前のように店にやってくるようになったのです。勿論、大半の子供ののお目当ては「カップタワー記録会」ですが、中にはただこの座敷に寝転んだり、あがりかまちに座り込んでカードゲームをしたり、おしゃべりしたり、私たちの周りをぐるぐる回っておしゃべりする子供達もいます。

昔は町の中に「駄菓子やさん」みたいに、子供達の「溜まり場」がありました。そこには親じゃない大人がいて、悪いことをすれば叱ってくれるそんな世界があったはずです。

今のこの子供達といると私はまさにそんな昔の「駄菓子や」の叔母ちゃんになったような気分がしてくるのです。

靴を脱ぎっぱなし、片方はどっかに飛んでいっても知らん顔の子には
「靴をそろえて上がりなさい」
黙って帰ろうとする子が居れば
「お友達やおじさんたちに挨拶して帰るのよ」とか・・

実はオリエンテーリングに出発する前の説明にも「お店に入ったら挨拶してから地図をください!と言うこと」なんていう項目もあるのです。

普通だったらこんなうるさいおばさんの居る「Idutsuya」になんてこないだろうにそれでも毎日通ってくる子供達にはきっとそんなこうるさいおばさんの存在があってもここに来たい・・何かがあるのでしょう。

4日目ともなると子供達も変わってきます。
「ありがとうございました。今日は帰ります」
「さよなら」
「さよなら・・あの・・明日も来ていいですか?」
あったりまえよ。今の「Idutsuya」はいまや君達の溜まり場になっているんですもの。期間内はいつでもいらっしゃい。でも決まりごと、人に迷惑かけるようなことなどあったら、おばさん、おじさんたちがちゃんと言うからね!

子供達が引き潮のように帰った夕方4時半からはJULEPSファン、先月の「名物裂展」の時のお客様、いつもひげ爺やスタッフMさんを尋ねて見えるお客様Yさん・・それに会社から帰ってきたスタッフIさん・・というなんとも不思議なメンバーで話が弾んでいました。こういうメンバーが話すなんて機会もこの「Idutsuya」があればこそ。

本当に面白い場所なんですね。この店は・・猛暑はこれ以上続いて欲しくないけれどこの「店」のような「溜まり場的」場所の存在はいつまでも、どこまでも続いてほしいなぁ。と思ってしまうのでした。



2007/08/22 (水) 00:13:08 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
まるで、夏物SALEのバーゲン会場の熱気!?
今日で3日目。今回の「宝探し 街なかオリエンテーリング」の重要な物の一つがこの「所沢銀座商店街」の地図です。赤いしるしがIdutsuyaです。みなさん、この地図を片手に、もう片方には集めた地図のかけら(ピース)を並べる「地図フレーム」を持ち、町の中に飛び出していっています。
1
こんなふうに、「宝探し」の地図は7つのかけら(ピース)に分かれて商店街のあちこちのお店に隠されています。
2
当初、こんなに猛暑になるとは想定していなかった「企画」でしたので暑さ対策に冷水器を導入したり、帽子の着用をお願いしたりしています。が、参加者は元気そのもの、今までは順調そのものなのです。
「いってらっしゃぁぁぁい。暑いから気をつけてねぇぇぇぇ!」通りの向こうを親子づれのチャレンジャーが歩いて行きます。
3
早い!地図を完成して店に戻ってきた子供達が、「宝探し」への次のステップへまたまたチャレンジ!!
4
今朝はスタート時点の10時には4組のチャレンジャーが来てくださり、同時に出発。そしてほぼ同時にIdutsuyaにゴール。そのあとカップタワー記録会にも挑戦しようとなさるチャレンジャーたちで店内はさながらバーゲン会場の熱気です。
5
そこへ、テレビ埼玉「テレ玉」の番組の取材が入ります。クルーのみなさんもあまりの盛況ぶりに驚かれている様子でした。また秋からの「貸しスペース」の打ち合わせも入り、店内はチャレンジャー・テレビクルー・Idutsuyaのスタッフ合わせて40名はいらしたでしょうか?熱気ムンムン。かなり評判のバーゲンSALE会場です。
9
子供達をどんなに撮ってくださったでしょうか?
10
皆間近に見る、テレビのハンディーカメラに夢中でした。
6
そして、取材も終わり一巡目の人の流れも落ち着きました。今日も高齢者支援課経由ボランティアスタッフの方たちが子供達に暖かい目をかけてくださっているので店の中はまさに「世代間交流」中・・・さまざまな世代のみなさんと思い思いの交流となっているようです。
7
お母様たちがあまりの暑さに少々バテ気味でしょうか?
8
いえいえ、元気なお母様もいらっしゃいます。オリエンテーリングの後は「カップタワー」に挑戦中。
11
女の子達だってチャレンジします。
16
親子連れだって仲良くチャレンジです。
12
こちらはオリエンテーリング出発前の3人組。まず冷たいお水で喉を潤してから出発です。
13
またまた、帰還組の次のステップへのチャレンジ中の一枚。
14
こっちの組は「謎解き?」にてこづってるのかな?
15
そんな中、JULEPSファンの方が作られた「幸せのふくろう」が子供達の目に留まりました。
「これ、もらってもいいですか?」
私がこのふくろうの話をすると、それぞれ、自分の兄弟の分まで頂いていった子供達が「ふくろうをつくってくださったおねえさんへお礼」のコメントを残していってくれました。

「ぼくと弟の二つもらいました。にたようなのをもらいました」
「たいせつにします」
「それぞれに名前をつけました」などなど・・・
買ってきた他のおもちゃやストラップとは違う「ふくろう 不・苦労」は大切に彼らのポケットに納まっていきました。

さぁ、明日(おっと、もう今日になってる)は4日目・・
私がみなさんのパワーに押され気味でちょっと疲れてきたぞ・・・

2007/08/21 (火) 00:48:08 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
猛暑は続く・・・まさに気温にチャレンG?
朝は「今日も涼しいのかな?」なんて期待が持てそうな気温でしたのに、店に着く頃、朝8時半過ぎには、ん?昨日とは違うかな?掃除が終わる10時前にはもう汗だくだく・・・まずい、こんなに暑くなると参加者が少なくなるかな?
1
でも、こちらの組で朝3組目。出足は順調のようです。元気に出発した3人ですが・・・
2
商店街に用事があった私が歩いて行くと通りの反対側に・・暑さにグロッキー気味のあの3人が・・大丈夫だったかしら?(あとで店に戻りましたら元気にタワー記録会に参加なさってました。良かったです)
3
呉服屋さんの店先にも「オリエンテーリング」のポスターが貼ってあります。
4
自転車やさん、「フォーラスサイクル」の店先を通りかかったら「オリエンテーリング」参加の二人連れがいました。いました。
7
この店で別れてしばらくして店に戻ると、今度はカップタワーに挑戦中でした。どうやら、オリエンテーリングの後にカップタワーに挑戦がみなさんのルートみたいですね。
6
パパは記念写真も忘れてはいません。
9
そんな中、「暑いからどうしようかな?」なんていっていたスタッフ3人組もオリエンテーリングにチャレンG開始・・したはずなの戻ってくるはずの姿が見えません。気分でも悪くなったのかしら?と外を見たら、向かいの「古谷採種園」の中に入っていく3人の後姿が見えます。急いで後をつけていったら・・なんとご主人とお話中。9月に閉店が決まったお店の中は宝物でいっぱい?とヒゲ爺。
8
特にこの「大黒様と恵比寿様」がお気に入りの様子。なんだかんだとあちこちの店に出入りしている私は何度も見ていたのに・・ヒゲ爺のように「宝物」とは思わなかった。無知は恐ろしい・・・
10
「あれは?」
「こっちのこれは?」などなんだかオリエンテーリングそっちのけでご主人を質問攻めです。この組はどうも時間がかかりそうなので私に店に戻りました。すると・・・
12
今日の「インディージョーンズ」スタッフKさんがお客様にオリエンテーリングの注意事項を説明なさっていました。
13
このあたりで気温上昇のせいか、外を歩く人の数もめっきり少なくなりました。スタッフはじめ今日もお手伝いいただいた高齢者支援課経由のお助けスタッフの皆さんもクーラーの当たる位置に座ってしばし休憩です。
15
でも、子供は元気。午後2時・・暑さ真っ盛りでも参加者は続きました。
16
店の中が涼しいのか外を回ってきた子供達はスタッフとお話したりなかなか帰りたがりません。
17
そんな中、珍しく女性お一人の参加者です。
18
オリエンテーリングは勿論、カップタワー記録会にもチャレンジなさっていったようです。
「子供はうまいわねぇ」
「ちょっと、せっかく高く積んだんだから写真にとってもらいなさいよ。」
このお客様のご指示でパチリ!!
19
嬉しそうな一枚ですが・・・
20
その前にはこんなに努力していたんですよ。

明日も暑くなると今、テレビで言っています。
帽子や日傘、水分補給をしっかりなさって皆様、是非、お越しくださいね。
チャレンG2日目も事故なく終了。お手伝いの皆様はじめ、商店街の方、スタッフの皆様に感謝します!!




2007/08/20 (月) 00:21:52 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
チャレンGスタート!!そして、インディ・YAMADA・ジョーンズとの別れ・・・
昨日までに暑さはどこへ?と思うほどの過ごしやすい日差しの朝。「夏休み チャレンG」いよいよスタートです。午前10時、早速2組の参加者が来店なさりオリエンテーリングの受付開始です。
1
この帽子の男性は?そうです。今回は店内がインディージョーンズの世界のイメージになり、受付の担当者はまさに「インディ・ジョーンズ」そのものになりきっていただかなくてはなりません。そこで、登場していただいたのが「インディ・YAMADA・ジョーンズ」・・・山田先生です。まさか、長い教員生活の中でこんな経験をなさるなんて思ってもいらっしゃらなかったことでしょうが。しかし、これがまた良くお似合いなのです。どこから見ても「ハリソン・フォード」だ!!
2
何とか「宝物」になるべく商品も並べられ・・・
3
ジョーンズ山田の参加者への注意事項は特に子供の目線に立ってわかりやすく、本当に私たちの参考になるものでした。さ、気をつけて行ってらっしゃい。居合わせたスタッフ全員の拍手に送られていざ、出発です。車と自転車に注意すること。横断歩道以外の道路の横断はしないこと。困ったことがあったら商店の人に聞くこと。携帯電話を持っている参加者にはIdutsuyaの電話番号をお知らせして何かあったら連絡すること・・・様々なインフォメーションもバッチリ伝えることができました。
4
どんな、宝が手に入るのかな・・・
5
こちらの4人組はいかに効率よく回れるかを検討中でしょうか?
6
オリエンテーリングを終えた子供達は「プラカップタワー記録会」に挑戦開始です。実はもちろん、どんどん積み上げていくのは当たり前なのですが、このカップタワーの崩れていく音・・・これが結構ストレス解消になる感じで、子供たちに大人気なのです。
7
心配していた参加者も時間に切れ間はあるものの、順調に来店なさいます。
8
大分うまくなってきたなぁ。椅子まで持って行ってるよ。
9
ジョーンズYAMADAが山田先生に戻った瞬間?
10
女の子だって挑戦します。
11
散らばったカップを集めるのに一苦労.つぶさないように丁寧にやろうね。
12
朝10時からIdutsuya2階では定例のスタッフ会議が開かれていましたが12時に終了した後は1階に下りてきていただき、今回の企画の説明がスタッフKさんからなされました。
13
パパと二人連れのI君はIdutsuya向かい側の「とことこ市」でオリエンテーリング真っ最中・・やさしいお店のおば様たちに何か教わっていますよ。
14
こちらはやや「大人」のグループ。落ち着いて注意事項もお聞きになり出発です。
15
大人だってタワー記録会に挑戦。しかも親子対決?
16
「とことこ市」でのアドバイスも良かったのかな?I君がパパと無事帰還。宝探しへの次のステップに挑戦中。真剣な面持ちですね。
17
ちょっと疲れたかな?大丈夫?
18
こんな素敵はご夫婦の参加者もいらっしゃいました。オリエンテーリング後はゆっくり店内をご覧になられ、特にお二階がお気に召したようで長い時間上にあがられていました。
19
続々・・参加者が。初日の組数は当初の予定をオーバーしてしまいました。うれしいことです。
20
おや?スタッフIさんがタワーに挑戦なさっています。うーーーーむ、真剣。
21
このにっこりのあと、リズムを崩されてがらがらがらがら・・・・でも、良かった、ここに証拠写真が残りましたね。
22
夕方四時近くになって「最後の一枚が見つからない」と走って行くグループ・・親子連れです。最後の一枚?なんだかよくわからないでしょうけど、ここで詳しく説明してしまったらつまらないでしょ?興味のある方はすぐIdutsuyaまでGO!!電話で申し込んでくださいね。
23
そんなこんなであわただしくも、何とか初日の幕は開きました。準備をしていたつもりでもおもわぬところに漏れ?を発見したり。でも高齢者支援課経由でお手伝いに来てくださったお二人の方や店番以外のスタッフも力もあり、初日は事故なく無事に終えることができました。

そして、今日は宮前小学校の山田先生の研修最終日でした。先生には本当にこの5日間、Idutsuyaスタッフとして商店街の皆さんと一緒にお帰りになる時間を過ぎてまでずっと働いていただきました。先生無しでは到底ここまでの準備もできませんでした。感謝に耐えません。

先生の帽子姿がもう見られなくなるのは残念ですが・・・しかたありません。
さよなら!インディー・YAMADA・ジョーンズ?(なんだかどこかミドルネームか分からないけど)・・本当にありがとうございました。
15
忘れないぞ!Vサイン!!今度はお遊びにいらしてくださいね。

2007/08/19 (日) 01:18:47 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
いよいよ明日から「夏あそび、チャレンG」スタート!!
三日ぶりの店の中、さぞやむしむし暑いかと思いきや、戸も窓も開け放していると・・・「そうでもないじゃない?」こんなに暑くてもどうやら秋の気配が・・なんて思ったのもつかの間、大間違い。あとからどんどん暑くなり、外を吹く風も熱風。(実は昨日、熱中症とおぼしき症状でダウンしてしまった私としては昨日に引き続き今日もダウンなんて冗談じゃない!)とっとと冷房に切り替えて早速店の掃除に取り掛かりました。スタッフSさんも山田先生も休み明けとは思えない手早さで店がどんどんきれいになって行きました。
1
そんな朝、ご兄弟2人組がそっと戸をあけて来店です。
「チャレンG・・オリエンテーリングの申し込みですか?」
「はい。」
「近くのマンションの方かしら?」
「はい、○○マンションです」
やったぁ!!今回の「チャレンG」のちらしを商店街の有志の方たちが近隣マンションの管理組合のご許可を頂き、一枚一枚ポスティングしていった結果ですね。これからも期待しちゃうなぁ・・・近くにお住まいの皆様!是非お遊びにいらしてくださいね。勿論、どこからでも参加OKですよ。
3
おや、スタッフSさんがなにやらこそこそ・・・店の前をりかかったY君にプラカップタワーに挑戦してもらっている様子。何か秘策でもあるのかしら?
4
うわぁぁ・・すごい。結局Sさんのアドバイスは関係なく自分でやってみたらこんなになっちゃった!ですって。これは好記録が期待できそうですね。
6
そして、今日も商店主の方が仕事の合間にIdutsuyaに集まり準備作業です。あがりかまちでも。
5
蔵のなかでも。今回の企画は商店の皆さんのこういった地道な作業・努力の賜物ですが、忘れてならないのが宮前小学校の山田先生の力です。先生の大きな力にIdutsuyaスタッフの力が加わって、商店街の皆さんのサポートとなり、何とか明日へとこぎつけてのです。本当に山田先生が今回の企画の立役者のお一人になってくださいました。感謝です。
7
さて・・私はというと、午後には一度オリエンテーリングのリハーサルのために商店街の中を歩き、実際にオリエンテーリングをしてみました。まだ、「チャレンG」のポスター掲示準備中の店舗もあったため少してこずりましたが、結構こうやって店を捜していくのも面白いみたいです。午後3時過ぎには月曜日に引き続き「FM茶笛」の中の「アフタヌーンスクエア」の生放送にチャレンG。明日からの宣伝をさせていただきました。そして3時半からは今月31日からの自主企画「音戯(おとぎ)のとき」の打ち合わせです。9月1日(土)の午後1時半からIdutsuya店内で「篠笛」の演奏とおしゃべりをしてくださる肥沼さんがこの暑い中お越しくださいました。担当スタッフNさんも仕事のスケジュールを縫って打ち合わせ時間に間に合いました。色々お話を伺っていくうちになんだか面白そうなステージになりそうな気配です。型にはまらない、気楽なものにしたいんです・・・とおっしゃる肥沼さんの熱意はびっしり書かれていらしたメモからも伝わってきました。我々もその熱意に負けないように楽しい時間を作りたいと思いました。
8
肥沼さんは演奏時に笛を二本背中に挿されるとか?これはどうしてなのかしら?当日楽しみに伺いましょう。
9
そして、市民新聞さんも明日からの取材にきてくださました。ヘアーサロンオザワさんのお子さん達にも協力してもらってよい写真が撮れたみたい。24日(金)読売新聞に折り込まれる「市民新聞」にご期待ください。
10
Idutsuyaの前には「チャレンG 受付中」の看板も立ちました。
11
夕方、ばたばたと追い込み作業中に、日芸音楽学科のバイオリニストYさんがスタッフOさんと来店。彼女は今月25日の「ひまわり畑」でのJULEPSライブのあとにバイオリンの演奏をなさるそうです。今日はその現場下見の帰りにIdutsuyaによってくださいました。ここで、先ほどのスタッフNさんとも話がはずみ、長い時間店でゆっくりしていってくださいました。楽しい時間でしたね。そして10月に付立染めの展示を開催予定の伊藤先生もこれまた久し振りに店に立ち寄ってくださいました。なんだか、こうやって色々な方が店に顔を出してくださるとやっぱりこの店は「誰にとっても」大事な場所のひとつなんだなぁと実感します。

今日は朝からO先生、キリムの塚本さん、スタッフも明日からの企画を気にして今日はNさん、Sさん、N村さんも来てくださいました。

さぁ、いよいよ明日スタートの企画。まだまだPR不足でお客様に情報が届いていない気もしますが、ここまできたらやるっきゃない!!商店街のみなさんの「お客様の気持ちになって楽しんでいただける企画」をIdutsuyaスタッフの力や、今回は高齢者支援課から高齢者大学関係のお手伝いの方も参加していただきながら盛り上げて生きたいと考えています。

商店街、市民、Idutsuyaスタッフ・・・様々な力が集まるときっと何かができるはずでしょう?






2007/08/18 (土) 00:31:14 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
Idutsuyaは今日から夏休み、18日(土)からは「夏あそび」
今日からIdutsuyaは16日の定休日までの4日間、夏期休業となります。
でも、私はいつものように店へ・・・店先の花にはヘアーサロンオザワさんがすでに水を上げてくださっていました。この4日間お世話になります。
2
そうです、今日は午前中、FM茶笛(チャッピー)の生放送があったのです。所沢の特にこのあたり?では有名な増尾さんが来てくれました。彼は・・・
1
この小さな機材一つ抱えて狭山・入間・所沢の町のあちらこちらに出没し生の情報をきめ細かくラジオで伝えてくれています。
今日の話題は、もちろん「夏休みチャレンG」のこと。私はエアモニターが聞こえなかったので、増尾さんの問われるままに答えるだけで精一杯でした。皆さんに、楽しいから遊びに来てね!っていう気持ち伝わったかナァ・・・

増尾さんが担当されているほかの番組でもどんどん紹介してくださるそうです。

そして17日の午後3時9分頃からのFM茶笛でもまたIdutsuyaと電話でつないでこの「夏休みチャンレンG」のことをPRしてくださるとのことでした。

では、みなさん、しばしお休みを頂きます。
金曜日のブログで又お目にかかりましょう。



2007/08/13 (月) 17:56:01 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
さぁ、いよいよ18日から「夏休みチャレンG」は、スタートです!
1
今朝も朝から沢山のスタッフが集まって「夏休みチャレンG」の準備作業が再開されました。
2
昨日、今日と勤めが休みのスタッフが集まって、すっかり宮前小の山田先生と親しくなってしまいました。こうなると作業を進めるにあたっての息もぴったり・・・山田先生、商店の方、Idutsuyaスタッフの共同作業風景。
3
「ここをとめて・・」
「ふーーん、そうやるのか」
4
奥の座敷では「プラカップタワー」の実践練習?
「随分高くできるんだね」
5
色々考えて会場を作り上げて行きます。同時に二組の人が参加できるように真ん中に仕切りを作り・・・
6
奥では次の作業について話が進み、手前では山田先生にこの旧町の話でもしてくれているのかしら?
7
朝、みんなで作っていたオリエンテーリングのボードが立ち上がりました。
8
ちょっとかっこいいですよね!店の外から覗き込むお客様が増えてきました。
9
そこへ、JULEPSファンの親子さんが・・・
「ゆうべ、ミューズにいらっしゃいましたよね!」
「あれ?見つかっちゃっていましたか?」
そうなんです、夕べはスタッフIさんと閉店後急いでミューズまで駆けつけたのです。何しろ6時開演のコンサート会場に6時に閉店してからでかけたので残念ながら何曲かは当然聞くことは出来ませんでしたけど・・・何時もIdutsuyaにきてくださるたくさんのファンの皆さんにお目にかかれましたね!ほら。ポスターも変わったでしょ?スタッフOさんが用意してくれたんですよ。
10
今度は行き違いにファンのYさんが昨日に引き続きまた来店なさいました。
「何か手伝うことありますか?」
彼女までスタッフのように・・ありがたいことです。
11
さてプラカップの会場設営も最終段階です。
12
タワー作りに挑戦している山田先生の真剣な表情。あれ?脚立に乗っている??そんな高くまでつめたんですか?
13
そ、そんな無理ですよ!先生!!
134
うそぉ、先生はすごい!余裕のVサインの山田先生です。
15
町にはあちらこちらに「宝探しオリエンテーリング」のポスターが貼り出されてきました。各店趣向を凝らしたコメントが書かれたりして・・それを読んでいてもなんだか面白そうですよ。
16
吉村家具は・・・ん?○には何が入るのかしら?
17
アフラックの○には?あ、分かった!!わかった!!

18日からはそんな会話が町のあちこちで聞こえるかもしれませんね。「宝探しオリテーリング」も「プラカップタワー記録会」も18日がスタートです。
Idutsuyaは13日(月)から16日(木)までお休みです。

ところで。
明日13日(月)午前11時35分頃からと、17日<金)午後3時09分頃から、FMチャッピーでこの「夏休みチャレンG」のご案内を生放送でいたします。かみかみで失敗しないようにがんばります!みなさん、ラジオ聞いてくださいね!
そして、ふるってご参加ください。
この夏、所沢GINZAは皆様をお待ちしております。

8月12日分のブログでした。

2007/08/13 (月) 00:45:50 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
みんなの力の結集が次の自主企画?ですね。
さて、今日も朝から宮前小学校の山田先生はじめ、スタッフもたくさん集まって18日からの企画の準備におおわらわです。
奥のデスクでは山田先生とスタッフHさんがカッティング作業。手前ではスタッフSさんとKさんが別の作業の準備です。
1
実は今日の夕方6時からは「JULEPS月1コンサート」の第1回目です。会場のミューズに行く前にファンのYさんが店に寄ってくれました。その上、なんと作業を一時間以上も手伝ってくださいました。こうなると誰がスタッフで誰がお客様だかわかりません。
2
入り口にはIdutsuya始まって以来のディスプレイが施されました。ここでもお客さまのYさん手伝ってくださる姿が見えますね。
3
店の中から見るとこんな感じ・・・商店街のプミラのSさんがこの企画の商店街側から様々な形でかかわっていらっしゃいます。特にポスター・チラシ・ディスプレイ・企画の小物類の製作など・・そうでしょ?なかなか面白いですね。
4
先ほどのディスプレイを手伝っていたスタッフNさんが余りの暑さに店の中に避難・・・そこにミネルヴァのCちゃんが私たちの作業進捗状況を見に来てくれました。こうやって昨日今日とIdutsuyaにはたくさんの商店の方がいらっしゃって賑やか・・賑やか・・楽しいです。
5
山田先生の隣にはスタッフAさんが午後から参戦。このあたりから山田先生や他のスタッフにも疲労の色が・・・昨日から同じような作業が延々と続いていたのでちょっと疲れてきたのは否めません。本当にすみません。商店の方もIdutsuyaに出たり入ったりと手伝いには来てくれますがなかなか思うように作業に携わる時間がないのが現実。そこを補うのが今回の自主企画でIdutsuyaスタッフの役割分担の部分です。
6
夕方にはS新聞の長谷川さんが取材がてら手伝ってくださいました。彼女のおかげで店の中は明るく、賑やか・・・おまけに作業がはかどった??かな?
7
今夜の「JULEPSコンサート」を見に行くためにスタッフAさんが帰られたあと、ミネルヴァのCちゃんが再び店に顔を出してくれました。
8
明日12日<日)がお盆休み前最後の営業日です。18日からの準備もいよいよ佳境に入ります。朝からプミラさんやスタッフKさん、Iさんが会場設営の予定です。


2007/08/12 (日) 00:07:44 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
18日からの企画準備におおわらわ・・そして・・・象の背中
1
オオタカの森のYさんとスタッフIさんが熱心に話しています。なんだろう?どうやら植木鉢の下のトレイについてみたいです。Idutsuya前の「古谷採種園」さんが9月いっぱいで閉店になるため、閉店セールが始まりました。そこで、Yさんが色々物色したものを冷静な目でスタッフIさんが見ているのでしょう。
2
そして、今日から宮前小学校の山田先生がIdutsuyaに研修にいらっしゃいました。研修といったって、先生に何をお伝えすればいいのか?朝9時前にはもう出勤なさって私が一言「お掃除を・・」といった次の瞬間からあっという間に店内から店の前と丁寧にお掃除してくださいました。雨戸を開けるのも初めてとは思えないくらい、早い!早い・・・本当にびっくりです。そんなびっくりは朝片付けていた棚に止まっていた「かまきり」も・・・余りびっくりして思わず逆さになってました。
3
一昨日で閉会した「佐藤 烓作陶展」を無事に終えた「和の器 チョコレートコスモス」さんが、「チョコレートコスモス」の造花を持って来店。これからリースを作るんですって。たくさんのお花に囲まれてまたお店も賑やかになるのでしょうか?楽しみですね。

そして今朝のIdutsuyaは、山田先生を筆頭に?大忙しで18日(土)から始まる「夏休みチャレンG」の準備が始まりました。普段はこんな時間に顔を出せない商店主のみなさんが少しの時間を見つけてはIdutsuyaに走りこんできて作業に加わります。でも、なんと言っても今日の嬉しい大誤算は山田先生の存在でした。なにしろ以前私が「手伝いますよ」といった時には返事をしなかった商店ご主人も先生のなさる作業をご覧になって本当に大喜びなさっていました。
11
女性スタッフも大忙しです。ボードの準備をしたり・・・
4
マグネットのカット作業をしたり・・・
5
座敷には巨大なボードが並べられています。
6
貼れパネのきれいな貼り方講座・・「ここを1cmほどこうやって・・・こうやって・・・」え?どうやったの?
7
O時計のKさんも店に顔を出してくださいました。
8
「これ、なぁに?プラカップ・・・へぇ本格的なのね」
9
山田先生、もう5時を過ぎちゃいました。今日は一日「作業」におわれてお疲れ様でした。とんだ研修初日になってしまったでしょうか?
10
Idutsuyaは13日(月)から16日(木)の定休日までの4日間、「夏期休暇」となります。そして18日から始まる銀座協同組合・・・銀座通り商店街とIdutsuyaとの初めての合同企画・・・一生懸命、お客様に楽しんでいただけるようなそんな企画にするべく商店街のみなさんと一緒にがんばります!!お楽しみに。。

ここで2つお知らせです。
まず、1つめ。
今日からリンク集のところに「所沢 もんぺ屋」さんを貼り付けさせていただきました。お客様からの沢山のお声を頂いたからです。是非覗き?に出かけてください。

そして2つ目。
明日はJULEPSの月1コンサートの第1回目の日です。12月までの5ヶ月連続のコンサートなのでちょっとどきどきですね。また、「象の背中」という秋元 康氏の映画のアニメヴァージョンの主題歌がNETで配信開始されました。ほのぼのとしたアニメーションのバックにゆったりと流れるJULEPSの優しく切ない歌声・・・その歌詞に思わず泣いてしまった方もたくさんいらっしゃるそうです。こちらも是非ご覧ください。P-Theaterからはいって「象の背中」です。

私事ですが、先日友人のご家族に不幸がありました。そんな時にこの歌詞を聞いたのです。今の友人の心にもきっと響く歌になってると思います。

2007/08/11 (土) 00:48:03 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
さようなら・・また、いつか。佐藤 烓作陶展!!
昨日の忘れていた一枚。ここにはキリムの塚本さんが写っていらっしゃいます。昨日は塚本さんが「所沢もんぺ屋」さんにお客様をご紹介してくださいまして、その時にIdutsuyaの作陶展にも寄ってくださったのです。
1
もんぺ屋さんから、和の器 チョコレートコスモス、そしてキリムからまたもんぺ屋さんへ・・・着実に皆さんの中でじわじわとその輪が広がっているようで嬉しくなります。
4
こんなかわいい作品とも今日でお別れです。
6
こちらはタイから修学旅行で見えた中学3年生のお嬢さん三人をお連れになったご家族。あれ?良く見たら一番右のお嬢さんはおととしの夏休み「夏休み宿題お助け隊」の当時中一だった彼女でしょ?もう中三になったんだ。
「これから塾なんですよ」とお父様。
「あの時はずっと勉強やらされて彼、かわいそうだったね」なんて懐かしい話にあの夏が思い出されました。がんばれ!受験生!きれいになって、びっくりしたわ。
7
午後になって人の入りはますます増えて行きます。最終日にこの人の多さは珍しいことですね。
8
右の男性はご自身でも焼き物をなさる方・・・じーーーとそれこそ穴の開くほどご覧になっているのでしょうか?
9
と、思いきや、「もんぺ着付け教室」の始まり、始まり。モデルは今回の作品の生みの親「浅見 恵さん」えくぼのかわいい女性で魅力たっぷり、もんぺの着こなしも抜群でした。あとでお顔を見ていただきますね。
10
ほら、間もなく閉店だというのに人が切れないでしょ?大盛況です。
11
えくぼ美人の「浅見 恵」さん、彼女の描く動物には魂も活力も吹き込まれているよう。今にも歩き出しそう、走り出しそう、飛び出しそうな作品が特徴です。
12
こちらが「佐藤 烓」さん、ちょっと強面に見えるけれど実際その人柄に触れるとびっくりするくらい気さくで素敵な方でした。このお二人の作陶展。再来を望む声がもう聞こえてきていました。
13
こちらが最後のお客さま、お琴の演奏家でいらっしゃるYさんでした。ここで閉店時間となります。そして・・・
14
いっせいに撤収作業が始まりました。とはいえ、大事な作品の数々、慎重に丁寧に片付けて行きます。「所沢もんぺ屋」さんも、スタッフNさんも「なんだか、落としそうでこわいなぁ」「おっかねぇなぁ」といいながら作品を二階から下にお疲れ様でした。
15
6時近くにはスタッフIさんも駆けつけてくださって車に搬入です。このときにはアウトドア用品の「歩」さんもドライバーとして協力してくださっていました。
16
こうして、店内はまたさっぱり空っぽになってしまいました

「こんなに迫力ある作品と、こんなにかわいらしい作品が同時に見られて楽しかったわ」そんなお客さまの言葉が思い出される作陶展でした。

今夜、作品たちを載せた車は恵さんの運転で「群馬県・・倉渕」までかえって行きました。さようなら。そしてまたお目にかかれますまで・・


2007/08/09 (木) 00:43:24 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
サファリシリーズとふくろう(不苦労)
今日は「浅見 恵」さんの作品がたくさん店に到着したところから始まります。
元気な恵さんは大きな車を一人で運転なさって群馬県榛名山から無事到着。かわいい作品を又追加してくれました。「所沢もんぺ屋」さんもおもわず「かぁわいいわね」
3
「こっちもいいんじゃない?」
「これは?」「どうれ?」
「もんぺ屋」さん、チョココスさんも余りのかわいらしさに仕事忘れてません?
2
仕事を忘れているといえば、店に着いて間もなくの「恵」さんも「出来上がってきたもんぺ」に夢中。思い出のお着物から「所沢 もんぺ屋」さんにもんぺに仕立ててもらってご満悦のようです。ごめんなさい。今日はお顔が見えないわ・・・
13
では、そんな恵さんの作品がどんなにかわいいかをちょっと紹介しましょう。恵さんの代表作・・ペンギンシリーズのお皿。
8
同じくペンギンのお湯のみ(マグ?)
9
このお皿がいいねぇ。使えるくせに夢のあるなんていいのでしょう・・と個人的には大感動です。
7
この脚のある形、意外と飲みやすい。同型の器でちょっと頂いたんだけどなかなか良かったです。器はやっぱり使い居心地が大切な要素です。
6
こうやって昨日までにスカスカになっていた棚に作品が並べられました。
11
遠方から見えられた方も・・・
17
御近所の方も皆さん、本当に楽しまれていました。
16
あら?昨日もお越しになって、作品を購入なさっていたのに??とJULEPSコーナー
15
ありがとうございます。今日も作品をご覧になりに来てくださいました。ありがたや、JULEPSファンの方も貸しスペースで店内が半分に使われていることに慣れてくださって。JULEPSコーナー以外にも目を向けてくださいます。Idutsuyaの活動にも徐々に興味を持って来て下さって感謝です。
14
彼女達も昨日に引き続き・・読んでいるのはやはりあの白いノート?
4
みんな、ここに集まらないと落ち着いて話せないみたいで・・・ちょっとおかしいね。でも、今日の話題はこれ・・・
1
7月半ばに土浦からのファンの方が1度持って来てくださったこの「ふくろう」のことです。
4
実は、昨日も彼女はまた店に200個もの「ふくろう」を届けてくださったのです。
最初、彼女は「ファンの方たちに」とおっしゃり持って来てくださったのですが、今日当たりはうちのスタッフも作陶展を見に来てくださったお客様も「是非、頂きたい」とそれこそ飛ぶようにもらわれていってしまうのでした。

私はここで「ふくろう」を手にされる方たちに必ず話をします。そのうえでふくろうを手にしていただきたいからです。

それは・・あの皆さんが読んでいらした「白いノート」に綴られているようです。

彼女のお母様がお亡くなりになって間もなく一年になるのだそうです。そのお母様はそれこそ手仕事がお好きな方だったのでしょう。彼女とお姉さまのお二人のお嬢様の身の回りのものを丹念に作られたりしていたそうです。そのお母様が病に倒れられ、その病床で作り続けられていたのがこの「ふくろう」だったのです、。お世話になった看護婦さんへ、お母様と同じようにBEDで病と闘っている方たちへ・・・様々なみなさんに「不・苦労・・・ふくろう」を届けられたのでしょう。

そのお母様が他界なさったあと、彼女が開いたお母様の裁縫箱にたくさんの作りかけの「ふくろう」があったそうです。彼女は裁縫など余りしたことがなかったのに、このお母様のご遺志を継ぐかのように黙々と作り始めたのが「ふくろう作り」のきっかけだったと聞きました。

この「白いノート」にはきっとそんなことが書かれているのでしょうが・・弱虫の私はこのお話を伺った時点でもう胸が痛くなってしまって、どうしてもそのノートを読むことが出来ないのです。

そこで私は「ふくろう」を手にされる方たちに必ずこの話をします。そのうえでふくろうを手にしていただきたいからです。

ふくろうを手にされた方たちは・・「そんなお話があったんですね。少し余分に頂いてもいいですか?この話を聞かせながらプレゼントしたいと思います」とか・・・
「実は私も23歳の時に母をなくして・・・3人姉妹が残されたのだけど。お話を伺っているうちにそのときの事を思い出してしまいました。本当に親って居て当たり前、そんなに急に居なくなるなるなんて考えもしていなかったからどんなに彼女が辛かったか・・・そう思うとこの「ふくろう」が本当にいとおしい」そんな方もいらっしゃいました。

JULEPSファンのこのコーナにはたくさんの方が見えます。ただのファンクラブと言われることもありますが、この場所で出会い、この場所で何かを感じて癒され、いたわりあう優しさを感じられる方が多いからファンの皆さんは何度も何度もここを尋ねるのでしょうか?

Idutsuyaにもたくさんの人が見えます。
Idutsuyaの目的にも沢山のことがあります。その中の一つに「交流」という言葉があります。一口に交流といっても難しいことだけどこの「ふくろう」たちは今Idutsuyaを訪れる方たちにとって大切な「交流」のお手伝いをしてくれているように思えるのです。

この建物を愛し、この場所で人にめぐり合えたことに感謝し、ここで様々なことを見聞きし、ここから広がっていける・・・今、Idutsuyaからはこの小さなふくろうの翼に載せたさまざまな「交流の輪」が広がって行きます。

ありがとうございます。Mさん、誰よりも私が今一番この「ふくろう」に励まされているみたいです。

2007/08/08 (水) 01:41:52 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
JULEPSって、メンバー居なくても盛り上がってるわ!?
とにかく、ここのところの猛暑・・本当に言葉が出ないくらい暑い、暑い・・・これは土曜日の夕方入間川の七夕祭へ出かける前のYさんの浴衣姿です。先週は黒地の浴衣だったけど淡い色合いのこっちもかわいいですね。
1
忙しいのにわざわざ店に来てくれてありがとう・・・会場であるJULEPSライブ楽しんで来てね!!
2
急いで歩くと下駄の音が、からころとまたかわいく涼しげでした。

さて、「佐藤 烓作陶展」も今日で4日目。何回か店の前を通っては気になる様子だったお客様も、店の中にはいってこられたり、また少し違う雰囲気になってきました。特に今回はご自分で「陶芸」をなさっている方が多いように感じるのです。
9
こちらのお客様も若手の女流作陶家(というご紹介でよろしのかしら?)熱心に、丁寧に作品をご覧になられていかれます。
3
彼女の作品もいつか、この店で沢山の方に見ていただきたいものですね。
4
おや?こちらはJULEPSファンのお一人・・・なにやら真剣に読んでいますね。
5
実は今日、JULEPSファンのお一人が土浦から見えるとい情報がJULEPSの皆さんの間で「連絡網?」で回り・・・
6
Idutsuyaはあっという間に「サロン・ド・JULEPS」に早変わりでした。一番多い時で13・4人はいらしたんではないでしょうか?危うく陶器の作品が並ぶ棚がひっくり返りそうになるほどたくさんの方が集まられていましたね。(ひっくりかえらなくてよかったぁ)
7
こうやってみなさんの様子を拝見していると、ただただ「JULEPS」の不思議な力に驚くばかりです。だってメンバーがいるわけでもなし・・・今日もこの場所で「はじめまして」のファンの方たちがいらしたんですものね。こうやってここで知り合い、ここから又新しくいろいろ・・始まるのでしょうか?
8
しめは「住宅情報 タウンズ」と同じ場所で記念撮影。今度どこかの観光地にあるような「平成××年×月×日 井筒屋町造商店 来店記念」とかいうプレートを作って集合写真撮るアルバイト始めようかしら?なんてこと考えちゃいました。なぁんてね!!

さて明日、あさっての両日はこちらの作品を作られた「浅見 恵」さんが会場にいらしてくださいます。浅見さんは今回の「佐藤 烓」さんの奥様でいらっしゃり、ご自身「食育」をテーマにいくつかの作品を作られている作家でもいらっしゃいます。
16
今回展示されている、この「サファリシリーズ」はとてもかわいくて新鮮です。土の大地の色合いのなかに「走り抜けていく」「ゆったり歩く」そんな象や、きりんなどサファリの動物達がシンプルに、でもとてもダイナミックに描かれているように見えるのです。
15
本来ならとても「かわいい」はずのないサバンナの風景が我が家の食卓に載せたい「かわいい」器に変身しているところが本当に面白いのです。

ご主人の作品とは違った魅力の作品を生み出している「浅見 恵」さんは明日、あさっての最終日までIdutsuyaでみなさまをお待ちしております。
2007/08/07 (火) 01:11:34 | きょうのできごと | TB(0) | CM(14)
作品に宿る魂を感じてくだされば・・・
1
今日はちょっと今回の展示の話から脱線しましょうか?・・・これは8月18日からスタートする企画のポスターです。面白そうでしょ?
たまたま店の前を通りかかったN会のTさんを強引に(?)店の中にお招きしてこのチラシを見ながら久し振りにお話させていただきました。うーーむ、お互いの商店街で繋がればもっともっとやれそうなことがありそうなのに・・・それが見えそうで見えないもどかしさ・・・それを感じているのは私だけではないようにも思えるのでした。この企画の詳細は後日・・・・
2
そして烓さんの素敵な花器に活けられているこの花がチョコレートコスモス・・今回の「佐藤 烓作陶展」をプロデュースしてくださった「和の器 チョコレートコスモス」のシンボルです。
3

5
さて、昨日肝心の花器の部分が見えなかったあのあがりかまちいっぱいのグリーンの足元は、こんな感じです。手前に素敵な二つの花器も見えます。
4
今回、特に目立つのは本当に熱心に、真剣に作品をご覧になるお客様・・それに真剣に答えてくださる「佐藤 烓」さんご本人です。
6
ふと気がつけばこの暑いのに、沢山の方が店にはいられては作品をご覧になっていかれます。
7
時にはこんなお客様も・・あら?裸?
8
「陶」を勉強なさているママのお付き合いでお店に見えた赤ちゃんは余りの暑さに「おむつ一丁」になって大喜び。涼しいのが今のIdutsuyaでも最高のおもてなしですね。冷凍庫で冷やしておいた「タオル」のサービスもお客様に好評のようでした。
15
そして夕方には吉村家具のアイドル「Qちゃん」も素敵なベビーカーに乗って店に来てくださいました。思いがけず今日はこんなお若い二人のお客様が・・つまりこういう小さなお子様を持たれた若いご夫婦にも今回の作品が受け入れられているということなのでしょう。ありがたいことです。こんな私でよければいくらでも「お守り」しますから、ちいさな子連れだからだなんて諦めないで是非ご来店くださいね。
9
丁寧に作品を紹介してくださる「佐藤 烓」さん。新しい「もんぺ」をはいてご満悦の様子。実は先ほどご紹介した「和の器 チョコレートコスモス」さんのお二階にはかねてからこのブログで書いていますように「所沢 もんぺ屋」さんが入っています。烓さんはそこで「もんぺ屋」スタッフに出会い、今回念願のもんぺ姿となられたのでしょう。奥様の「浅見 恵」さんからももんぺのご注文を頂いているのよ・・・と「所沢もんぺ屋」さんも嬉しそうに話されていました。それにしても、この姿・・・まさにMONPEのためにあるといってもおかしくない「烓さん」ですね。
20070804164736.jpg

20
冷房の効いていないお二階にもたくさんの作品が並び、あつさにもかかわらず皆さんじっくりご覧になってくださっています。
11
このお二階には大皿などの作品が多く展示されています。作品には作家の魂がこもると言われますが・・・陶芸に関しては全くの知識のない私が見てもこの作品<たち>には一つ一つ顔があるように見えてならないのです。作家のそのときの感情・心情がきっとその手を通して形になり、炎に宿る神様の力を借りてそこに命が吹き込まれていくのでしょうか?その焼き色や、表面の手触りなど、私の稚拙な文章力では表せないそんな不思議な思いがするのです。
12
こういうふっとした花器が家の中にあったら・・・あわただしい生活の中にも、こういうこころの「隙間」を飾る気持ちが欲しいなぁとしみじみ感じてしまいました。
14
ここには4人の方が写っているのですが、さて、それは誰でしょうか?

夕方、閉店間際の店内には「佐藤 烓」さんを慕うお仲間がどんどん集まられてきてちょっとした「アーティスト」の溜まり場のような雰囲気になっていました。

「佐藤 烓作陶展」は丁度折り返し点を迎えました。
余すところ日・月・火・水(夕方4時まで)の4日間です。この機会に是非一度Idutsuyaまで足をお運びください。





2007/08/05 (日) 02:16:39 | きょうのできごと | TB(0) | CM(2)
Idutsuyaの中に夏の緑が・・
今日から始まった「佐藤 烓作陶展」はこんな状態から準備スタート。果たして開店時間に間に合うのかしら?
1
なぁんて思っているうちにさすがは烓さん、あっという間にご自分の作品をポッポッと店の中において行きます。チョコレートコスモスのSちゃんは佐藤 烓さんの奥様である「浅見 恵」さんの作品をこれまた手早く並べ始めました。そしてあっというまに店の中は「佐藤烓・浅見 恵」ワールドに変わりました。
3
今回なんと言っても眼を引くのはこの枝ぶりも見事な大きな緑。店の上がりかまちの大きな花器にドバッと思い切りいけられていきます。
5
そして枝や葉の向きを確認して「よし、OK」
4
どんどん作品も出して行きます。
6
なんだか、ざっくりしているようで繊細で、適当なようで計算しつくされているような不思議な空間の出来上がりです。
23
ごめんなさい、緑の活けてある花器見えませんね。
8
緑越しの座敷もなんともいえない良い雰囲気です。
7
その座敷中央に並べられた作品の数々。
2
漆の新先生と陶芸の佐藤先生の初顔合わせです。お二人とも幅広い話題で意気投合なさったのでしょうか?楽しそうですね。
12
午後になると座敷では、佐藤 烓さんご本人が作品の説明をしてくださっています。
13
そんな中、お隣のマンションの坊やが久し振りに店の前を通りかかりました。丁度一年前の写真があったのでお渡ししたところ・・・お母様は大喜びしてくださったのですが、肝心の本人はボーーーーッ。
これってあなたの若い頃の写真なのよ!!
14
こちらはアウトドアショップ「歩」のご主人、そういえば・・・日曜日から一週間。つまり次の日曜日までの限定1週間、SALEを開催するとか言ってたかしら?早くポスターもって来てくださいね。
24
とまぁ、あわただしく初日の幕は開きましたが以前から楽しみにしてくださっていたお客様や、もんぺ屋さん、アウトドアショップ「歩」さん、並びのブティック「SoーFlat」さん・・・などなど近所の商店の皆さんもこの展示会を様々な形で応援してくださっています。

今日は「緑」をテーマにご紹介した「佐藤 烓作陶展」ですが、明日はもっと他の作品をご紹介しましょう。

朝5時おきでIdutsuyaに到着なさった佐藤さん、お疲れ様でした。


2007/08/04 (土) 00:16:23 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
沼田曜一展・・好評のうちに閉会。
向かいの「古谷採種園」さんの窓になにやら張り紙が出ています。
1
うわぁ。閉店って9月いっぱいなんだ。
2
いよいよ25階建てのマンションがここに建つという実感がわいてきました。このお店の中は本当に時代が何十年かタイムスリップしたようなつくりになっています。わたしの子供の頃にも(当時私が住んでいた町には)さすがにこういう店はもうなかったなぁ・・・だから懐かしいというより新鮮な感じさえうけてしまいました。
3
さて、SALEと言っても店内色々な商品を割引価格で・・とおっしゃっていたのでその中のお買い得品を少しご紹介しますね。この植木鉢の受け皿は5枚で100円。これは超お買い得に違いないでしょ?そのほかにも噴霧器や剪定ばさみ、長手の鎌などなど・・皆さん、是非一度お店を覗いてみてくださいな。ちなみに上の張り紙はちょっとお手伝いしたIdutsuya特製ちらしです。
4
店の中は「沼田曜一展」もいよいよ最終日。記念撮影が始まっていました。
5
こちらは福島からいらした方だとか・・・本当に暑い中ありがとうございました。
6
月曜日のNHKニュースの影響もあり、最終日というのにお客様の足は途絶えません。次から次へと来店なさいます。
8
この暑いのに、本当に良くいらしてくださるんだ・・・とフト、外を見ると真っ白で足のながぁぁぁいちびちゃんがママと立ち話。あれはO時計やさんのKさんだ。少しの日陰でも涼しいのかな?
7
美甘さんはこの一週間、次々にお見えになるお客さまの応対でかなりお疲れのようでした。本当に良いご供養になったことでしょう。とお客さまのお声が心に響きました。
9

10
閉会間際に来店なさった奥様は「沼田曜一さんてこういう方だったんだぁ」と長い時間をかけてじっくり展示をご覧になっていかれました。
11
そして、夕方5時半。沢山の思い出の詰まった展示物が全て片付けられ美甘さん、昔がたりの会の皆さんがお帰りになられました。2日間にわたる大盛況の「昔がたりの会」の公演は猛暑の中、超満員のIdutsuyaの大切な思い出となりました。本当にお疲れ様でした。
12
入れ違いにやってきたのは・・「和の器 チョコレートコスモス」のオーナーSちゃんと、陶芸家「佐藤 烓(けい)さん」のお二人。とりあえず、搬入だけは済ませましょうと大急ぎで作品を店の中に運び込みます。スタッフNさん、ひげ爺、I嵐さんもお手伝い、みんなであっという間に搬入終了です。あとはあさって烓さんの抜群のセンスで店の中に作品が納まっていくことでしょう。この町にも「烓さんファン」がたくさんいらっしゃるようでみなさんあさってからを楽しみに待たれているようです。

群馬県にお住まいの陶芸家 佐藤 烓さんをこの町に紹介してくれた「チョコレートコスモス」というお店もこの町の中で愛されている「個性店」の一つだと思います。まだ開店一周年の若いお店ですがなかなか「個性派ぞろいのお客様」でも有名なお店かな?

昨日の「花の詩」さん、今日の「古谷採種園」さんと寂しい話が多くなる中でこういう若いお店ががんばっていることもまたこの町の現実なのです。

あさってからの「佐藤 烓 作陶展」どうぞお楽しみに・・・

(佐藤 烓(けい)さんの漢字、もしかしたら皆様のPCでは読めないような状態でしょうか?ちなみに火編に土二つ 火圭という漢字です)





2007/08/02 (木) 01:26:26 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
paper
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。