FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
別れ・・・は前向きに、明るく行こう。
今日は少し寂しいお知らせからご報告です。一昨年にidutuyaで個展を開いてくださったMさん。私はついついMちゃんなんてお呼びしていたけど・・・
2
こんな斬新なデザインのTシャツや糸から染め上げて機で織り、仕立て上げたこのお着物。なにもかもすばらしく今も印象に残っている方のお一人ですが、この度、ご実家のある京都に戻られることになり、ご挨拶にいらしてくださったのです。一時、体調を壊されて本当に苦労なさった彼女ですが、今日久しぶりにお目に掛かった印象は「物静かで、それでいて元気良く、明るく、前向き」な女性に戻っていらっしゃいました。
「がんばってね」というのは既に頑張っている人には失礼な言葉かな?と思い・・・「良い加減にやってね」と声を掛けました。
良い加減はいわゆるテキトーにやってしまうあの「いい加減」のことではなく「丁度良い加減」まさに「良い加減」を指すのです。
3
Mちゃん、今日はわざわざありがとう。あなたと初めて出会ったおととしの事忘れません。一緒に展示の準備をしたことも、忘れ物を私の車で取りに行ったときのことも、Mちゃんの作品がこの所沢で商品化されて店に並んだことも、みんな、みんな良い思い出になりました。この町所沢は今もずっと動いています。私たちここに住む人間の生活もどんどん動いています。今は「別れ」かもしれないけど京都に戻ってもいつまでも「idutuyaファミリー」でいてね。
4
さて、「暮らしの中のミニ盆栽 PART3」初日の幕が開きました。ちょっと朝早くから到着なさったのにはびっくりしたけれど、相変わらずの花樹会の皆さんの人気です。今日は夕方からの雨にもかかわらず100名ものお客様が来店なさいました。(私の指は特に大きいわけではないと思いますので、この比較で「ミニ」加減がわかりますかしら?)
5

7
今回も「盆栽の素材となる「山野草」やミニミニの植木鉢が大人気です。
8
さすが、PART3ともなると花樹会の皆さんは会場設営にもそんなに時間がかかりません。早い、早い・・あっというまにこんな店内になりました。
9
道行く人もどんどん足を止められて行きます。
10
オオタカの森トラストさんも盆栽用の竹炭を用意して販売なさっています。
20070629173052.jpg
今日、銀座通り商店街の町並みに新しいお店が開店しました。
13
ハーヴィーインターナショナルさんのアンテナショップ「スパイスキッチン ハーヴーズ」Idutsuya隣のコンセールタワー1階、元あらいやカーテンさんの場所にオープンです。
12
この木製の扉が??中が見えなくてちょっと入りにくいかな?
12
看板が「ハーヴィ-ズ」だったり「ハーヴィー」だったり?名前を覚えるまで呼び方がちょっと難しいなぁ。
16
久し振りに歩いた「中央公民館」再開発真っ最中の現場です。
18
今は解体工事が進んでいるようでした。この場所に新しく生まれ変わるのが今から3年後。その間にも町はどんどん動き続けるんでしょうね。
20
ヘラクレス?
22
帰り道に寄ったおもちゃの「すだれや」さんからの耳寄りな情報。昨年○万円だった「かぶと虫 ヘラクレス」が今年は夫婦(つがい)で6000円!!これが安いか、高いかはお客様のお考え一つ。私なら子供にせがまれても・・・迷うなぁ・・・
19
そんな方には一攫千金?ならぬ、一匹ヘラクレス?ガチャガチャでチャレンジしてください。運の良い方はヘラクレスGETできるそうです。でも、こういう遊び心はだぁぁい好き。ガチャガチャに商品券でも入れてくれると母も大満足なんだけど。
23
店の外には7月6日から始まる自主企画のポスターを貼り出しました。
21
7月9日はコンセールタワー「ふらっと」をお借りしての「冷茶で涼しいおもてなし」のポスターも。このお茶会の「呈茶券」1枚300円の発売も開始されました。こちらもどうぞご利用ください。詳細は当店まで。

日付変わりましたが29日のブログでした。



スポンサーサイト
2007/06/30 (土) 00:02:50 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
平助まんじゅう・・食べてみたかったぁ・・
「あら、もう展示していないんだわ」
「こっちにもないかしら?」
女性がお二人来店なさいました。
お話を伺うと・・・お一人の女性のお兄様が「峰岸さんの所沢百景」に出てくる「平助まんじゅう」の最後の代の方だったとおっしゃいます。生憎、先週まで展示していた「峰岸さんの絵のオリジナル」は返却してしまったので急いで、二階に仕舞ったコピーをお見せすると懐かしそうにご覧になっていました。
1
「本当に伺ってよかったわ・・・こんな昔は知らないけどなんだか懐かしくて・・」とおっしゃってくださいました。
2
そして、最終日の店内は波はあるものの、お客様が楽しそうにお買い物なさっていました。Idutsuyaの「お買い物」はただの「お買い物」では済みません。実際にその品物を製作した方と直接お話をしたり、そんな交流の楽しみ付きというわけなのです。
3
そして、こっちはお待ちかねJULEPSファン待望の「住宅情報タウンズ」6月27日号。この31・32ページにJULEPSの記事が載っているのです。
4
しかも撮影は「Idutsuya」前で・・お近くのコンビニや銀行や生協などなどで無料配布中。是非ご一読ください。それにしても編集の方ぁ、ここは「ファルマン通り」」ではなく「所沢銀座通りのIdutsuya」なんですけど。
5
だんだん、この4人の表情が自信に満ち溢れていく感じ?がこの写真から感じとれるのは私だけでしょうか?
6
Idutsuyaお隣の「貴龍堂」本屋さんが引っ越されることになりました。元町交差点にある「かしまや」さんのところです。この前の選挙の時には選挙事務所になっていたあのガラス貼りのお店ですね。秋に開店ということでしょうか?しばらく移転準備のために休業とは寂しいですね。でもあれだけの量の本の引越しですから半端な期間の準備というわけにはいかないでしょうね。

夕方、お二人の先生は帽子や袋物類をさっと片付けられてお帰りになられていきました。
「こんなに皆さんが暖かくしてくださるなんて思っても見なかった」
「こういう環境でお客さまと接することが出来て本当にありがたかった」などとおっしゃってくださいました。「また、ここに戻りたいです」この言葉が一番嬉しい一言でした。
7
さて、これは夕方見えた「日大芸術学部の先生と生徒さん」の授業した後の姿。暑さでかなりばててる・・・
8
一応授業中の姿。皆真剣に語っていました。
9
今日最後のお客様は「おもちゃのすだれやさん」久し振りにお話して閉店と相成りました。

あさってからはお馴染み「暮らしの中のミニ盆栽 PART3展」が始まります。楽しみになさっていたお客様が多いのもこの展示の特徴でしょう。

Idutsuya、明日は定休日でございます。

尚、ブログを「ビル風のたより」と同じデザインに戻すことが出来ました。このデザインをずっと捜していたのですが、見つけられなくて・・・(すぐに教えてくれなかったちょっと意地悪な?)元手代G助がやっと教えてくれまして、めでたく今日よりこのデザインと相成った次第です。
いろいろお目煩わせ?いたしましたが、今後ともよろしくでございます。



2007/06/28 (木) 00:18:20 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
初夏を彩る創作帽子と袋物展」は明日が最終日です。
「ビル風のたより2」になってから文字が小さい、色が濃くて読みづらいなどのお声を頂いておりました。今日からこんな感じにしてみましたが如何でしょうか?
1
ママのお買い物中は加賀先生が小さなお客様のお相手です。
「お頂戴」から「どうぞ」・・繰り返しているうちに彼からも「あぁぁぁぁ」と声が戻ってきます。
火曜日どんより曇り空の朝だけど、ちょっと暖かな気持ちでスタートです。
4
今日はお買い物のお客様が多くなってきた・・・というのがお二人の先生の実感でした。つまり・・・金曜日の初日から何度も店の前を十手板お客様や、店内で先生方の説明を聞いては帰られていた方たちが今日あたりから実際にお買い上げになられていったのでしょうか?数日前のじっくりご覧になるお客様というより、すでにお買いになりたい品物を決めて来店なさるせいか、さっと来店なさって、迷わずお買い上げになられるのです。
3
そして、こちら側では髭爺の「歴史探訪ミニ講座」?でしょうか?市外からお越しのお二人連れのお客さまは熱心に他の町との話を持ち出されて所沢との比較をなさっていらっしゃいました。
「湖月縮ってなんですか?」
「それはどうしてなんですか?」
「川越とはどう違うんですか?」
余りの熱心さに3人の前にある机の上は資料でいっぱいになってしまいました。
2
そして、これは「地口絵」いよいよ7月6日から始まる7月自主企画「夏のお祭り~お天王様と地口絵」のポスター作りをはじめました。今はこの絵をかける方もわずかになられているとか・・・こんな味のある絵が見られなくなるのはもったいない・・・と思ってしまいます。

ご興味のある方は来月14日(土)お天王様の宵宮の夜に「思い出のお天王様」のお話絵画午後4時から予定しています。是非お越しください。

いよいよ「初夏を彩る創作帽子と袋物展」も明日が最終日となりました。こちらも是非ご来店の程、心よりお待ち申し上げております。

2007/06/26 (火) 23:14:46 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
町の現在を見る目と、先を見る目・・・
週明けの帽子達。お客様の言葉を思い出しました。
「こんなに沢山の種類を一堂に見たのははじめてだわ・・・」
1
確かにそうですね。帽子もBAGもまさにそうです。全て手作り一点物の世界ですから(サイズ違いはあったとしても)どれもこれも個性的。デパートで売っていない「一品」にみなさん興味がわくのですね。
10
今日だってあさってから旅行に行くというお客様がお気に入りの「BAG」を見つけて大喜びで買われていきました。
2
しかし、本当に人の好みって多彩な物。10人居れば10通りの好みがあるのですね。だからお客様の選ぶBAGが本当にいろいろあって面白い。面白い。一つ一つ選ばれた物を見るたびにスタッフIさんと一緒に「ふーーむ」と頷くのでした。
3
下のお二人はお帽子が本当にお似合いの素敵なお母様とお嬢様でした。どれをかぶられても「これもいいわね」「それも素敵」と帽子製作の加賀先生も喜ばれていました。「なかなか、この帽子を自分の物にして着こなせる方は少ないのよね」
4
あれ、漆作家の新先生じゃありませんか?何をごらんになっているのですか?
5
ほら、又、覗き込まれていますよ。
6
挙げ句の果てには「覗き込まれているところ」をカメラにまで納められて。なんでも「日本の刀剣」の資料を皆さんでごらんになっていたんだとか。それにしても私には難しすぎてなんともマニアックな雰囲気でした。
8
そして、下の画像は・・・お待たせしました。JULEPS七夕飾りです。
7
まだまだゆとりがあるでしょう?もっとたくさんの短冊書いてくださいね。
9
今まで書きためてくださったファンの皆様の短冊をスタッフIさんが丁寧に飾ってくださいました。

今週で6月も終わり・・・なんだか今年は時間の経つのが早いなぁ・・

Idutsuyaは今夜も午後10時まで会議がありました。集まったスタッフの中で今後の「井筒屋町造商店」また「この町 所沢」をどうするべきか?どうあるべきか?というような話が出ていました。
たくさんのアイデアが、たくさんの思いがそれぞれのスタッフの口から溢れ出てきます。

そんな話を聞きながら、私はこんなことを考えていました。

このIdutsuyaは情報の集まる場所であるべきではないのか?・・情報を受信できる感度の良いアンテナをもっていなくてはいけないし、店に入ってきた新しい情報をいかにタイムリーに発信できるかも考えなくてはならない・・こんな根本的な役割を今までこの店は果たして来たのだろうか?と・・・

この春、みんなのオアシスだった駄菓子屋さんが閉店したことをお客様から伺ったこと。正直私には大変ショックな出来事でした。どうして、私たちがお客様から教えていただかなくては分からなかったのかしら?本当は私たちがお客様に向けてお知らせしなくてはいけなかったのではないでしょうか?

良く、「市民の声は、町の人の声は・・こうだ」という話を聞くけれど本当にその声は正しく伝わってきているのでしょうか?その声を聞いたという人の職業・役職・年齢・またそれぞれの人生経験・・などなど・・つまり立場によって相手もこの「声」を変えて伝えてはいないのかしら?
きっとわたしだったら、この人にはこういったほうがいいかな?とか、あの人にはこう言おうなんて計算してしまうこともあると思うのです。でもそれは考え方によっては当たり前のこと。自分の「声」を聞いて欲しいところに的確に届けるためには、どうすればいいのか相手を見て考えるのは当たり前ではないでしょうか?

私の思い描いているIdutsuyaはそんな「声」をなるべくニュートラルな状態で聞いていたいのです。なんのしがらみもない、損得もない、本当の声を出来ればもっともっとたくさん聞きたいのです。

そして、そんな場所、そんな店でありたいと願ってきたのです。そういう気さくな店であってほしいのです。

今のIdutsuyaに残された9ヶ月。何を目標に、何をするために、何を伝えるために、何を実現するために・・・何を?何のために?・・・から始まってどうすれば、こうやって行けばその目的に少しでも早く到達できるのか?を今まで以上に迅速に限られた時間の中で実行していかなくてはいけませんよね。

この町ところざわの「現在の生活」を今すぐこうして欲しいと願う人。「これから5年後、10年後、20年後の子供のいなくなったときの生活」をこうあって欲しいと願う人。どちらの人がいるのも現実です。もっと他の沢山の「声」があるのも事実です。そのたくさんの声に耳を傾けながら、そしてもっともっと多くの声を聞く努力を惜しまずに進むことが今の私たちスタッフに課せられたことではないのかな?

そんなことを考えた夜でした。
2007/06/25 (月) 23:42:05 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
作品展も、JULEPSもIdutsuyaは賑やかでした。
こちらはIdutsuyaお隣コンセールタワー1階に今月29日〈金)に開店予定のお店の中・・・ちょっとのぞかせていただきました。
「カレー?コーヒー?サラダ?」なんだか詳細は分からないけど気になる、気になる。おいしいお店大歓迎!なのは私だけかしら?
1
「初夏を彩る創作帽子と袋物展」のお二人のコメントです。お二人とも長きに渡りそれぞれの道を究められているんですね。
1
そんなお二人の作品展にはじっくりとお買い物を楽しまれるお客様が続きます。
2
その中で気づいたこと・・・自分の好きなものと、他の人から見て自分の似合うものとは少々違うことがあるということ。そうかぁ。たまには人の意見を聴いてみるともっと自分に似合うものが見つかるかもしれないんだ。お二人の先生のアドバイスは貴重ですね。
3
又、今回のお客様には大きく分けて二つのパターンがあります。まず、ふらっと店に入られて一直線にご自分のお気に入りを見つけられて、あっという間に購入される方・・・と長い時間ゆっくり考えられてから〈場合によっては一度帰ってから再来店の上)お買い物なさる方・・・いずれにしても皆さん、世界に一つしかない一点物をお買い上げになられてとても楽しそうです。

また今日は素敵なお客様が見えました。下の画像の右奥の方・・・そうです、少し背伸びなさって帽子を取ろうとなさっている方・・こちらのお召しになっているもの、分かりますか?そうです。もんぺです。昨日「所沢 もんぺ屋」さんで購入なさったと私たちに見せに来てくださったのです。それにしてもその着こなしの素敵だったこと。本当はばっちりその姿を撮影させていただいたのですがブログに載せていいかをご本人に許可いただくのを忘れてしまったので・・この程度の姿で後はご想像ください。
5
これがうわさのJULEPSのチケット5枚揃い踏みです。(Aちゃん画像ありがとう)こうやってつなげると「JULEPS」の文字がきれいに並びますね。この5枚のチケットの半券が切られる前にもっといいお話が来るように皆で応援したいですね。
7
JULEPS短冊つくりのファンの方が続きます。
8
みなさん、この場所に来ることでJULEPSのメンバーと一緒にいるようなそんな気持ちになってくださるのかと思っていたら・・・皆さん「Idutsuyaスタッフの皆さんが優しくて、ここに来るのが楽しみです」なんてことおっしゃってくださるのですよ。こちらこそありがたいです。
9
この前にもお一人ファンの方がお見えでした。今日一日で5名のファンの方がお見えでした。

おととしの6月、楽屋として使っている蔵の中でやせたスーツ姿の青年3人が鏡に向かって髪をとかしたり、何度も水を飲んで緊張をほぐしていたりしていたこと。そしてなによりも思い出に残っているのはまさに演奏を始めようとしたらめぐちゃんのピアノのコンセントがはいっていなぁぁいとあわてたこと。Idutsuyaのコンサートも駆け出し、JULEPSのメンバーもまだまだなれていらっしゃらない頃だったのでしょう。今思い出しても懐かしいコンサートの夜です。
そして昨年二度目のコンサート、夕方からファンの方が店の前に並ばれて通行の妨げにならないようにスタッフみんなで交通整理したことも今となっては楽しい思い出です。

Idutsuyaのこの場所でのコンサートはもう実現不可能となってしまったけど、Idutsuyaスタッフがかれらを応援する気持ちはいつまでも同じです。






2007/06/24 (日) 00:47:55 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
初夏を彩る創作帽子と袋物展 初日
さて、今日は「初夏を彩る創作帽子と袋物展」の初日です。最初は展示準備のために12時開店予定だったのですが、一昨日水曜日に主催者の方との打ち合わせどおりに会場を設営していておいたので、なんともスムースに準備がすすみます。
今回のBAG類の製作者の小出さんもたくさんのBAGをてきぱきと座敷に並べられていきます。
1
帽子担当の加賀さんもスタッフと一緒に展示位置を確認なさっています。
3
ところで、今日の加賀さんはお洋服と同じ柄のお帽子をやはり手作りの共布で作ったピンで留めていらっしゃいました。
2
帽子・BAGもきちんとお客様をお迎えする態勢になりました。
20070622184537.jpg

8
こうやってお客さまとお話なさりながら・・・お客様も楽しんでお買い物をなさいます。
6
「どれもこれも個性的ですね」
「全て手作り・・一点ものです」
「すごーーーい」
9
じっくり選ばれて、本当に気に入ったものを大切に買われていくお客様達。お買い上げの頃にはすっかり製作者の方と親しげにおしゃべりなさっていました。
10
そして、今日のJULEPSファン。午前中にはあの暑い日にベビーカーに乗ってきてくれた「れおたん」がママと来店。今日はママが短冊を書いている間、私が抱っこさせていただきました。したがって画像はありません。
5
こちらは「校外学習」の途中のお二人。短冊作りって広い意味だと「国語の学習」ですよね?心なしか急いで書き上げていたかわいらしいお嬢様お二人でした。そういえば今日はJULEPSライブのチケット販売開始日、販売開始30分で500番台のチケット購入予約券だったそうで、改めてその人気の高さを実感しました。

2007/06/23 (土) 00:54:07 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
速報!本日発行ショッパーに「所沢もんぺ屋」の記事が!
6月21日発行の「ショッパー」に「所沢 もんぺ屋」さんの記事が載っていました。ご興味のある方は是非ご覧くださいね。
3
きっと「和の器 チョコレート コスモス」さんからの心憎い開店祝いプレゼントかしら?

皆で応援しているお店の代表選手として、ガンバ!!


2007/06/21 (木) 18:00:17 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
6月企画最終日でした。
「いよいよ夏ヴァージョンになったのね」
「今日じゃないよ。何日前だったかな?」
「え?気づかなかったぁ・・」
お隣のサインポールが海色〈と私が決めているんだけど)濃い青に変わりました。Idutsuyaにとって最後の夏が始まった実感が沸きます。
5
今朝は早くから二階でこんな光景が見られました。元スタッフのZさんが日大芸術学部の学生さんの取材をうけているところなのです。
何の取材?Zさんが何を話しているの?
これについてはもうしばらくお待ちください。きっと面白いことがおこるのではないかしら?
それにしてもお孫さん?より年下の学生さんではないのでしょうか?
帰りしなに「今日は若いお友達できちまったよ」と嬉しそうに例の「べらんめぇ口調」で話していたZさんが印象的でした。
Zさん、暑いから無理しないでね!!
6
同じ時間一階の座敷では「日替わり寺子屋」のパッチワークの最終回でした。朝9時半前にはもうお一人の参加希望者がお待ちで、お車まで駆けつけた方もなんとか間に合って。わいわい賑やかに講習会がありました。つい見とれていたらカメラを忘れちゃって。結局最後のお一人が残られているところをパチリ。
9
こんなかわいい作品ができあがって皆さん大喜びで次回を期待してお帰りになられました。
10
午後の「アイデア次第!懐紙の使い方」
今日はこの「寺子屋」がパッチワークと並ぶ勢いで大当たりでした。午前中のパッチワークの方がこの企画を知ってもう一度午後来店してくださったり。W大OGがまたお越しくださって・・など人数は少なかったのですがその話の盛り上がりが楽しくて楽しくて・・・中身の濃い講習会だったようです。
ちょっとお話を聞いているだけでも本当にためになるものもありました。今日の指導はスタッフIさん、さすが、お茶の先生でもいらっしゃるので色々な作法に関する話も本当に感心するものばかりでした。
「こういうこと又やってくれませんか?」
「次はいつごろやりますか?」

「寺子屋」はこれからもずっとやって行きたいとスタッフともしみじみ考えています。
決して大げさに準備しなくともたまたまある日店番に入っているスタッフが「今日はこんなことが出来るスタッフがいますよ」なんていう看板を出して気軽に入っていらした方に何かをお教えしたり、おしゃべりしたり・・・そんなきばらない「寺子屋」だったらいつでも出来るんじゃないかな?
12
午後3時にはいよいよ今の展示の撤収作業開始です。大好評の峰岸さんの絵をはずした店内は寂しくはなりましたが、またあさってからの準備できりっとしまった感じにもなりました。
13]
クーラーもきれいにお掃除していつでも運転できますよ。

今日で6月の自主企画がおわりました。
4・5・6月、そして7・8月と続く自主企画。昨年に比べて75%増のスケジュールとなっています。きっと今まで暖めてきた企画がたくさんあって、「自主企画チームj」の中で消化し切れないくらいなのでしょう。でも・・・正直スタッフはかなり疲れきっています。多分、限られたスタッフに負担がかかっているからだと思います。
一度なくなると思っていたこの店が来年3月まで一年のみ延長と決まったのが3月27日。あわただしく新年度つまり4月からの予定を建て直し動き出すまでには本当に時間もなく、今現在まだまだ「動きながら考える」状態が続いています。
「自主企画」はIdutsuyaスタッフの自己満足ではいけません。これはいつもいつも「お客様から伺う真摯なお声」でもあり、スタッフの間でも常に自分達に言い聞かせていることでもあるのです。。そのために「自主企画チーム」が存在し、毎回の企画内容を練っているのです。ご高齢の方だけでなく、団塊の世代にも、お若い方にもこの「所沢」の古きよき時代を知っていただくと同時に、今の「ところざわ」をともに考えて「活性化」できるまちづくりを考えていただけるようなそんな企画をこれからも考えていって欲しいと思うのです。それにしても人手不足だなぁ・・・

Idutsuyaでは現在ボランティアスタッフを募集しています。先ほど触れた「寺子屋」ではありませんが店番としてこのIdutsuyaにいらっしゃって、一緒におしゃべりしながら、何かを考えたり、行動したり・・・そんな方を募集しているんですよ。どうぞ、お気軽にお問い合わせくださいね。

さてそんな話になったところで気分転換。
14
チョコレートコスモスさんの画像です。
ここはチョコレートさんのお二階。そうあの「所沢 もんぺ屋」さんでもあり「キリムの店 カイユ」の所沢店?でもある不思議な空間なのです。今日はあんまりキリムが素敵に並べてある写真を見つけたのでちょっと拝借してここに載せました。

今まで所沢になかった「キリム」の専門店!?です。キリムのことで気になる方は是非ご来店ください。この中にあなたを待っているあなただけの「キリム」があるかもしれませんよ。

「キリム」「もんぺ」「おいしいもの」「しゃれた家具や雑貨」「作家ものの器」「気軽にファッションアドバイスしてもらえる店」「確かな技術を持った店」「新鮮な野菜」などなど・・こういう「うちはこれ!」っていう個性的な主張のあるお店をどんどんこの町に増やしていければなぁ「所沢銀座商店街」ってこういうお店がいっぱいあるんだっていうような「オリジナル」の町にしたいんだけど、いかがでしょうか?きっとそういうお店が並んでいる町って遠くからでも人が尋ねてきてくれるんじゃないかな?

あら、もうこんな時間!
時間が時間だけにどうも私個人の思い入れが強くなっちゃったブログでした6月20日分です。






2007/06/21 (木) 03:02:32 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
再会
毎週火曜日の朝は、店番さんがいないので一人でお掃除です。店の戸をあけて、店前を掃いて、ここのところの暑さでまいっているお花に水をたっぷりあげて、店中の雨戸を開けて、土間の掃除、座敷の掃き掃除、雑巾がけ、二階ももちろん掃いて拭いて、麦茶の準備に、お湯を沸かしてポットの準備・・最後にトイレの掃除をする頃にはやっぱり今日も40分はかかっていました。
1
やっと掃除を終えて、PCの前に座った頃、ざわざわっと店の中に沢山の人が・・・
2
自主企画の担当スタッフNさんが、もう一つのボランティアとして活動なさっている団体の方をお連れになりました。
「ちょっと、お茶もらえるかな?」
麦茶は作ったばかりでまだ出ていないし・・結局暖かい狭山茶を11人分大急ぎでお入れして召し上がっていただきました。
なんでも西所沢から歩いて、峰の坂の方に行くのだそうですが時間調整の必要があったのでしょうか?みなさん、店内の展示を興味深げにご覧になっていました。
3
ただ、尤も興味のあったのは・・・JULEPSコーナーでした。実はこの団体さんの中にメンバーのお母様がいらっしゃったのです。
「これ息子さんの唄でしょ?」
朝から店内に流していた「蕾」をボリュームいっぱいに上げて皆さん大喜びです。
「この写真見て見て、ほら息子さんよ」
「え?どれどれ」
「私にも見せて見せて」
お一人の奥様には「これ、このかたの息子さん、歌手なのよ」などと私にまで丁寧に解説までしていただいて・・・本当に皆さん、大興奮でした。

その後もなんとなく人の切れ目なくお客様が続く今回の自主企画。
いよいよ明日が最終日となりました。
長かったようで過ぎてしまえばあっという間の展示期間でしたが本当に多くの方にじっくり、ゆっくりご覧いただくことが出来ました。

さて話変わって・・
Idutsuyaがきっかけになる人の輪の話・・・
今日もこんなことがありました。「らたんの花」で展示なさった小用さんがここで知り合われたお客様から「思い出のお品」をお直しするお手伝いをなさることになったのです。私がそのお客様のお宅まで小用さんをご案内して・・・小用さんが店に戻ってこられたのはなんと二時間も過ぎた頃でしょうか?
「本当に素敵な方で、すっかり話し込んでしまいました」と小用さん。
ここでの展示をきっかけにまた素敵な「和」輪が広がったようです。

「所沢 もんぺ屋」さんも今日は火曜日・・営業日。小用さんをご案内するときに前を通りかかったのですがなんだか順調そのもの。すっかりこの町に溶け込んでいらしたように感じました。

この町になじむとか溶け込むなんて簡単に言うけど、これは本当に「ここに来るもの」「ここでうけいれるもの」双方の気持ち、心がうまくかみ合ってこそ実現できるものなのだと思いました。これはマニュアルでもなく、人から言われる事でもないのでしょう。
今日の小用さんや「所沢 もんぺ屋」さんを拝見していて本当に実感しました。こうやって少しずつ新しい町の形が出来上がっていくのかなぁ?

そして今日の帰り・・7時半を回ったところ、店を出て帰り道の私に思いがけない再会がありました。

毎日お買い物の帰りに店でお茶を召し上がったりおしゃべりをしていたおばあちゃまがこの半年位姿が見えなくなっていたのです。一人のスタッフが数ヶ月前に「車椅子」を押してもらっていたおばあちゃまがあの方に見えた・・といっていたのですが。

今日、私はこのおばあちゃまに再会したのでした。
確かに車椅子に座られて若い男性が勢い良くそれを押して私とすれ違ったのです。
思わず「○○さん」と声をかけてしまいそうになったのですが・・・
彼女のお顔は生き生きと嬉しそうで、明るくて、きれいで、正直一人でカートを押してこられたときよりずっとずっと素敵に見えました。
ただ、すれ違う瞬間に私とあったその「目」がもう私の知っている
あのおばあちゃまではないように感じたのです。
笑い顔も少し聞こえたそのお声もちょっと今までとは違っているように気案じられたのです。

いつもご子息の自慢話ばかりしていたこと、手先が器用でよく紙細工を作ってくださったこと。そんなことが思い出されました。

車椅子を押している方も年齢からいってもご子息ではないようにお見受けしました。

時は動いていることを実感しました。お元気そうで楽しそうに笑っているお顔が目に焼きついています。つやつやした顔色がなんだか今思えば嬉しいことに思えます。
今度会ったら声をかけてみようかな?

6月19日分のブログでした。

2007/06/20 (水) 01:00:26 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
idutsuyaの毎日は・・・
今日は先週土曜、昨日日曜日、そして本日18日月曜日の店の様子をお伝えします。
まず・・こちらは16日(土)の開催された「新茶のおいしい淹れかた教室」です。
1

こうやって見ると店の隅でなんだか狭そう・・と感じられるかも知れませんが、もともとこの「日替わり寺子屋」は毎日店番に入っているスタッフがその特技を生かし「今日はこんなことが出来るスタッフがいますから、よかったらお立ち寄りください」という程度の気軽に店にお越しいただけるような企画なのです。
今日は「昔のお話をしませんか?」とか「一緒に○○を作れますよ」なんて気軽なプチプチ寺子屋をどんどん出来ればいいな?なんて考えているのでした。

そして昨日の日曜日は「ベーゴマ教室」もありました。
しっかり巻いて、構えて・・・
2
ヤッっとばかりに「床」めがけて。最後には大分うまくなったそうです。
3
そしてO先生に再びご登場願いしました。

4
数字のマジック・・・どうわかるぅ?
5
「みんな、わかるかい?」神妙な面持ちの子供達
11
「ほれ、いっしょにやってみるか?」
12
「なかなか手つきがいい・・なんまいだぁ・・なんまいだぁ・・」
13
「あれま、スタッフIさんまで・・うまくいきましたか?」

そして今日18日(月)は「民話語り」がありました。語り部のスタッフSさんのサポートをO先生が地図で解説しながら勤めてくださいました。
6
展示のほうにも熱心なお客様が続きます、真剣にご覧になっていますね。
7
今日も沢山のスタッフやお客様が来店なさり、沢山の話に花が咲きました。
8
毎年恒例の七夕の準備にも余念がありません。なんたってJULEPS七夕飾りをしよう。なんていい始めているんだから今年は気合が入っているぞ!!
9
そんなJULEPSファンの方が今日は妹さんと来店してくださいました。たしか土曜日、私が不在のときにもいらしてくださったとか・・・その節はごめんなさいね。そんなお嬢様お二人のお相手はIdutsuyaスタッフ最年少のIさんにお願いしちゃいました。彼には主にコンサート関係で様々なボランティアの仕事をお願いしているので色々な音楽がらみの共通の話題があったのでしょうか?
耳と口は動いているけど手は短冊作成中の二人・・この3人の距離感が、若いなぁ・・なんだか面白い図に思えるのは私だけかしら?

そんなわけで今日18日はIdutsuyaのことをショッパーに載せていただいた成果でしょう。朝から今の企画のお問い合わせの電話が続きました。
実はショッパーに定休日が載っていなかったとのご指摘のお電話も頂きました。申し訳ございませんでした。当店毎週木曜日が定休日なのです。

そして貸しスペースのお客様もお二人来店なさり・・・宮前小学校の先生も午後お店に見えました。このほかにも本当に毎日Idutsuyaには沢山の皆さんがそれぞれの目的をお持ちになり、またはふらっとお見えになっては意気投合したスタッフと話し込まれたりと、一日として「昨日と同じ」なんて事がないように思えます。私も午前中は○○さん、午後一時には××さん、夕方には△△さん・・・と打ち合わせのお約束がはいり。
その合間に「布草履の編み台はどこで売っていますか?」
「近くに目医者はありませんか?」
等とお客様のお問い合わせ人他のスタッフとお答えしているような毎日です。
10

さて、あしたは寺子屋もお休み。20日最終日に向けて明日も準備に追われ、又、22日〈金)に始まる貸しスペースの準備にもはいりましょう。次回の貸しスペースは創作帽子と袋物・・・これは初めての展示販売で個人的にも興味深々・・・です。

今夜も遅くなってごめんなさい。
これは18日〈月)のブログでした。おやすみなさい・・・
2007/06/19 (火) 01:20:02 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
もんぺの夏向き新作発表と、最年少JULEPSファン登場!!
お隣のヘアーサロンオザワサンの外装工事が終わりました。ここ二週間くらいこの青いビニールシートに包まれていましたが・・
1
外壁に出ていた電気関係の配線も隠れて・・
7
すっきりしました。そういえばスタッフIさんも昨日オザワサンでカットしてもらって今日は夏らしくすっきりかっこよくなっていました。
8
久日ぶりの「もんぺ」
2
「所沢 もんぺ屋」さんに夏向けの商品が揃ったと聞いて早速取材に行ってきました。
3
左側のもんぺには共布で手提げも作ってみました。こうやってTシャツと組み合わせてPOP名色合いのサンダルを履くと「もんぺ」というより「MONPEI」って感じがします。肌触りも良かったです。
5
こんな丈のもんぺも涼しげですよね。
6
4月に開店してからひさしぶりにお邪魔したのですが種類もぐっと増えていて、やっぱり夏向けの商品は見ているだけでも楽しくなりますね。
4
お店をお借りしている「チョコレート・コスモス」さんや周りの商店のみなさんのおかげで、火曜と金曜という営業日にもかかわらず、大分お客様の間にも浸透してきた「所沢 もんぺ屋」さん。そろそろ次の展開に行くのかな?こんな素敵なご案内も出来ました。今度Idutsuya用にもいただいてきましょう。
9
店内のO先生からお借りした風鈴も今日は威勢良くチリチリ音をたてていました。
14
今日は「楽しい風呂敷の使い方」最終日です。スタッフNさんが一声かければこんなに沢山の生徒さんが集まるのでした。すごーーーい!!
10
奥の座敷では間に合わずあがりかまちで実践中のみなさん。
11
風呂敷でこんなかわいいBAGにも仕立ててみました。ねぇ、風呂敷じゃないみたい。
12
ところで、僕は誰でしょうか?
13
僕はママのおなかにいるときから「蕾」を聞いていたので、今日Idutsuyaさんに来たときに店の中でこの曲が流れていたからびっくりしました。そしてすぐに曲に反応して手を上げてしまうのです。
僕は昨日(6月15日)で丁度11ヶ月。まだまだ話すことも歩くこともしませんが「蕾」が聞こえると手振りで踊ることは出来ます。何をしていても、「蕾」が聞こえると「あーーー」と声をだしてしまいます。
僕としては今日、長い時間この暑いのに歩いてきたのはちょっとどうかな?なんて思っていましたが・・・
いやぁ、来てよかったぁ。店の中は涼しいし、麦茶は冷たいし、なんと言っても「蕾」はかかっているし、ファンのみなさんのコメントをママが楽しそうに読んでいたし。結構良い感じの店なんじゃないの?
ちょっと気に入ったから、又来るわ。じゃ・・・またね。

最年少JULEPSファンの方でした。

〈又遅くなっちゃったけどこれは6月15日分ブログです)



2007/06/16 (土) 00:47:36 | きょうのできごと | TB(0) | CM(2)
今日は盛りだくさんのご報告。
昨日6月12日(火)町歩きツアーの画像から・・
ただし、私は留守番だったため同行したスタッフの撮ってくれた画像を見て書きますので、ちょっと間違っていたらごめんなさい。

出発前にIdutsuya店内で解説を聞いて。
8

10
これ所沢小学校前の「二宮金次郎」の銅像かな?確かうちのスタッフNさん子供の頃いたずらして銅像の指を欠いた・・といまさらながらに反省なさっていましたっけ・・・
1
校庭には珍しい土俵もあるんだ。
2
郷土資料室の中・・皆さんの目がらんらんとしていますね。興味がおありなのでしょう。
6
それにしてもかなりの量があるんですね。
9
中にはこんな商店の店先が再現されている。
12
こちらが明治天皇行在所の「齋藤家」御当主の齋藤さんが説明をしてくださいました。
11
「勝海舟」の書の掛かっている「求友館」での解説も齋藤さんにお願いしました。
14

13
お疲れ様、今回のツアー参加者の皆様です、猛暑中みなさん無事でよかったぁ・・
19
そして今日はパッチワーク教室。といっても「Idutsuya日替わり寺子屋」ではありません。今回の教室は以前「よろず塾」などで体験教室を開いてくださったスタッフFさんが独立して個人であるお店のお二階を貸しスペースとして初めて借りられたその「初日」なのです。
17
時間より早めに来たスタッフもお客様もIdutsuyaで一休み。
20
作業寸前のみなさん。ここから見るとIdutsuyaはどんなでしょうか?
18
Idutsuyaってこうなんだ。ブルーシートがヘアーサロンオザワサン。こうやって見るとIdutsuyaってかなり小さいんだ。
24
そして今日はは午後2時より「伝承音楽教室」
23
お客様も元気に声を出されていました。
22
手まり唄
21
お客様からお手玉唄を教えていただいている(?)Y先生。
15
今日もJULEPSファミリーがお二人ご来店。ドームでのライブに頬が高揚したままのお顔でしたね。

2007/06/14 (木) 01:05:12 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
JULEPS 落胆のわけ。
6月12日(火)ブログです。書いているうちに日付が変わっちゃったので。

ちょっと話はさかのぼって日曜日のコンサートの画像を・・・日曜日は私が休みのために髭爺がその様子を撮影してくれたのですが、その枚数たるや半端じゃぁない。そんなわけでゴクわずかですがここにご紹介しましょう。昨日の続きです。
1
かわいい出演者のせいでしょうか?お客様の目もこころなしか温かい見守るような目つきです。
2
出番をまつこどもたちのかわいいかお、顔、カオ?待ちきれないよね。
3
凛凛しい・・・・
4
こういう動きのある写真・・・子供とは言えかなりの迫力の舞台とお見受けしました。
5
そして全員揃って記念撮影。達成感?の笑顔が印象的です。
6
さて明日はこの伝承音楽コンサートの伝承者 山口 巌さんの「伝承音楽教室」が午後二時より開催されます。どなたでも自由に参加できるそうですので、是非どうぞ・・・

そして、今日は「所沢小学校郷土資料室と斉藤家(明治天皇行在所)見学ツアー」でした。30度近い猛暑の中スタッフ含め25名の大所帯のツアーでした。この画像もまたたくさんあって留守番の私はカメラを預かってみたもののどれをご紹介しようかと迷っておりました。
が・・・すみません、またえこひいきといわれちゃうけど今日はこっちを優先してご紹介します。「町歩き」は明日のお楽しみということで「伝承音楽教室」と同時にご報告しますね。

7
えこひいきは・・・こっち。JULEPS HALF?です。つまり二人、メンバーの半分が突然来店なさいました。丁度みなさんが町歩きにでかけれていて私が一人で留守番していた時でした。
「こんちわー」
元気な声のまっつんとその後ろをニコニコしながら入ってきた岡ちゃん。
「久し振りぃ」
彼等も新装開店後初めてのJULEPSコーナーです。真剣に皆さんからのメッセージを読まれていましたよ。
「これうまいよなぁ」
「うん、これ、すごくかわいいね」
どっちがどっちの台詞かファンの方ならお分かりですよね?
8
まっつん、特に真剣・・これには訳があったのです。
9
そして、次にやや落胆したこの写真。これにも訳があったのです。実は最近ファンの方がほぼ毎日Idutsuyaにいらっしゃってはコメントを書いてくださるのですがこの書いてくださったものを保管するファイルかノートか何か欲しいなぁ・・と私が言ったところ。
まっつんが「まっつんセレクト」で素敵なノートをもってきてくれることになっていたのです。
確かに今日まっつんは勇んで素敵なリングファイルを私に見せてくれました。
「こうやって、これに一枚一枚書いてもらえばいいでしょ」
「ほら、写真も欲しいからこれにはさんでもらって」とさわやかなブルーのリングファイルを見せながら・・・一生懸命説明してくれて。
ところが途中から様子がおかしいのです。
「ここ広げたら入るかなぁ」
「反対に縮めてみたらどうかな?」
「逆にもっと穴を開けちゃう?」
なになにどうしたの?二人でこそこそ話し始めました。
どうやら・・・リングと穴の数が合わないものを購入してしまった様子。どうやってもうまくいきそうにありません・・・
「あのさ、レシートあったら交換してきてあげるけど・・・」おせっかいな私が思わずひとこと。
そんなわけで今回「まっつんセレクト」はあえなく撃沈され、次回へ持ち越されたのでした。
12
無口になってしまったまっつんと岡ちゃんがとりあえずこんな絵を描いていきました。
15
インコ好きなまっつんの一枚。(すみません、インコ好きと書いてしまったけどみんなでまっつんにインコをプレゼントするのは待って!だってまっつん家が「インコやさん」になるほど一度にきたら困るでしょうから・・・)
「なんか妙にかわいい・・ね・・・」(O氏談)
16
岡ちゃん色全開!!
13
盗撮。ストラップ!!
14
こうして落胆したまま、まっつんは去っていきました。(落胆のポーズだそうです)
次回「まっつんセレクト」が届くのはこの頃の彼等の忙しいスケジュールをお聞きするとかなり先の事になるでしょうか・・・

自主企画スタッフよりお知らせです。
「JULEPS笹飾り」をこのコーナーに作ってくれることになったそうです。つきましては一週間くらいの間に短冊を用意しておきますがご自宅で書いてきてくださってもよいそうです、コーナー備え付けの箱に入れて置いてくださいとのことです。
どんな笹飾りになるのか?私もわかりませんが。一応お知らせしますね。

今日はこんなハプニングがあったり夕方には跡見女子大の方たちがお勉強に店を訪ねてくださいましたし、県の職員の方もひょっこりいらしてくださったり・・・
相変わらず「Idutsuya」はいろんな意味で注目されているお店なんだと実感したし、自覚もしました。気を引き締めないと!!わたしもまっつんも・・・??
2007/06/13 (水) 00:26:54 | きょうのできごと | TB(0) | CM(4)
明日、天気になぁれ。
こちらの写真は昨日開催された「日本のこもりうた」伝承音楽会の一こまです。
1
まだまだかわいい写真がありますが。
今日はご紹介し切れません。又明日・・・
2
伝承者 山口 巌さんのお手玉の手つきはさすが・・・
3
こんなに沢山のお客様が来てくださったようです。
4
そして、今日のIdutsuyaの午後は大忙しでした。まず、1時半からは「押し花教室~しおり製作~」です。熱心に事前に電話予約を入れてから来てくださったお客様。幼稚園から戻ってきたお譲ちゃまにどうしても作らせたいと幼稚園の制服のまま他の兄弟も連れて見えたお母様。ちょっと大騒ぎだったけど楽しそうに作り出来上がったしおりを嬉しそうにもって帰られていました。
5
時を同じくして蔵の中では「店番チーム」会議。店の顔でもある「店番」さんは主に毎日のスケジュールを埋めることを考えてくださっています、が、何分人数が足りなくて・・・なかなかスケジュールを埋めることは難しいみたい。
6
こちらは「自主企画チーム」現在の自主企画もこのメンバーで話し合って決まったものです。とはいえ、4人で考えるのもちょっと寂しいですね。自分で何かこんなことはどうだろうか?なんてアイデアのある「スタッフ」は是非自主企画へ・・・
7
そして午後には、土曜日が「公開授業?」だったとか今日が代休になった中三コンビがやってきました。ご自分でPOしてきた有尾君の写真にコメント入れて・・・長い時間丁寧に作っていらっしゃいました。

さていよいよ明日は今回の自主企画の目玉「所沢小学校郷土資料室見学と齋藤家{明治天皇行在所)見学ツアー」です。お食事つきツアーは昨年春の「櫻めぐりツアー」以来、久し振りの企画です。お客様の安全を考えて4名のスタッフが20名のお客様に付いて最後まで楽しんでいただこうと一生懸命です。

明日、天気になぁれ・・・但し暑すぎず、曇りでいいかなぁ??
2007/06/11 (月) 23:45:16 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
奴さん・・かっぽれ・・芸者さんの声って色っぽかったわ。
今日は朝早くからIdutsuya二階でスタッフ会議。なにやら地図を広げて真剣な面持ちです。店番の私はこの写真を盗み撮りしてすぐに下に戻ってきたので詳しい内容はわかりません。
1
下ではこのお客様が真剣に展示をご覧になっていらっしゃいました。私がお出ししたお茶を一口召し上がってはまた、じっくり・・・また一口召し上がってはウーーームとうなずきながら又展示をご覧になる。かれこれ一時間ほどご覧になってから、またお茶を一口。冷茶になっていましたよね。ごめんなさい。
2
さて、会議も終わり午後二時になると「ふるき良き時代を語る~花街物語~」の始まりです。今日はお父様に連れられてこんな小さなお客様が・・・小学校一年生と2歳のご兄妹でした。
4
おせんべい食べて、お絵かきして、良く長い時間がんばりましたね。また遊びにいらっしゃいね。
6
O先生のお話はご自身の実体験を交えてくださるので、時には大笑いしたり、へぇそう言うことがあったんだ・・となんだかすごく身近に感じられた「歴史」の一こまを見るようでした。
そして、芸者さんの歌をカセットテープとレコードで・・
「奴さん、かっぽれ・・」など「支那の夜」よりもっと時代を駆け足でさかのぼってしまった雰囲気の店内でした。
余談ですが、今日お召しになっている「アロハシャツ」は本場ハワイのものだそうで、その色彩といい、質感といいさすがMADE IN USAです。しかしこのお年でこれを着こなせるところがこれまたすごいのです。
5
お話会がおわって「プミラ」へコーヒーを飲みに行こうとスタッフKさんがおっしゃったとき
「そうだ、今日はコーヒーのおいしい淹れ方教室だった!!」
残念!元手代Gさんも行きそびれ組に入ってしまったようです。
「教室・・??」
早速カメラを持って覗きに行くと・・やってる、やってる、みなさん真剣そのものですね。
7
そっかぁ、これじゃ、今日はあきらめよう。
8
店に戻るとお父様とお嬢さんの二人連れのお客様がお店の中を楽しそうに見て回られていました。この年齢の女の子とお父さんの姿を見るとなんだかいいなぁ。そろそろ照れる年齢なのに、きっと普段から話し合ったり良い関係なんだろうなぁ・・・
9
久し振りに「海老屋」さんのお孫さんたちが店に立ち寄ってくれました。相変わらずやんちゃで二人店に入って来ただけで保育園にいるような気持ちになっちゃう。でも店の前を素通りできない・・とママに言われると嬉しくなってしまうのでした。おじいちゃまが亡くなって半年。このお孫さんたちが残されたおばあちゃまをどんなに元気付けているのかな?賑やかなんだけどかわいい子供達でした。
3




2007/06/09 (土) 22:22:43 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
広がれ!人の輪(和)
さてさてこれは一体なんでしょうか?何?ときかれてもお人形」としか答えられないけど・・・
1

これは秋に貸スペースの予約が入っている「ミモザクラブ」の6人の作家さんの中のお一人の作品です。軍手か?靴下から出来ているんですよ・・と説明を伺ったものの、何処が靴下で出来ているのか?それよりもなんだか踊りだしそうであんまりおかしかったから思わず外に出してプランターの前で撮影させていただきました。
2

今日は「楽しい風呂敷の使い方」の2回目です。丁度明日のお話会のうちあわせに見えた0先生に早速風呂敷の使いかたを伝授するスタッフNさん。ふんふんと感心してスタッフSさんが聞き入っていました。Nさん、お疲れ様でした。
4
そのスタッフSさんが店前のプランターの花を埋け変えてくださいました。その花は元スタッフKさんが持ってきてくださったものです。暑いのにお疲れ様でしたSさん、お花ありがとうございましたKさん。
20070609094151.jpg

そして、夕方かわいらしいJULEPSファンが見えました。お母さまとお嬢様お二人です。お土産に荒幡さんのコロッケを持ってきてくださいました。下のお嬢ちゃんが「オカチャン」のファンなのか・・IdutsuyaのJULEPSコーナーに書き込みをすると話していると、もう一人お客様が来店なさいました。そーーっとゆっくり入っていらっしゃいます。
「あの、お美和さんですか?」
「??」
「あ、JULEPSのBBSに書き込みしていた○○ちゃん?」
居合わせたファンのお母様も思わず
「○○ちゃん?BBS読みましたよ。はじめまして・・お友達になりましょう」
「うれしい。きてよかったです。」
しばらくコーナーでお話なさって・・そのあとじっくりコメントを書かれていました。

時間は少し戻りますが・・・午後久し振りに「所沢もんぺ屋さん」を尋ねてみました。チョコレートコスモスのお二階は新作もんぺや手拭から作る簡単BAGですっかり模様替えしていました。
季節は夏に向かっているんですね。
丁度もんぺ教室の生徒さんも見えていて、この二階の空間に「所沢もんぺ屋」さんはしっくりなじんでいらっしゃいました。

キリムにもんぺ・・不思議な空間が素敵な器の置いてあるお店のお二階に広がっているのです。
これを見ると人の集まる要素に「場所の広さ」はあまり関係ないのかな?という気がします。
人を受け入れる気持ちのある人がいてさえくれれば、そこに人が集まり人の輪(和)が広がる。
こうやって広がっていく「町」はどんな町になるのでしょうか?今は余りにも小さくて「町」なんていえるものではないけど、確かにこのお店を軸に沢山の人が集まり大切に大切に広がっていることを実感しました。

「今日は本当に嬉しかった・・ありがとうございます。私××でバイトしているから来てください。ご馳走しますね」
コメントを書き終わった彼女は帰りの挨拶に私たちのほうにいらっしゃいました。
閉店作業に来てくれるスタッフIさん。これだけは聞き逃さなかった様子。
「どこでバイトしているって言っていました?」
可憐な彼女が少し気になったのかな?
どうやらここにも小さな輪の広がる気配でしょうか?(内緒)

チョコレートコスモスという開店一周年の「お店」の持つ魅力・・Idutsuyaという102年目の「建物」が生み出す魅力・・・所沢の魅力って一筋縄じゃ説明できないなぁ・・・

2007/06/08 (金) 22:41:20 | きょうのできごと | TB(0) | CM(4)
大盛況!懐かしの所沢百景
6月6日〈水)今朝9時少し過ぎのことです。小柄な奥様が掃除中の店に入ってこられました。
「いいでしょうか?」
丁度 表と、座敷が履き終わったところでしたので
「どうぞ、お掃除中ですけどよろしかったら・・」とお座敷にご案内させていただきました。
「あの、3・40分ここにいるだけで・・・わたし、お隣に行かないと・・・」
何でもご主人様がお隣のヘアーサロンオザワさんで髪を切っていらっしゃる待ち時間にお越しになったご様子。
早速お隣にお邪魔してご主人様が終わられたら店に連絡してくださるようお願いしてきました。
「まぁ、すみません。じゃ、ゆっくり拝見できますね。」
1
実は、このあとこの奥様に誘われるように数人のお客様が入ってこられました。そして・・今日は「日替わり 寺子屋」のパッチワークの日。10時少し前には今日の「寺子屋」担当のFさんやスタッフTさん、髭爺と準備をしているともう生徒さんがお見えになりました。
2
先ほどの奥様が絵をご覧になった後のお座敷はあっという間に「パッチワークの教室」に早変わりです。
3
「この布選びが楽しいのよね」
「ピンクッションの中にコーヒーかすを入れるんですか?」
「なんだか良い香りでそれだけでも楽しいですね」
パッチワークに縁のない私のおしゃべりにもめげず
5
皆さん順調に作業が進んでいくようでした。
4
そんな中、O先生やK写真館のご主人・・今回の峰岸さんの絵を貸してくださったご家族・・など次々とお客様がお見えになります。
7
結局、もう少しキャプション(解明文)を付け足していかないとお客様お一人お一人に説明が出来ないということになり、大急ぎでキャプションつくりとなりました。
8
気が付けばもうお昼過ぎ・・・皆さんのパッチワークの「ピンクッション」は見事に完成していました。
9

そして午後1時半からは本日二つ目の「日替わり寺子屋」「所沢の民話 語り」です。

今回の自主企画は、この「日替わり寺子屋」もありなかなかの盛況となっています。沢山のお客様・・・常連さんのほかに新しくこの店を訪ねてくださった方などにも・・・皆様になるべくわかりやすく必要に応じてご説明申し上げようとスタッフががんばっているのですが・・・その応対に追われてなかなか思うようにご案内できていないような不安があります。

すると必ずこんなことが起こるのです。多分私のつたない話を聞いているうちにそんな気持ちになられるのでしょうが・・・
「その絵は今の○○町あたりですよ」
「え?そうなんですか?」
「その頃、良くこのあたりで遊んでいたんだからわかりますよ」
「私は40年前に所沢に嫁いできたもので・・」
「じゃ、うちのと余りかわんないかな?」
お客さま同士でこんな会話が始まるのでした。こうなるともうお二人の間でどんどん話が広がっていきます。どんなキャプションよりもお客様の心に残る説明かもしれませんね。

夕方、お隣の商店街のTさんがふらっと店に立ち寄られました。彼はいつも気軽に店を顔を出してくださいます。
「町中にこういう気軽に入れて話せる場所って必要なんだよね」いつもこうおっしゃいます。
今日は居合わせた髭爺やスタッフMさんと4人でしばらく話しをすることが出来ました。Tさんのお父さんの世代の頃の町の様子を知るスタッフMさん達と、これからのことを具体的に考えていくTさんたち次の世代の方たちが知恵を出し合い、意見を出し合える場所にこの「Idutsuya」がもっともっとなってければいいのに・・とつくづく感じてしまいました。・

そしてここでお知らせです。
9日(土)午後2時からお馴染みO先生のお話会が急遽開催されることとなりました。
「所沢のよき時代を語る」と題しましてもれ承ったところによりますと「カフェ?女給さん?芸妓さん?・・」などちょっと色っぽい感じの言葉が聞こえてきました。
皆様是非、土曜日もお遊びにお越しになりませんか?

2007/06/07 (木) 00:43:22 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
スタート地点!
今日は昼過ぎまではいつものような日になると思っていたのに・・・
4
このあたりはまだ穏やかな様子・・
今回の企画のリーダーでもある髭爺が新聞社の方の質問に答えています。
2
このあたりでも、まだゆとりでカメラを持つ時間がありました。ゆっくりお客様ともお話が出来て・・・
1
「あら?Oちゃんのお母様じゃありませんか?」
「いつも息子がお世話になって・・」「いえいえ、こちらこそ・・・」
「これが新装開店のコーナーですか?」
「そうです、どうぞごゆっくり・・・」
久し振りにゆっくりお話できたお母様はあいかわらず素敵で・・・でもお顔はやっぱり似てらっしゃるかな?
5

こちらのご夫婦とは峰岸先生の絵を囲んでお互いに色々お話させていただきました。ここまではまだまだゆとりが・・・
3

髭爺がいつものプールから戻ってくる前から急に人の流れに動きが出てきました。

数名のお客さまとNHKのOさん・・このあたりは私一人でも応対できていたのですが・・
かたくなに英語で話しかけていらっしゃるオランダからのビジネスマンの方に、これまたかたくなにわけのわからない英語で応戦していたあたりからアップアップしてきました。
展示物のコピーを希望なさる方には「著作権」のことをお話したり・・・
近所にうまい歯医者はないかね?と聞かれた方には・・・こういう質問に答えるのは難しくて。
ラタンの花の小用さんはきりえに続き、再び熱心に展示を見にいらしてくださって。
端唄の根岸さんも久し振りにじっくりと見せてください・・と来店。

ギター弾き語りコンサート希望や貸しスペース希望のお電話が入ったかと思うと・・・
貸しスペース予約済みの方が展示のための現場確認にチョコレートコスモスのSちゃんと一緒に来店なさいました。

今日もいらっしゃいました!もちろんJULEPSファンのかた
相変わらず威勢の良い元スタッフDさん
お花を持ってきてくださった元スタッフKさんには
「ちょっとこちらのお客様お願いします」なんて図々しく・・
埼玉新聞さん
市民新聞のHさんは新茶をもってきてくださったし。

商店街の玉川堂さんからはポスターの相談。
すだれやさん
吉村家具さん
プミラさんもちらっと・・・
ヘアーサロン オザワさん
タワーマンションの方
所沢小学校のN先生
常連のYさん、Nさん
閉店間際に店に飛び込んでこられてご自分のお母様と弟さんの写真を見つけたお客様・・・などなどなどなど・・・
ごめんなさい。本当に沢山の方が来店なさり、お電話を下さりここに書ききれません。書きもれていたらごめんなさい。
ありがたいことです。

結局店の戸を閉めはじめたのは午後7時を過ぎてしまいました。

今日の閉店間際にいらした所沢小学校の先生からは長期に学校と一緒にやっていけるようなものを考えたいとご提案いただきました。
丁度12日には「所沢小学校郷土資料室見学ツアー」も予定していて今年は地域の学校や住民のかた、もちろん昨日うかがった神明社さんなどといよいよ商店街とタッグを組んで具体的に動きはじめてきたような気がします。

ここにくるまでに二年半かかったんですね。多くのスタッフやたくさんのみなさんの力を頂いてやっとスタート地点に立てたような気がしています。
神様、もうすこし我々にお力を貸してくださいますか?
(今日はなんとか12時前に書き終えたぞ!)


2007/06/05 (火) 23:56:34 | きょうのできごと | TB(0) | CM(2)
神明社の緑・・とてんびん棒
6月4日〈月)朝開店前の掃除をしていると「ちょっと早いけど見せてもらえますか?」お一人の女性がお見えになりました。スタッフIさんが掃除の手を休めてお相手です。蓄音機の音色に思わず「あらぁ、懐かしいわぁ。ちゃんと音が出るなんて感激」
1
Idutsuya向かいの古谷採種店さんと坂本屋洋品店さん、この景色も来年には見られなくなるのですね。
2
さて、午後からは「日替わり寺子屋」所沢の民話 語りです。事前におこしになると伺っていたお客様を含め楽しみにお集まりいただいた方に「麦茶」をお出しする・・そんな気候になったんですね。来店なさるお客様の鼻の頭にはうっすら汗がにじんでいました。
3
「ねずみ薬師」「弘法の三つ井戸」「あっちっちの新光寺」の3つの演目が語られました。
4
今回の「日替わり寺子屋」はラインナップが豊富な分、日々の準備にも追われます。今日は10日の「伝承音楽コンサート」13日の「伝承音楽教室」そして16日の「新茶のおいしい煎れ方」そして、最終日に予定されている「アイデア次第で懐紙もいろいろ」の打ち合わせが続きました。これは20日の懐紙で作られた「いろいろ??」なんだか面白そうだし、結構実用性もありそう。これは他ではなかなか体験できないかもしれませんよ。
5
スタッフの皆さんがこういった打ち合わせをこなしてくださっている間に、私はスタッフNさんと「神明社」まで出かけてきました。この「神明社」さんは初詣の人出だけでも埼玉県内ベスト8に入るってご存知でしたか?所沢の町中にこんなにも緑がたっぷりの場所があるなんて・・町の自慢です。
11
これは昨日開催された「所沢人形協会主催」の人形供養の様子です。
12
この神明社さんは我々の氏神さまでもあるのですね。境内に吹く風は店の前を通るビル風とは全く違いました。緑のにおいと、葉の音と、鳥の声が混ざり合った心地よい風にあたって・・心身ともにあらわれる思いで手を合わせお祈りして帰ってきました。
6
開店後6時半になろうかという頃・・・今夜の会議参加のスタッフ3人が店に集まってきていました。すると外から店の中を覗かれたお客様がいらしたのでしょう。
「どうぞ・・どうぞ・・・」
戸締りしてあった正面の戸をあけて女性のお客様お二人をスタッフ3人でおもてなしとあいなりました。
7
どうもお客様の関心はこの「てんびん棒」にむけられたようです。交代でしょってみたのでしょう・・・・
スタッフに「ちょっと写真撮って差し上げて」と呼ばれていくと・・・こんな姿が。
8
でも一番喜んでいたのは。
9
うちのスタッフじゃありませんか?最初の一枚ベビーカーがあわてて逃げている後ろからリズミカルに歩いてくるスタッフNさんです。
10
すみません、このあたりでよろしいですか?ご満悦のお客様とスタッフでした。

2007/06/05 (火) 01:03:51 | きょうのできごと | TB(0) | CM(2)
6月3日 日曜日は手品で大笑い!
今日は「日替わり寺子屋」のうちの「子供の広場!」楽しい手品やおもちゃで遊んでもらおうという企画だそうです。おもちゃのすだれやさんからビー玉や紙風船などのおもちゃをお預かりして店で販売することになりました。当のすだれやさんは今日神明社さんで「人形供養」のために所沢人形協会担当者として大忙し。髭爺は急遽専属カメラマンとして撮影に向かっていきました。
1
おもちゃを机いっぱいに並べて、これが結構楽しくて、楽しくて・・・皆さん足を止めてご覧になって行きます。
2
さて今日の目玉・・それはひさびさO先生の手品です。子供達がいないなぁ・・なんて心配していたけど
3
とんでもない、大人気です。余りの賑やかさに店の前を通っていたお客様が思わず店の中に入られてきて一緒に大笑い!!子供じゃなくても大盛況でした。
4
中学生のお二人はJULEPSファン。なんだかいつのまにかこちらのコーナーに引き込まれて一つ一つの手品に大喜びです。
5
カメラに収まらなかったのですが店の前に何人もも方が止まって見ていらっしゃいました。
6
そんなお客様のお一人、四人家族のご子息が「蓄音機」に興味を持たれ、神明社から戻った髭爺が音を出してくれました。
7
スタッフTさんがお客様のお相手をする向こうでは
10
手品を終えたO先生が「所沢の芸妓」のブロマイド?を貼ったお手製の額を見せてくださいました。
「あら、こんなにたくさん芸妓さんっていらしたんですか?」
「これが私のご贔屓の○○さん」
「そんなことおっしゃっていいんですか??
」ワッハッハッハ・・・笑い声で他のお客様もびっくりなさっていました。
8
手品を見おわったJULEPSファンのお二人は所定の位置に戻ってコメント書きの制作活動に没頭なさっていました。

2007/06/04 (月) 00:25:03 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
JULEPSファンも「支那の夜」?
今日は6月2日(土)いつもの土曜日よりこどもたちの姿を見かけます。今日は何があるんでしたっけ?
こんなお父様やお母様との二人連れの方や、お婆ちゃま、おじいちゃまに連れられた小さなお客さまも多かった1日でした。スタッフTさんが今回の企画の為に持ってきてくださった「冒険ダン吉」や「のらくろ」は聞くのも見るのも初めてという子供達に人気です。
1
此方のお客さまは峯岸さんの絵が大変気に入られて「どうしてこの絵を本にして発行しないのか?」というようなこともおっしゃっていらっしゃいました。本当にこれはこの店が出来て以来、何度となく話題になった話ですが。諸問題があり今になっても実現できていません。資金面、発行部数、在庫管理など私には分からない問題があるようなのです。
2
午後に見えたお子さん連れは蓄音機に興味津々・・・
3

4
夕方JULEPSファンの方がお一人・・・まもなくお二人連れが来店。蔵の前のコーナーはあっという間に賑やかな笑い声で包まれました。今日はグッドウィルドームで2時半からミニライブがあったとか。明日は10時からなので早く寝ないと・・・聞こえてくるお話しを伺っていると本当にファンの皆さんの真剣さが伝わってきますし、なんだか皆さん自身が出演者なみに忙しい日々を送られているようで・・ちょっとおかしくなっちゃいました。応援するのも大変なんだ。皆さん体壊さないでくださいよ。
5
お向かいのプミラさんは夕方になってやっと少し空いてきたようです。さっきまではなんだか満員だったみたい。ソフトクリームが食べたくなったなぁ・・・
6
閉店間際までいらしたJULEPSファンの皆さんは他のお客さまと一緒に蓄音機で「支那の夜」を聞かれていました。さっきまで「Tears in Heart」を聞かれていたのに突然・・・
「しぃぃぃなのよぉぉぉるぅぅぅぅ・・・しーーなのよーーるぅ」
適応能力あるファンのみなさん、お疲れさまでした。
7

明日は3日(日)子供達と一緒に遊ぼうという「日替わり寺子屋」企画です。一体何が始まるのか???
2007/06/02 (土) 23:48:25 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
新装開店、ビル風の便り2です。ご贔屓にお願いします。
さて、本日6月1日からは自主企画「懐かしの所沢百景」が始まりました。お馴染み故・峯岸 正雄さんの描かれた絵のてん時を中心に懐かしい当時の生活をご紹介しています。
06015
そんななかで、今回の目玉の一つに(目玉がいくつもあるのですが)「日替わり 寺子屋」という企画があります。idutuyaスタッフがそれぞれ自分の特技や興味のあるものをお客様と一緒に楽しみながらお教えしたり、おしゃべりしていこうという物です。
06011
初日の「寺子屋」は「楽しい風呂敷の使い方」です。講師はスタッフNさん。着物をお召しになってきてくださいました。
06012
今まで何気なく包んでいた風呂敷包みも、説明を聞きながらやってみると結構奥が深いようです。
06013
そして夕方には3日に予定されている「寺子屋」のお知らせを貼りだして・・・どうやらこの張り替えだけでも20日までの期間中忙しくなりそうだぞ!!
06014
店内には所狭しと絵が展示されていて・・・
06016
所沢小学校からお借りしてきた懐かしの品物も並んでいます。
06018
髭爺とすだれやさんが若いお客さまに「きせる」のお話しをしていると・・・
111
「昔は煙草が買えなくて拾ってきた煙草を・・」
「それはいいほうですよ。畳をほぐして・・・」
「え?畳を煙草にして吸っちゃうの?」
スタッフIさんも加わって店中に笑い声が響き渡ります。
06019
そこに男性のお客さま方がお立ち寄りになって・・・
「蠅帳」「火アイロン」「ラジオ」などなど懐かしい品一つ一つに話が広がっていくようでした。
060110
そんな中・・・奥の蔵でもスタッフのうちあわせが進みます。

idutuyaの6月は大忙しの中で始まりました。

6月以降のブログは此方のページを御覧下さい。

2007/06/01 (金) 23:15:29 | きょうのできごと | TB(0) | CM(0)
paper
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。